2014年10月8日水曜日

Preseason 2015での実験的な変更点が数日中にPBEへ実装予定


Preseason 2015での実験的な変更点が数日中にPBEへ実装予定であることが発表されています。


Experimental preseason 2015 changes hitting the PBE over the next few days

これからの2週間で、PBEで2015 Preseasonへの準備となる実験的な変更を追加します。

これまでの価値観を打ち砕く変更もあります - その一部はとてつもなく大きな変更です - ただ、プレシーズンはLeague of Legendsの体験を深める年に1度の機会なのです(去年の変更を覚えていますか?)、それでは調整の初期段階について説明しましょう。

これらは開発の非常に初期の段階だとということ、アートやサウンド、その他資源に一時的なものや再利用なものが多数あるということを覚えておいてください。
新しいものの中にはわかりづらいものもあるかと思います(ごめんなさい!)、出来る限りすぐに明確にしたいと思います。

このPBEの開発の方向性について物語で構成される"予報"についても提供を始めます。
Preseasonの開始に伴って公式の発表を行う予定です(決定事項のみ知りたいのであれば、1-2ヶ月ほどお待ちください)、ただもし2015年の開発のカーテンの裏側をチラ見したいのであれば以下をお読みください。

全体的に今回のPreseasonではLeagueにおけるより戦略的な多様性をサポートする方法を調査中です。

"戦略的な多様性"は非常に幅広い - 曖昧な - 言葉であるということは私たちも理解しており、以下に噛み砕いて説明を行います。

戦略的な多様性とはチームが勝つために通る勝ち筋のことです。

プレイヤーたちはLeagueで過ごす間に集団戦重視、Split Push、Siege / Poke、Objective controlなど多くの有効な戦略を見出しました。
以前、前述の戦略の一つが支配的だった際に、その戦略に不可欠だったチャンピオンのnerf以外の対策があまりありませんでした。

2015 Preseasonではチームが革新を続けることが出来ると同時に戦略が強すぎる(もしくは弱すぎる)場合に適切な調整が行えるようなツールを追加しようとしています。
言い換えるとプレイヤーにより多くの道筋を作成することによって、競技を台無しにすることなく複数の戦略が利用可能となるような妥協点を設けます。
さらに重要なことはこうすることにより弱すぎる戦術にてこ入れする方法を得るということです。

今後数日に渡って、オブジェクティブ(タワー、ドラゴン、バロン)、ジャングル(新しいキャンプ、湧き時間、難易度、アイテム、報酬、・・・ええと本当にたくさん)、アイテム(より状況に応じた強力なアクティブ)などの試験的な変更について少し詳しく話します。
繰り返しになりますが、高い水準での目標は以下の通りです: アップデートされたSummoner's Riftでどのチャンピオンをプレイしたとしてもより戦略的な多様性をサポートをすることが可能な礎を築こうとしています。

関連記事
Game 4 Broke - LoLの情報ブログ: Preseason 2015 のジャングルにおける実験的な変更点