2014年10月5日日曜日

Alex Ich選手がNIPから脱退


「Ninjas in Pyjamas」のAlex Ich選手がチームを脱退することを発表しました。

14/10/05 09:30 - NIP側の謝罪を追記


Alex Ich - Hello guys, I decided to tell what's happening...

Alex Ich選手は5月の初めにNIPへのゲーミングハウスを訪れ、新しいチームでのプレイを始め、当初、NIPはAlex Ich選手の就労ビザを申請すると申し出ていました。
しかし、チームがPromotionで破れ、LCSへの出場を逃した後、6-7月にかけて進展はなく、Alex Ich選手はNIPがビザを申請する気がないことを理解したそうです。

仮にLCSへ昇格したとしても、NIPがビザを申請する意志がなければ、NLCSの公式ルールに記載されている「北米はアメリカ、EUはドイツでのそれぞれ就労ビザが必要」という項目があるため、Alex Ich選手は参加できません。

また、NIPはAlex Ich選手への賞金と給与、合わせて 5,000 ユーロが未払いで、9月14日にNIPに問い合わせたものの未だに回答はないとのことです。

Alex Ich選手はNIPを信用できる組織と考えており、信頼していただけに残念だと語っています。

Alex Ich選手はロシア人にビザを発給してくれるドイツの組織を見つけることが困難なため、ヨーロッパでプレイすることがほぼ不可能であり、またドイツとロシアを往復することになるGambit Gamingに戻ることはできないとのことで以下の選択肢を検討しているそうです。

1) European LCSでプレイ可能なドイツの組織を探す
2) 家族の移住を含め支援してくれるNA LCSでプレイ可能な北米チームを探す
3) ブラジルへ移籍、ロシアとブラジルではビザが必要ないため
4) ロシアリーグに留まる(生活に必要な金銭的な理由により、現実的ではない)

5) 引退


Alex Ich選手はロシア人であることの苦悩を語り、さまざまな問題に疲弊していると話しています。
彼は現在フリーエージェントとしてオファーを待っている状態で、もし支援してくれるチームがあれば簡単にEU LCSで競争力のあるチームとなることができると話しています。



Ninjas in PyjamasのCEO、Per LilliefelthはFacebookでAlex選手のFacebookの書き込みに対して、ビザ取得のハードル、家族の待遇、給与支払いについての対応、脱退に関する連絡不足などNiP側の事情を釈明した上で、Alex Ich選手との連携が上手くいかなかったことについて謝罪しています。

NiP-Gaming - Regarding Alex Ich:s statement on his...


関連記事
Game 4 Broke - LoLの情報ブログ: Ninjas In PyjamasがスウェーデンでLoLのプロプレイヤーの求人募集
Game 4 Broke - LoLの情報ブログ: NiPにCabochard選手が加入、Alex Ich選手はMidへ