2014年9月21日日曜日

TOKYO GAME SHOW 2014で「LJL Grand Championship」および「All Star」が開催、来シーズンの計画が発表


9月20日、21日に幕張メッセで行われているTOKYO GAME SHOW 2014で「League of Legends Japan League (LJL) Grand Championship」および「All Star」が開催され、同リーグの来シーズンの計画が発表されました。


TOKYO GAME SHOW 2014 ロジクールブースで、同社が特別協賛スポンサーを務める「League of Legends Japan League」の「Grand Championship」および「All Star」が開催しました。

「Grand Championship」にはLJLの年間王者を決めるべく、Winterで優勝した「Rascal Jester」、SpringとSummerで優勝した「DetonatioN Focus Me」が出場しました。


「DetonatioN Focus Me」
  • Top: Bonzin
  • Jungle: Astrore
  • Mid: Ceros
  • ADCarry: Yutaproid
  • Support: Riosilva

「Rascal Jester」
  • Top: cogcog
  • Jungle: Rainbrain
  • Mid: apaMEN
  • ADCarry: Rkp
  • Support: lillebelt

試合前にはRiot Games Japan 社長兼CEOの乙部一郎氏が挨拶を述べられ、選手たちへの激励と日本サーバのサービス開始についてのお話がありました。


今回の大会には優勝賞金の30万円や協賛企業から副賞としてVプリカから10万円分のVプリカ、ロジクールのゲーミングデバイスの他、Amazon.co.jpからはキャンペーン期間のロジクールの製品の売り上げの一部がアマゾンギフト券で贈呈され、最終的にはAmazon.co.jpで集まった賞金額は167万1392円となりました。


試合はBO5、Game 1とGame 3で勝利した「Rascal Jester」が先に王手をかけましたが、Game 4を「DetonatioN Focus Me」が取り返し、最終戦へともつれ込みました。
Game 5は「DetonatioN Focus Me」が勝利し、LJLの初代年間王者に輝きました。

ニコ生タイムシフト
【TGS2014】LJ LEAGUE Grand Championship 2014 (9/20) - 2014/09/20 10:00開始 - ニコニコ生放送





21日には「ALLSTAR」ではユーザーの投票によって選ばれた10人の選手が出場しました。

「Blue」
  • Top: AMUSE4
  • Jungle: Astarore
  • Mid: apaMEN
  • ADCarry: yumeoti
  • Support: Kazu

「Red」
  • Top: Aotaka
  • Jungle: Rainbrain
  • Mid: Ceros
  • ADCarry: Rkp
  • Support: Riosilva

試合はBO3、開始前には回線不調が起きるなどのハプニングもありましたが、2-1で「Blue」の勝利。

ニコ生タイムシフト
【TGS2014】LJ LEAGUE ALL☆STAR 2014 in Tokyo Game Show (9/21) - 2014/09/21 10:00開始 - ニコニコ生放送




試合終了後には来年度のLJLについて株式会社 SANKO代表取締役の鈴木文雄氏から説明がありました。

来年度は出場チームが4チームから6チームへと拡充

  • 今年LJLへと出場したチーム(解散した沖縄の虎を除く)にチャレンジャートーナメントで2回優勝している「DetonatioN Rabbit Five」を加えた4チームの出場が内定
  • 11月に残り2枠の出場権を決定するチャレンジャートーナメントを開催(詳細は近日発表)


リーグフォーマット

  • シーズンは3期から2期へ、来年度は2015年の1月24日(土)よりスタート
  • 全12週で10週のリーグ戦と2週のプレイオフ(準決勝はBO3、決勝はBO5)を開催
  • リーグ戦は毎週土曜18時から1日3試合(BO1)全試合を配信、開幕戦と決勝戦はオフライン
  • プレイオフはリーグ戦の上位3チームが出場、トーナメント方式で1位はシード
  • プレイオフの順位に応じてシーズンポイントを付与(1位 100pt、2位 60pt、3位 30pt)、2期のシーズンポイントを合計した上位2チームがGrand Championshipへと出場
  • 各シーズン終了時に5位と6位のチームは入れ替え戦を実施予定


WCSの日本語配信

  • 10月1日はWorld Championshipsのハイライト
  • 10月3日から決勝トーナメントを日本語で実況配信(eyes氏・revol氏)予定