2014年7月31日木曜日

Patch 4.13 Notes Contexts - 後編


Patch 4.13のContext(要旨と背景)の訳の後半となるチャンピオン以外についての内容となります。
前編はこちら

Context(要旨と背景)をパッチノート訳とは別にしています。
Patch 4.13の訳についてはPatch 4.13 Notesをご覧ください。

Patch 4.13 notes | League of Legends


アイテム

アイテムの再編
お店で表示されるアイテムアップグレード並び順の配置換えしました。

お店でアイテムのアップグレードを直感的なものとしました。もしこのパッチノートのタイトルを要旨と背景とパッチノートと一緒に見た場合、同じことを4種類の方法で言ってると思います。

新しい検索用語
お店で「Spooky Ghost」を検索してください。やってみて。

Greater Stealth Totem
まさか、どうしてサマリーが必要なの

Greater Stealth Totemにアップグレードする理由がなかったので付け足しました。短いクールダウン!

Frostfang

gold per 10 secondsが2 gold減りました。

攻撃的なskirmishでゴールド生成するアイテムとして、FrostfangとFrost Queen's ClaimはPassiveでゴールドを多く生み出していたため、少し取り除きました。

Frost Queen's Claim

上を見るか、下を見るか

繰り返すことはありません!

Nomad's Medallion

固定値のMovement Speedが追加されました! 釣り合いを取るため、マナ回復を若干消失しました。

この変更はAncient Coin / Nomad's Medallion / Talisman of Ascensionをgp10 itemで少しユニークなものとすることで、"raoming support"とinitiation supportが購入するものとして魅力的なものへとするものです

Talisman of Ascension

固定値のMovement Speedが追加され、health regenが増加しました!釣り合いを取るため、クールダウン減少が一部消失しました。

おおよそ上記と同じです。だからそちらを読んでください。

Deathfire Grasp

Deathfire Graspのクールダウンが長くなりました。

断り書き: この背景は馬鹿げています。

Deathfire Graspはスキルをさらに加えることなく対応手段に乏しいゲームプレイが多く存在することを助長しています。(例: 大きなバーストダメージによって相手に反応する機会を与えない)将来的にこれは私たちが取り組むことになる大きな問題となりますが、私たちは他の多くの"anti-burst"スキルやアイテム(例: exhaust, heal, Zhonya's Hourglass, など)に対して適切なバランスを取るため、少なくともDFGのクールダウンを増やすことは重要だと感じました。もし、DFGがチャンピオンをワンショットウィザードに変えてしまう恐れがなければ(Hello Lissandra)、それは健全なアサシンが用いる最適なツールとなる可能性も意味します。

Rylai's Crystal Scepter

AP UP, HEALTH DOWN!

Rylai's はコントロール重視の攻撃的なアイテムとして少しスロット効率を増加させました。

Banshee's Veil

Banshee's Veilのリチャージが長くなりました。

Banshee's Veilのスペルシードの短いクールダウンはミニオンウェイブが到着するたびにアップしてしまい、一方のチームが相手のチームのタワーの下でSiegeをしようとするシナリオでは少し強すぎました。

Chalice of Harmony

Chalice of HarmonyのMRが減少しました。パッチノートを読むより、背景を読むほうが時間かかります。
どんな気持ちにさせているのでしょうか。


マナを生み出すアイテムとして利用してもらうため、Chalice of Harmonyを少し作りにくくしました。

Sword of the Occult

切り上げました。

Sword of the Occultがパっとしない分かったとき、算数を学びました。

Madred's Razors

Madred's RazorsがFeral Flareへのスタックの表示という気持ちbuffされました。

buff trackerを追加しました。後いくつ足りなくて、Madred Razorのままにしているかわかるようになりました... 77分で(冗談です!)。

Twisted Treeline & Crystal Scar

Blackfire Torch

Blackfire TorchのクールダウンをDeath fire Graspの変更にあわせました。

もし、Deathfire Graspの背景を読んだなら、以下は良く似ているように聞こえるでしょう。

Blackfire Torchはスキルをさらに加えることなく対応手段に乏しいゲームプレイが多く存在することを助長しています。(例: 大きなバーストダメージによって相手に反応する機会を与えない)将来的にこれは私たちが取り組むことになる大きな問題となりますが、私たちは他の多くの"anti-burst"スキルやアイテム(例: exhaust, heal, Zhonya's Hourglass, など)に対して適切なバランスを取るため、少なくともBFTのクールダウンを増やすことは重要だと感じました。もし、BFTがチャンピオンをワンショットウィザードに変えてしまう恐れがなければ(Hello Lissandra)、それは健全なアサシンが用いる最適なツールとなる可能性も意味します。


Crystal Scar

Fizz

QとEのクールダウンを長くしました。

Fizzの機動力とダメージは"skirmishy"気質のDominionにおいて少し強すぎます。
CDRを獲得することで、Fizzは簡単に戦闘に飛び込んだり、逃げ出したりできます。クールダウンを増加することでFizzは機動力を使用する際により注意を払わせることになります。

Exhaust

以前に比べてダメージ減少が目減りしました。若干対象のARとMRが減少するようになります。

この変更はサモナースペルに多様性を持たせるためにExhasutのanti-assassinの強さを減少しました(AR/MR削減は防御の脆弱なAssassinやMarksmanたちに非常に効果的です!)。

Heal

全体的にヒール量が減りました。

Summoner Spellは2人のチャンピオンに影響し、movement speed bonusを付与するため、私たちはHealが非常に強いというを把握しています。強すぎる。

Team Builder

先日のリリースから数ヶ月に渡ってTeam Builderへの改良を行ってきました。このパッチではマッチメイキングノの改善をアップデートのリストに追加しています。

Match History Beta

フィードバックに基づいて、過去数回のパッチで新しいツールとMatch Historyの視覚化を追加しました。以下は最近の変更の一部です。

用意していましたが、Match Historyのデータトラックとレポートのバグや不整合をつぶしていました。

最近の目標は出来る限り素晴らしい、Match History web experienceを作り上げ、クライアントに必要最小限を必要としているプレイヤーのために"一目で分かる" クライアントのmatch historyに情報を追加しました。


Skin Splash Updates

一時的にいくつかのスキンのスプラッシュをクオリティーを一定のラインにするために海外のものを採用しました。私たちは全てのスプラッシュアートのクオリティを向上することを約束していますが、現在の目標はbase champion splashの改善です。

新規プレイヤー向けの機能

継続して行っている取り組みとして新しいプレイヤーがゲーム外で媒介となるコンセプトの学習を支援する取り組みを行っています。今回はにゲーム終了時にレベルの低いプレイヤーに対して時々表示されるわかりやすいヒント中でラストヒットについて表示することを対象しており、CSを取るコツについては滅多に表示されません。

Match Loading Speeds

Toasters(初期のMacの愛称)よ、喜べ!

Bugfixes

新しいオーディオエンジンを前のパッチでリローンチしてから、紛れ込んだ沢山の小さな違いを修正するしています。

余談ですが、ここまでパッチノートを全て読んでくれたみなさんへ、bravo !