2014年6月28日土曜日

Brandon 'Ryze' Beck氏がWCS 2014について韓国コミュニティに対して謝罪文を発表



事の発端は先日、Riot Gamesが今年のWCSを複数国で開催すると公式に発表したことです。
Riot Gamesは去年の11月に2014 WCSを韓国で開催すると発表しており、今回の発表を聞いた韓国のコミュニティは強く反発しました。

そして今回、Riot GamesのCEO、Brandon 'Ryze' Beck氏が韓国コミュニティに対して謝罪文を発表することになりました。


한국 플레이어 여러분께 사과 드립니다./ 韓国プレイヤーへの謝罪

謝罪文をまとめると以下の通り。

  • 計画は当初から予定されていたものであり、不確定の要素から発表ができず、その結果誤解が生じてしまった。
  • 計画については変更できない、来年以降も複数の都市、国で開催する予定。
  • 選手たちには影響のないよう、また大会が素晴らしいものとなるよう最善を努める。


韓国のLeague of Legends プレイヤーとファンたちへ

今週初めに韓国では決勝を、東南アジア、台湾でグループリーグを行うという計画を発表した。これは昨年の11月にChampionshipsを韓国で開催することを発表して以来となる大きな発表でした。
11月の発表では十分な詳細の説明に欠いており、その結果、多くの韓国のプレイヤーとファンに決勝までの全てのイベントを韓国で行うと考えさせるに至ってしまいました。
今週詳細をリリースした際、彼らはイベント全体が韓国で開催されると信じていたため、当然Riotに対して怒りや不満をぶつけました。
韓国のプレイヤーたちによる強い反応は彼らのグループリーグの観戦を高く評価していることを示すことにつながり、私たちがコンテンツへの期待を過小評価していることがわかりました。

私たちはこのような誤解に至ったことを心からお詫びしたいと思います。私たちはこのようなことに至った経緯と今後の計画について共有したいと思います。私たちは上手くコミュニケーションを取ることができませんでした。また、最初の発表をプレイヤーたちがどう解釈するかも予想していませんでした。私は個人的にRiotに代わって、あなたがたに謝罪したいと思います。申し訳ございませんでした。

それでは今回の発表の背景についてお話いたしましょう。場所については公式に発表した段階で、私たちは複数の国で複数の週に渡ってグループリーグを行い、決勝を韓国で行う形で計画を立ててました。以下に示す理由から私たちはこれを発表していませんでした、そしてプレイヤーたちは大会全てが韓国国内で独占的に行われると想定しました。
私たちは初期の段階で複数の国で開催し、決勝が韓国で行われるということを伝えることによる失望と混乱を避けようと考えていました。私たちは複数週にわたってファンが広く参加できるようにしたかったのです。私たちはまだ詳細が決まっていなかったため計画を明らかにしませんでした。私たちは複数の場所で開催する場合の物流を管理することができるかわかっていませんでした。また、物流を管理することが不可能な場合に備えて、複数の都市や地域について期待をエスカレートさせてしまうヒントを出すことを望みませんでした。

次に私は韓国のコミュニティにおける最大の懸念のいくつかを解消したいと思います。
何故複数の国で行うのか?世界中における国際的なファンの間のバランスを取ることは難しいことですが、eSportsへの取り組みでの中心です。台北とシンガポールでグループステージを開催すると決めた時、私たちはイベントのグローバルな性質を反映するように努めました。私たちは前年にこれを行いたいと考えていましたが、最近まで複数の地域、複数の都市で大会を保持するための物流機能を欠いていました。このフォーマットは世界中のプレイヤーにLeague of Legendsの素晴らしい体験をさせるという私たちの目標と一致しています。私たちがこのフォーマットで最後に望んでいたことは韓国のコミュニティーに対して怒らせ、誤解させてしまいました。実際に私たちがやろうとしていくことの多くは韓国のプレイヤーが10年以上に渡って知っている、eSportsのプレイヤーたちの激しい興奮を世界中の人たちへ広めることです。

さらなる失望を避けるために私たちは今後について明らかにしたいと思います。
私たちはグループステージの構造を変更することはできません。これは期待に添えないことであったとしても、このような規模のイベントを主催し、計画に数ヶ月を要することであり、移転不可能な会場が必要なことはお分かりいただけることを願っています。あなたがたからの非難は避けられないことであり、恐れ入りますが、台北とシンガポールからグループステージを移行することは現時点で不可能です。2015年以降、私たちは現在複数の都市、国で開催したいと願っています。

韓国のコミュニティではプロプレイヤー自身が今回の複数の国で行う計画について懸念していることについても触れていました。5つの大会が4つの都市にまたがり、複雑なスケジュールとなります。100人を超えるRiotの社員がこのイベントの運営に忙殺されますが、ショウのスターとなる選手たちへの損耗は最小限に止めるよう努めます。私たちは旅行が彼らのパフォーマンスに影響が出ることへの懸念を認識しており、プロたちが大会中最高のコンディションとなるよう休養日や移動の日程を組んでいます。

Riot Gamesは私たちのコミュニケーションの不手際が決勝への興奮を曇らせてしまわないことを願っています。私たちはあなたがたの期待の重さを感じ、World Championships League of Legends がこれまでにない最高のものとなるよう最善を尽くします。
最後に情熱とご支援に心から感謝を述べたいと思います。また、意見や不満について提示していただいたことについても感謝いたします。あなたがたは私をよりよいものとしてくれます。あなたがたはeSportsをよりよいものとしてくれます。何か他に私たちの答えられる範囲で質問等ございましたら、(告知の)コメント欄で知らせてください。私たちはできるかぎりすぐに返事したいと思います。

敬具

Brandon Beck


関連記事
Game 4 Broke: 2014年のWorld Championship開催場所・日時が決定