2014年12月17日水曜日

PBEのRenektonの変更についてのSmashGizmo氏のコメント


PBEでテストされているRenektonの変更点についてのSmashGizmo氏がコメントしています。


Renekton Changes on PBE

基本的には以下の2つの点です。

1. Renektonがチャンピオンとの戦闘中にはより多くのFuryが得ることとなり、チャンピオンと戦闘していない場合に得られるFuryは若干少なくなる。

P - Reign of Anger
Furyの減少率:: 2/毎秒 >>> 4/毎秒

Q - Cull the Meek
チャンピオン以外のFury生成量 :: 5/体 >>> 2.5/体
チャンピオンのFury生成量 :: 5/体 >>> 10/体

W - Ruthless Predator
NEW - チャンピオンに対してのFuryの生成量 :: 10 Fury

E2 - Dice
NEW - チャンピオン以外に対してのFuryの生成量 :: 2.5 Fury
NEW - チャンピオンに対してのFuryの生成量 :: 10 Fury

レーニングにおける強さを過剰なものへすることなく、集団戦でのFuryの生成量を増加させるための手段を与えたいと考えました。
そのため、ミニオンに比べてチャンピオンに対する全ての非強化時のスキルのFuryの生成量を増やしました。
また、Furyの減少率を増やしました。そのため、Renektonは戦闘に身を置かなければFuryをフルに保つことはできません。

ちょっとしたことですが、Renektonは強化したスキルを使用した時にFuryを生成しません。
説明文にはこのことが明示されており、強化したスキルに関して変更は行われていません。


2. RenektonのCull the Meekの回復量を終盤でも有効なものにしました。

Q - Cull the Meek
HEALING VS MINIONS (非強化時):: 5% damage >>> 3/4.5/6/7.5/9 (+0.04 Bonus AD)
HEALING VS MINIONS (強化時):: 10% damage >>> 9/13.5/18/22.5/27 (+0.12 Bonus AD)
HEALING VS CHAMPIONS (非強化時):: 20% damage >>> 9/13.5/18/22.5/27 (+0.12 Bonus AD)
HEALING VS CHAMPIONS (強化時):: 40% damage >>> 27/40.5/54/67.5/81 (+0.36 Bonus AD)

以下、計算した数値がなくて申し訳ありせんが変更の概要です。
ミニオンに対しての回復量は変わらず、Armorの高いチャンピオンに対しては増加します。
基本的にRenektonはQの主な用途が集団戦中で破綻しているため、相手がArmorを積んだとしても強化されたQで回復する選択肢が存在して欲しいと思っています。
回復の現在の調整は20/40%から15/30%に合わせたものとなっていますが、非常に低Armor時を除いてほぼbuffとなってしまうためです。

結論として、Renektonが序盤の強さを残したまま後半役に立たなくなってしまうことがないような立ち位置になってくれることを望んでいます。