2014年7月10日木曜日

Maknoon選手へのインタビュー: "数え切れないほどのチームからオファーがありました"


Pravineに掲載された、Maknoon選手へのインタビュー記事です。


Interview with Maknoon: "I am getting countless amount of offers from teams" | Paravine

Q. お久しぶりです!自己紹介をお願いします。

こんにちは、お久しぶりです。“Maknoon” Haun Yoonといいます!まだ健在です!

Q. 多くの人があなたの動向について関心を持っています。お元気でした?

最近はほとんど配信してます。League of Legendsですね。高校の時の友人と他のゲームするのも楽しいです。私はカジュアルにプレイして、ゲームをプレイすることでストレスをためないようにしています。

Q. OGN Championsの話題は避けて通れないと思います。OGNは見ていますか?

お気に入りのチームや面白そうな試合があれば、時々見てます。

Q. “Maknoon”は怖いもの知らずの top lanerとして知られています。Top laneのメタは大きく移り変わっています。それについてはどうお考えですか?

私がプロとしてプレイしていた頃とは全くことなっています。以前はLane Swapはなく、Top lanerはやることをやっていました。どちらが強いTop lanerか決めようぜという戦いです。

現在のtop lane metaを一言で表すと、"Wanderer(放浪者)"です。solo queueではLane Swapはありませんが、練習試合や大会ではレーンスワップでは日常的に行われており、top lanerはそれに苦戦しています。Top laneはまさに野心と勇気の象徴でした。ただ、今は"現在の状況に柔軟に対応する"が最も重要なファクターになっていると思います。

Q. 最近一番注目しているTop Lanerは誰ですか?

どのプレイヤーも非常に優秀ですが、私はJAFの “Rock” 選手を挙げます。彼はGragasで非常に素晴らしいパフォーマンスを見せました。正直、Gragasが最初にリメイクされた時、私の知っている全てのプロたちは競技的にプレイするにはnerfされすぎたと話していました。しかし、Rock選手はGragasで大暴れしました。だから驚きました。

Q. 現在のメタであなたにプレイスタイルが似ているプレイヤーを挙げるとしたら誰ですか?

みなさんが言うには“Save”選手だと思います。彼がShyvanaをプレイしている時は強気に、積極的なdiveやinitiateを好みます。そのことは私に自分のプレイを思いださえてくれます。彼は最近非常に上手くプレイしています。また私はSave選手のようなプレイヤーと比較してもらって光栄だと思います。

Q. あなたの話に戻しましょう。多くのプレイヤーがあなたの今後について興味を持っています。

ええと、まず私は長い休息を取りたいと思っています。もし私が海外のチームに移籍するという噂が真実だとしたら、私はこれまでに世界を2周していることでしょう(笑い)。数え切れないほどのチームからオファーがありました。プレイヤー同様、コーチのポジションについてもオファーがありました。休息を取りたいとはいえ、なるだけすぐにプレイヤーとしてカムバックすることを願っています。

Q. 主に興味があるのは韓国のチームですか?

可能性としては全てに扉を開いています。私は海外のチームに移籍して、多くのことを試したいと思っています。大勢の人が自分で高いお金を支払って、海外へ文化や言語を学びに行きますが、まるでタダでやれるみたいです。しかし、韓国のチームへの郷愁の念はまだあります。

Q. 最後にファンに一言お願いします。

ブラジル料理の味についての質問や中国人は仲良くしてくれるかについての質問をしてくれる人もいました。私は今、韓国の京畿道に住んでいます。天気も良いので、遊びに来てください(笑い)。


関連記事
Game 4 Broke - LoLの情報ブログ: ブラジルの「Pain Gaming」に韓国のJJOO選手とLactea選手が加入、MakNooN選手がcoach/analystに就任