2015年4月29日水曜日

Asheのゲームプレイアップデートが予告


Asheのゲームプレイアップデート(GU)が予告されました。


Champion Update: Ashe takes aim at PBE | League of Legends

これまで深まってきたLeagueのチャンピオンプールの中で、Asheもまた、6年近くローンチ時のスキル構成のまま変わらないチャンピオンでした。でもそれは過去のことです! 彼女をゼロから再構築するわけではありませんが、League随一のユーティリティ・キャリーたるAsheを確立する、ただそれだけのため、とても有意義な変更を一部に施します。最終的に、Asheに相対する敵にとっても、多少の調整を滑り込ませています。新しい彼女の動きをざっと眺めていきましょう!


動画:SkinSpotlightsより

Passive: [NEW] Frost Shot


Asheの通常攻撃およびスキル攻撃には、全てスロー付与効果がつく。
Asheの通常攻撃には、クリティカル率上昇ではなく、スローのかかった対象に対する増加ダメージが付随する。増加ダメージはクリティカル率に基いて増加する。

Q: [NEW] Ranger’s Focus


パッシブ:Asheは敵にスローをかけるたびにFocus stackを獲得する(最大5スタック)。
アクティブ:数秒間、少量のAttack SpeedとFrost Shotのスロー効果が増加する。Focusが最大スタックに達している場合、スキルの持続時間中行う通常攻撃全てに、素早い矢の一斉掃射が追加される。


W: Volley


Asheは数本の矢を弓につがえ、前方の大きな扇状の範囲へと同時に発射する。矢は当たった対象にスローを与える。
[NEW] Asheは以前に比べて多くの矢を発射する。敵は前よりも多くの矢に当たることになるだろうが、複数の矢が当たったことによりダメージは増加しない(矢1本のダメージのみが適用)。


E: Hawkshot


Asheが鷹に一定範囲を偵察させる。鷹は指定した方向へゆっくりと飛び、通り過ぎた範囲にいる敵を見つけ出す。鷹が目的地に到達すると、数秒間その地点に滞空し、茂みの中であっても、非ステルス状態のユニット全てを見つけ出す。
[NEW] Hawkshotはマップ全体が射程となる。また、AsheはHawkshotを2回分ストックできる。


R: Enchanted Crystal Arrow


Asheは指定方向に巨大な氷の矢を放ち、矢に最初に当たった敵チャンピオンにダメージとスタンを与える(スタンの持続時間は矢が飛んだ時間に比例する)。Enchanted Crystal Arrowは、当たった敵の周囲にいる中立および敵ユニット全てに対しても、ダメージとスローを与える。

以上のスキルを確認してみると、既存のスキル構成をあまり壊さないように変更が行われていることがわかると思います。たとえばFrost Shotは、とても退屈で単調なスキルでした。スキルを使って徐々にマナを失いつつも対象にスローをかけるか、そうしないか、という選択しかなかったのです。同時に、同じ分類では比肩するチャンピオンが存在しない、crowd controlと視界確保能力を持つユーティリティ・マークスマンとしてのAsheの構想が私たちは本当に好きでした。なので私たちはFrost Shotをパッシブへと移し、古いON/OFF式のスキルを脇へと押しやって、Qを新しいものに変えたのです。その空白を埋めたのはRanger's Focusで、Asheに対して戦闘に留まる動機を与え(攻撃しないことについて全くリターンのなかった、古いパッシブと比較して)、Focusのスタックを効果的に扱えば、与ダメージ量に確かなピークをもたらしてくれます。

パッシブの古い部分に関しては、マークスマンとしては直感的に感じられないであろうクリティカル攻撃を取り除きました──クリティカル攻撃は通常攻撃を用いるダメージディーラーにとって、中心となるものです──が、新しいFrost Shotでも、Asheのクリティカルビルドは報われます。つまり、時たま大ダメージを与えようとすればできるのではなく、Asheのプレイヤーがクリティカルビルドを行えば、継続的に追加ダメージを与えられるということなのです。以前の主流であったInfinity Edgeをメインとしたビルドを行ってすら、さらなるダメージが出るのです。

AsheのパッシブおよびQへの変更は、試合の全時間帯で、通常攻撃偏重のゲームプレイを強化しています。彼女が何かを撃てばFocusが溜まり、そしてRanger's Focusを使うことで、通常攻撃を行いつつ追加でダメージを与えられるのです。これによってVolleyが強くなり過ぎましたので、調整を施しました。Volleyで一度に発射する矢の数を増やしましたので、遠距離からこれを使うことができれば、理論上はたくさんの対象に当たるので、すぐにFocusのスタックを最大にすることができます。しかしながら、その代償としてこのスキルは再調整され、敵および中立対象は複数の矢を1本として扱うようになりました。旧Asheはミニオンウェーブを盾にする敵に対し、とても信頼性の高い攻撃を行えましたが、アップデートされたスキルでは同じことがもっと難しくなるでしょう。これはつまり、敵前衛がAsheの目の前に立てば、後衛の脆いチャンピオンをVolleyから守ることのできる、信頼性の高いタンクになるということです。これらの変更により、Volleyはダメージの強力さとpoke手段という面が薄れ、Focusを溜めてcrowd controlを行うための手段という面が強調されており、レーニング中はあまり脅威とはならないでしょうが、特にAsheが的確な位置取りを行えた時、集団戦でより大きな存在感を発揮します。

最後に、根本的にAsheにわかりづらい強力さを大いに与えていたため、旧Hawkshotのパッシブを削除しました。代わりに、Eのアクティブを大きく改善することにより、目に見える強力さを与えました! Hawkshotをマップ全体に有効なスキルに──さらにチャージ制に──することで、Asheとその味方たちに、すぐに使える大きな視界確保能力を与えています。敵チームがこちら側のwardのネットワークを効果的に破壊している時、特に有効なスキルとなりました。Hawkshotを複数回使うことで、Baronを偵察しつつも、周囲の茂みに潜むFnaticスタイルのブラッシュ・ベイトの兆候をキャッチすることができます。茂みをフェイスチェック、からの一発死をせずに済みますね!

本日のアップデートで、AsheはPBEに向かいます。新しい彼女を試してみて、Frost Archerの新スキル構成についての皆さんの考えをぜひお知らせください! Champion Update teamからのニュースをさらに見たいのであれば、Gameplay & Balance subcommunityをご覧ください!

関連記事