2014年7月3日木曜日

開発ブログ:Riftで自分のいる場所を理解する


開発ブログ、今回はSummoner's Riftのマップ全体の装いについて、Riot ForScience氏の寄稿になります。川とmid laneで区切られるマップの4つの地域とその中のモンスターたち、青/赤側の構造物のデザイン意図などについて言及しています。


公式告知
Dev Blog: Finding your place on the Rift | League of Legends


私たちがSummoner's Riftのアップデートを始めて以来、明確さはキーポイントで在り続けています。配信や画面、スクリーンショットを一目見ただけで、プレイヤーの皆さんが、周囲の環境からカメラがどこにあるのかを瞬時に判断できるようにしたい、私たちはそう思っています。

Brent "Riot ForScience" Critchfield

これは、Summoner's Riftを視覚的に識別できるようにした、最初の試みではありません。しかし同時に、私たちが、興味を引く個別のポイント(ジャングル内にランダムな標識が! Blue Golemが持つ燃え上がる輝き!)を作ろうとする以前、それらは個々に独立したもので調和しておらず、そこに存在する明確な理由に欠けるため、気づかれず、プレイヤー志向では成功しませんでした。このアップデートをもって、私たちはマップ全体のテーマ付けを行い、爪痕を残したり、別の方法でRiftの4つの地域それぞれに及ぼされた影響を使ったりして、具体的なフォーカスを当ててゆきます。Baronの巣穴よりも良い焦点とは、一体何でしょうか?


新しいRiftでは4つの地域それぞれが、Baronの影響のおかげでユニークなテーマを持っています。私たちが言う影響とは、Baronは出現地点の周囲を破壊しただけに留まらなかった、ということです──Summoner's Rift全体に亀裂が走り、巣穴に面した川から大地を枝状に引き裂いています。彼の存在が最も明らかなのは、北と西のジャングルですが、南のジャングルはBaronの被害を大きく受けてはおらず、草木が繁茂し、青々しい様相を呈しています。


ジャングルの4つの地域にそれぞれ存在する、最も大きなモンスターをテーマづけたい、ということも私たちはわかっていました。北のジャングルでは、それはRed Bramblebackであり、燃えるような気性で木のような肌をしたモンスターです。私たちは粘土の色調の大部分を使って平坦な地面を作り上げました。Bramblebackに近づくにしたがい、蔦の中に真紅の花が咲き誇り始め、その周囲に虫が飛んでいるのに気づくことでしょう。一方、西のジャングルのsentinelは、青いシダとキノコの芽生えに囲まれています。私たちはここでも、平坦な地面の色を変えました。粘土ではなく中間色を使い、地域に特徴的な外見として、小さな青い花を植えたのです。



東のジャングルでも、私たちは青いモチーフを必要としていました。しかし、西側の反対地域とは差別化したくもありました。私たちはこれを、この地域にもっとたくさんの植物を繁茂させ、苔で覆うことによって実現し、Baronの巻き起こした破壊からは安全だということを表現しました。Sentinelのモチーフは、その地域の土を青い水と捏ねた色に塗り、sentinelを取り巻く魔法の文字を、傍らの塚石が映し出しています。また、この地域を違う雰囲気に感じさせるため、わずかな雨を降らせてもいます。最終的には、言及しました通り、南のジャングルは4地域の中でも最も青々しい見た目で、草木に溢れた場所にしたいと思いました。Bramblebackたちは怒れる自然の精霊であり、ここのモンスターは、南のジャングルに溢れる巨大な根や蔓の影響を受けています。ここでも、オレンジ色と赤色の花、それにマッシュルームを使い、生物への距離の近さを視覚的に表すものとしました。



最終的には、2つのベースを差別化したいと思いました! 青側のタレットは幾何学的な見た目で、牡鹿のモチーフを用いて補強されていますが、赤側のタレットは曲線的で魔術的な見た目をしており、重要な紋章として梟のモチーフが使われています。また、ゴシック様式のアーチ紋様を地面に埋め込むことで、レーンから敵ベースへの道筋をプレイヤーに示しました。



差し当たっては、こんなところです! バロンの巣穴からマップを構築することにより─そしてジャングルの4地域にそれぞれテーマ付けを行うことで─私たちは色を使った志向のレイヤー、構成、そして災厄すら作ることが可能になっています。これらの視覚的な手がかりは、皆さんがSummoner's Riftでプレイしたり、観戦したりする時に、そこがどこなのかを常にはっきりと把握する手助けになるものなのです。


関連記事
Game 4 Broke: LoL Design Values:明確さの徹底解説