2014年2月12日水曜日

TSM Bjergsen 選手のFacebookの訳


リクエストのあったFacebookに投稿されているTeam Solomidのmid laner、Bjergsen選手のLCSに参加する前からこれまでの生活の変化について投稿の訳です。


私の学校生活はあまりよいものではありませんでした。成績は良かったけれども、そこを離れてやりたいことがありました。4年生、5年生の頃から私はひんぱんにいじめを受けており、小さな細い子供には辛いことでした。やりかえすことも、勝つこともできません。私はクラスメートと先生のほとんどからいじめられていたので、いじめがやむことはないだろうと思ってました。私をささえてくれるであろう側ですら私をいじめたのですから。憂鬱なものへの逃げ道はいつもビデオゲームで、学校から帰るとすぐにプレイしていました。ゲームはひんしゅくを買うようなものでしたから、小さな薄汚れたひみつでした。私はさらなるいじめる口実を彼らに与えたくはありませんでした。

数年後、8年生になり、新しい先生のいる上の学校へと変わりました、このころには私はとてもふさぎこんでおり、学校には行きたくはありませんでした。新しい学校生活は人生で新しいチャンスになるはずだと思い、また行かなければならなかったので、選択肢はありませんでした。不幸にもこの学校では物理面でのさらなるいじめをうけ、結局学校へ行くことはほとんどありませんでした。およそ半年後、うつ病と神経症から学校を辞めました。私は人生のどん底にいました。私は家族以外と話すことができませんでした。私は部屋に引きこもり、毎日逃げるようにLeague of Legendsをプレイしていました。それだけが私にとって意味あることであり、私が楽しめるものでした。両親は私は学校へ戻そうと多くのことを試みましたが、私がまた行くのを辞めてしまうまで1週間とかかりませんでした。このころ、League of Legendsが上手くなりはじめ、high eloへと到達して、よいプレイヤーとして認知されるようになりました。小銭稼ぎにオンライン大会へ参加し始めましたが、そこで得たものは素晴らしいものでした。

多くのチームを経た後、ついに人生を変えるチームへと加入しました... Copenhagen Wolves。最初に参加したイベントは2012年の冬のdream hackでした。私は不安が原因で行くのを断念しかけてました。しかし、Deficio(当時のマネージャー)は最終的に私と父との長い話の後、彼が私を見守り、そして必要な事があれば手伝って、ついていってくれることを約束しました。私は自分で何をすれば良いか知らない非常に未熟な子供で、Deficioのような私の不安をやわらげてくれるような人間が必要でした。Dream hackでは3位に終わり、LCS予選への出場権を獲得しました。この時、私が心配していたのはまとまったお金獲得したのかということでした。というのも本当にLCSに出れると思ってなかったためです。

不幸なことに私はLCS予選でプレイするには若過ぎました。そのためチームは私抜きで戦わなくてはなりませんでした。この時点で私の両親はまだ学校へ戻るよう試みていました。そして、私は実のところチームが予選で勝てることを期待していませんでした。つまり、まだ私は何をして良くて次に何が起こるかわからない人生の変なステージに立たされていました。どういうわけか私のチームは非常に力強いところを見せ付けて、本命を破ってLCSの出場権を手にしました。私はそのことをついては非常に喜んだものの、LCSに参加することについて明確な考えを持っていませんでした。

最初に3週続けてチームが負けた後、私は17歳になり、チームでプレイすることができるようになりました。最初に勝利した試合で、私はPentakillを取り、突然私のまわり全てから賞賛されました。しかし、私が望んでいたのは目立たないことでした。有名になりたくなかったし、インタビューもして欲しくなかった。私は社会ではゲームがひんしゅくを買うことだと信じていたので家に帰ってから何をしているのかも知って欲しくありませんでした。RiotはESLに毎週私にインタビューするように要請しましたが、私は断り続けました。私は注目を浴びたくなかったのです。この時点で多くの人が私のことを尊敬し始め、私について書くさまざまなファンのページが作られました。そのことに意味があると思っておらず、ファンの全員がバカじゃないないかと思ってました。学校からドロップアウトしたnerd(おたく)のファンになりたいという人がどこにいるのだろうか。

私はシャイで臆病だったので最初のシーズンにはあまり他のプレイヤーと話しませんでした。私は若く、やせた未熟な子供だったので常に悪く言われ、誰かにいじめられるのではないかということにおびえました。私はすぐにわかったことは全てのプレイヤーたちとESL/Riotのスタッフたちがいい人たちだということでした。Season 3 LCSでは優秀な結果を残せませんでしたが、私は個人として16年生きていた人間として成長しました。私がヨーロッパを離れ、TSMへ入った時、私は最初のステージでのインタビューでどもり、挙動不審だったシャイな子供ではありません。私は全てのインタビューを避け、衝突を避ける子供ではありません。私は体重と腕を隠すための長袖を何時も着ることがなくなりました。私は変わったのです。そして私は私のままなのです。私はこれまで幸せだったことがありませんでしたが、私とこれまでに会ったすべての人にお礼を言いたいと思います。特にDeficioには感謝します。もし彼がいなかったら私はここにはいなかったでしょう。彼は私を受け入れてくれたのです。私は彼のように自信を持つことに決めたのです。彼の今後の成功を祈っています。私は過去について全ての話を打ち明けることができたのを誇りに思います。もし私に対して過去のことを知ることで私を傷つけることはありません。これは携帯から書いているので文法の誤りがあったら申し訳ありません。非常に大変です。また長文になってしまって申し訳ありません。私はあなた方に知って欲しかったのです。もし人生のどん底にいたとしても、耐えてください...そのうちよくなります!

TSM!

原文
Bjergsen - With my recent success and happiness, I wanted... | Facebook
Bjergsen - With my recent success and happiness, I wanted... | Facebook