2015年3月31日火曜日

Challenger Series参加チーム間で起こった練習試合動画のリーク事件により、TSM DarknessがTSM傘下より放出


北米のChallenger Series(CS)に参加しているチーム「Counter Logic Gaming (CLG) Black」の練習試合(scrim)の動画が同じくCS参加中のチーム「Team SoloMid (TSM) Darkness」所属の選手によって「Team Fusion」のコーチらへと漏洩されたことにより、CSの試合でCLG BlackがFusionに対して不利を被ったのではないかという疑惑が浮上しました。

この事件に関わった3チームはそれぞれ公式声明を発表、TSM Darknessは2月にTSMブランド傘下に入ったチームでしたが、傘下より放出されることとなりました。

03/22 22:45 - 投稿
03/24 15:01 - 元TSM DarknessのメンバーがTSMを訴える予定であることを追記
03/25 11:03 - TSMがeSports Heavenの取材に対して寄せたコメントを追記
03/31 16:47 - FusionがコーチのBee Sin氏を放出したことを追記

TSM DARKNESS T3AZER LEAKS CLG BLACK SCRIM FOOTAGE TO TEAM FUSION (Esports Heaven)

Esports Heavenの記事によると、TSM DarknessのADCであったDavid “t3azer” Berube選手がHitbox.tvでCLG Blackとの練習試合を録画し、その録画をTeam FusionのコーチであるKeaton “Bee Sin” Cryer氏へとリークしたとのことです。

リークされた録画には目新しい情報はなかったそうですが、リーク後に行われた試合でCLG BlackはFusionに対して敗北、このSpring SeasonのCSでFusion相手の対戦に全敗という結果になってしまいました。

Team Fusionの公式声明は以下の通りです。

Official Team Fusion Statement - March 20, 2015 - Team Fusion

個人的に、私はこれらの行動を無条件で非難します。私は常に組織の倫理を最高水準のものにしようとしており、このような倫理の侵害が起こったのは、私個人に責があります。チームに対して最高レベルの責任を果たせなかった結果として、この事態が起こりました。二度とチームがこのようなとても低いスポーツマンシップ意識に至らないよう、内部ポリシーをさらに強化するつもりです。

私はHotshot氏と話し合いました。彼の所有するChallenger teamの成功を害する事態がありましたが、彼と私たちは起こったことを過去のものと捉えることにしました。コミュニティの皆さんも、そのようにしていただければと思います。-Alden “Veyloris” Haight

個人的にTeam FusionオーナーのVeyloris氏と話し合った結果、彼がこの事態について何も知らなかったと信じることはできませんでした。私に提供された情報は、周囲のコーチングスタッフとプレイヤーたちが知識を持っているということであり、彼がそれについて知っているかどうかではありませんでした。彼は良い人で正真正銘のCLGファンですが、困難な状況に投げ込まれてしまったように見えました。-George “HotshotGG” Georgallidis

なお、Riot公式のChallenger Seriesの規定には、練習試合に関する規定はないため、特に処罰などは行われません。

一方、リークを行った選手を抱えることとなったTSM側は、TSM Darknessをブランド傘下から放出することを発表しました。

TEAM SOLOMID TO PART WAYS WITH DARKNESS CHALLENGER TEAM AFTER SCRIM LEAKINGS (Esports Heaven)

残念なことですが、この出来事は当初私たちの知らないところで起こっていました。状況が判明した時、私たちの練習試合が簡単に知られ、対戦の一貫した競技性を維持するための重要な情報が他チームに漏らされたことを知って、落胆しました。競技シーズンの間、チーム間における競技の一貫性と信頼性は、競技精神を存続させる上で重要なものです。どんなに危うい状況であろうとも、決して越えてはならない境界線というものがあります。 - Counter Logic Gaming

News of Legends » Official Statement Regarding TSM Darkness - League of Legends News and Content(TSM公式サイト)

私たちはこの状況を知らず、George ‘HotshotGG’ Georgadillis氏が知らせてくれました。CLG Blackに起こったことはひどく嫌なことだと思いますし、私たちの組織はこの振る舞いに対して断固とした態度を取ります。 – Andy ‘Reginald’ Dinh

なお、この時点でのCSの順位は以下のようになっていました。

Standings | LoL Esports
  • 1位:Enemy Esports(7勝1敗)
  • 2位:TDK(5勝3敗)
  • 2位:Team Fusion(5勝3敗)
  • 4位:Final Five(4勝4敗)
  • 5位:CLG Black(2勝6敗)
  • 6位:TSM Darkness(1勝7敗)

参考リンク
2015 NA Challenger Series/Spring Season - eSportspedia - League of Legends eSports Wiki
TSM Darkness | LoL Esports



03/24 15:01 追記

元TSM DarknessのLyonel “Arcsecond” Pfaender選手(mid)、Ryan “Big Ol Ron” Ballard選手(top)、Paul “Indivisible” Nguyen選手(サポート)の3選手は、TSM傘下からのチーム放出は契約違反だとして法に訴えるつもりであることが、theScore eSportsによって報じられました。

Former TSM Darkness players say they will pursue legal action following release | theScore eSports

Pfaender選手がtheScore eSportsに語ったところによると、「T3azer選手が個人的に取った行動のせいでチーム全員の契約が打ち切られたことにはびっくりした。すぐにSoloMid社に理由を尋ねたが、返答が返ってくるまでの間に、私たちは法的顧問を探すことにした。弁護士と話し合った結果、SoloMidに対して法に訴える意志があることを通告した。SoloMid社は不当に選手たちとの契約を打ち切り、契約に明記された対応を行わなかったし、多数の契約条項に違反している。チーム放出とメンバーへの扱いは不当なもので、受け入れられるものではない」とのことです。Pfaender選手は具体的な契約違反項目については言及しなかったそうです。

このことについてtheScore eSportsがTSMに問い合わせたところ、まだ返答はないとのことです。



03/25 11:03 追記

TSMがこの件についてのEsports Heavenの取材に対してコメントしました。

SOLOMID RESPONDS TO CONTRACT BREACHING ALLEGATIONS FOLLOWING PURSUIT OF LEGAL ACTIONS FROM FORMER TSM DARKNESS ROSTER (Esports Heaven)

私たちは3月20日に選手たちに対し「契約を終了する」と伝えました。結ばれた契約により、30日前の通告が必須となります。今後彼らには対応を行いませんし、契約終了時(4月21日)までの給料も先払いしてあります。 -Andy “Reginald” Dinh



03/31 16:47 追記

Team Fusionは今回の件についての内部調査の結果、Bee Sin氏を放出すると発表しました。

Fusion Parts Ways With Bee SinTeam Fusion公式サイト
Team Fusion releases Keaton “Bee Sin” Cryer | theScore eSports (theScore eSports)