2014年8月11日月曜日

Chaox AMA


先週、CLGのメンバーとして久しぶりに競技シーンでプレイしたChaox選手のAMAです。


CHAOX (◕‿◕✿) AMA : leagueoflegends

Q. サブチームを続けていたら、LCSレベルのチームになったと思いますか?

LCSでのプレイは私にLeagueが集団戦は数秒で決し、コールは無意識に行われ、失敗の余白が非常に狭い情熱的なゲームだったことを思い出させてくれました。
私はCoastのコーチを退いてから再びプロとなることを待ち望み、LCSを再び体験して判断を再確認しました。
もし、練習が2-3週間与えられれば、sub teamは間違いなく、LCSチームから確実に勝利できたと思います。

Q. 次のシーズンはChallenger もしくは LCSでプレイする予定はありますか?北米以外に、EUでのプレイを考慮したことはありますか?

北米のほうが非常に好ましいです。Thinkcardのようなやる気に溢れ、スキルの高いプレイヤーのいるChallener Teamには喜んで入ります。

Q. 旧TSMのメンバー(Regi, Dyrus, OddOne, Xpecial)との間柄は?

Regi: ややこしい中立。 Dyrus, OddOne, Xpecial: 人生の友人

Q. 現在のNA LCSの状況について。2チーム追加すべきか、それともそのままが良いか?

追加することは至極当然の成り行きです、Riotがそう決めたなら、私は復帰するでしょう -- 存在する必要のないスーパーウィークや試合の計画における諸問題を修正できます。

Q. 好きなアニメは?

グレンラガン。

Q. オファーがあったとして今すぐに入りたいチームは?

NA LCSは今期接戦で、私はほとんどのチームが入るに足る十分な強さだと思っています。
目標はWorldsで差を確認したいと思っています。Challenger teamはケースバイケースのシナリオです。

Q. Week 11でCLGとしてプレイしたことへの感想は?

全くプレッシャーは感じなかったので、CLGとしてプレイしたことは非常に楽しいものでした。
CLGのサポートスタッフは皆クールで他のチームの内部のダイナミクスを知るのは楽しかったです。

Q. Gnarについては?

まだ見てないが、Oddoneが言うにはYordleたちはすべて敵です。

Q. Rain Manとは?

ドイツのESGN Fight Night以来合ってない。

Q. 来年LCSのチームに入れるチャンスはあると思っていますか?それについての計画はありますか?それともChallenger Teamが先ですか?

チャンスは普通くらいです。S4 worlds後のチーム再編によります。Challengerから始めるのも不可能ではありません。

Q. Worldsで優勝するのはどのチームだと予想しますか?

Samsung Blue。

Q. 北米のチームがWorldsで優勝するチャンスと、もしそうなった場合のチームはどこだと思いますか?

北米が優勝する確立は1%未満。C9。

Q. 現在のTSMについては?

TSMは強いと思います、ただドラフトに問題があります。

Q. ADC以外でオファーがあったとしたら、我慢しますか?(もちろん新しいロールを学ばねばなりません)

レーンのやり方がわかっているのでサポートなら考えるでしょう、そして視界の確保やチャンピオンメカニクス/ビルドについて理解を深めます。

Q. 各地域で最も強いADCは?

NA: Sneaky. Korea: Imp.
中国とEUはあまり見ていません。

Q. LoLを終日プレイできなかったら、何のゲームをやる?

HearthstoneとArcheage。

Q. LCS/Challenger SceneのADCで自分をどのくらいの位置だと思う?

正直分からない。ランキング付けは嫌いです -- 結果がこの分野では物を言います。先週プレイした後だけれども、LCSのADたちに対して特にレーンにおいて自信を感じました。

Q. 現在の各地域の強さについてどう思いますか?

韓国 > 中国 >> 北米 > EU

Q. コーチとなることについては?給与の問題はどうでしょう?競技プレイでしか得られない特別な何かが欠けていますか?

コーチングは素晴らしい。現在のコーチたちは十分に給与が支払われていませんが、将来的にはやりたいと思っています。
プレイは今しかできません -- コーチは年とってからでも出来ます。

Q. LCSのチームにADCとして入れるならどこがいい?

DIG: 技術的に非常に優れ、必要なのはチーム構成に基づいた戦術的なプッシュ。

Q. CLGのユニフォームはどのくらい変だった?

CLG Chaoxとならない99の別次元が宇宙には存在して、私が唯一の例外です。私はユニコーンです。

Q. もし、TSMに戻るように言われたら戻る?Regiと最後に話したのは?

Regiと語り合いたい。最後に話したのはTSMから放出された時です。

Q. Allianceについて

Alliance is OP in EU - 知っているのはそれだけ。

Q. Cpt Jackについて

Jin Airは非常に強力なチームだと思います。そして、Cpt Jackは強さの一因です。

Q. これまでのキャリアで楽しかったプレイは?

Asheが好きでした。Ashe/Kennen/Vladは楽しかったです。矢を無限のAoEの環へと放つのは。S2の中盤が最も楽しかったです。

Q. あなたが休息に入るときはこのsubredditの住人はsaintvicious氏の"彼は挑戦すらしない"という声の後押しを受けて、LCSにとって"十分ではない"と話していました。

LCSの技術的に求められるレベルについてどう思いますか?chalenger playerが参加して、全てのゲームで悪目立ちしないものですか?
LCSでは予想したほどワンサイドゲームになりませんでした、その理由は?

先の発言にもありましたが、2-3週あったらどうなっていましたか?

SaintにはSolo Queueは競技シーンへとエントリーするためのまっとうな障壁であることを思い出させてくれたことに感謝しなくてはなりません。私を含め多くのプロたちはSolo Queueはスキルを測るには酷い方法だと考えてはいるものの、競技プレイには必要であり、しかし十分ではありません。

Challenger playerには技術的にLCS playerより優れている人が数人います。しかし、差はほぼありません。
この質問については、チームが勝利するために必要な5つのキーポイントに結びつけてお話しましょう。

1. メカニクス(最も自明です、説明の必要はありません)
2. チームシナジー(ゲーム内外のコミュニケーション)
3. 戦略(ゲーム外: pick/ban の計画)
4. コンディション (メンタル/フィジカル)
5. 態度 (前向き、勝利への執念)

メカニクスはプロプレイヤー全体の一部に過ぎません。
これは3番目の質問へとつながります。CLG.Whiteは一部のチームに対して、過去の経験から上記の5つの点を一定量備えていたので優位に立つことができ、特にDIG/EG/COLではPickで勝利できたと思います (DIG/EGのPick/BANでは26個中20個を予測しました)。
このようにして強い戦略で欠けているシナジーを補いました(と私は考えています)。序盤においてC9以外に対して、私たちのLanerは有利に立っていました(Nien/HotshotGGのZilのExpの支援もありました)、そして、Thinkcardの素晴らしいジャングルのプレッシャーがありました。全てが特にEG/COL戦での接戦へと結びつきました。

Q. Xpecial選手がベンチ送りになったことをどう思いますか?正しい選択でしたか?

Xpecialのベンチ送りの際に起きたことについては話せません。
私が言えるのは北米で最強のBot LaneはTurtle/GleebでもTurtle/Lustboyでもなく、Turtle/Xpecialだったということです。

Q. 配信への両親の反応

興味を持ってみてくれています - とても応援してくれています。(私が毎日運動している限りは)

Q. 一緒にDuo Queueしてみたいのは?

Mataとしてみたいです。そして、出来る限り学びたい。

Q. 人生最大の後悔は?

後悔は好きではありません、非生産的です -- 新しいことを学びつづけ、前へ進み、残りは忘れます。