2014年8月1日金曜日

東南アジアのGPLCS準決勝出場チームが規定違反により失格処分に


東南アジア、特に台湾以外のLeague of Legendsのファンがベトナムチーム、「Neolution Full Louis (NFL)」失格とするGarena eSports委員会の決定に対する反発が高まっています。


Garena Premier League (GPL) Disqualifies Summer Semi-Final Qualifier Neolution Full Louis | Paravine
[Official Announcement] Neolution Full Louis... - Garena Premier League

NFLは台湾のチーム、「Logitech G Fighter (元 ahq Fighter)」を破り、準決勝で同国の「ahq e-Sports Club」と試合を行う予定でしたが、今回のGarena eSports委員会の決定により、NFLはGPL Championshipsへの出場権とGPL Summer 2014 seasonにおけるサーキットポイントと賞金を剥奪されました。

The Garena Premier LeagueによるFacebookでの発表によれば、NFLが準決勝が行われる台湾へ渡航する際、NFLのLe Quang Duy “Sofm”選手 (Mid)とVuong Xuan Duc “Jeff”(AD Carry)選手が彼らのビザからいずれも17歳未満で、1.1 Section 1に抵触していたことが発覚したそうです。
ただ、両名はGPLを2シーズンフルで出場していました。

状況は近隣全ての関係者を巻き込み、複雑化しています。
多くのベトナムファンと台湾以外のほとんどファンはGPLが台湾のチームに便宜を図り、GPLの過失によって妨害されるべきではないと主張しています。
今回の発表とTaipei AssassinsがSaigon Fantastic Fiveを破ったことと合わせ、Grand Finalが再び台湾勢同士となることが確定しました。
一方で、Garena Vietnamは地域の最高レベルでプレイできるよう意図的にNFLの違反を隠蔽したと主張する人もいます。

今回の件で改めて東南アジアのプロフェッショナルシーンにおけるインフラの欠如とアンプロフェッショナリズムが指摘されることになりそうです。

The Garena Premier Leagueは「Logitech G Fighter」 と「ahq e-Sports Club」の元姉妹チームの対決を8月16日水曜日 18:00 GMT +8に行うと発表しています。

Season 3 World ChampionshipsではGamania BearsのSword Art選手とMaple選手が17歳未満で(NA/EU LCSは米の労働法が基準ですが、当時、一部地域で年齢規定がなかったようです)、大会後にRiot Gamesによって新たに年齢基準が制定されました。