2014年10月14日火曜日

Refer-A-Friend(フレンド招待システム)の変更が発表


新規プレイヤーを招待することでさまざまな特典がもらえる「Refer-A-Friend(フレンド招待システム)」が近々変更されることが発表されました。今後はGrey WarwickとMedival Twitchへ必要な招待数が引き下げられ、獲得可能な報酬の上限が設定されることになります。



Upcoming changes to Refer-a-Friend | League of Legends

League of Legendsの成長を促すために開始された「Refer-A-Freinds(RAF: 友達紹介プログラム)」ですが、BOTを利用したアカウントの育成および販売に悪用されるケースが増え、
以前はプライベートカスタムゲームで行われていたBOTを利用したアカウントの育成は最近ではDominionや新規プレイヤー向けのゲームモードで行われ、プレイヤーへ悪影響を及ぼすようになっています。

RAFを悪用しているプレイヤーはプログラム参加者全体の1.4%ですが、10人以上を招待したプレイヤーとなると70%に急増します。100人以上招待したプレイヤーではその99%が悪用しているプレイヤーです。
Riot Gamesとしては1人や2人のSmurfを作る程度のことについては特に問題視していない様子です。
RAFの問題点はその報酬が魅力的なことです。例えばGrey WarwickとTwitchはそれぞれ25人/50人の招待が必要となりますが、平均的なプレイヤーと比較した際に問題は明らかです。


上記を踏まえ、RAFには変更が行われます。
RAFに参加している大多数のプレイヤーが招待している人数は1名~5名であることを踏まえ、新しいRAFプログラムでは招待で報酬を受り可能な人数が最大で5名までとなり、招待した友人がlevel 10に到達するたびに1000 IP3名招待するとGrey Warwick、5名招待するとMedieval Twitchが獲得できます。

5名以上招待してもそれ以降の報酬はありません。またこれまでに招待していた数はそのまま引き継がれます。例えば、4名を招待していた場合にはGrey Warwickと4000 IPを獲得することになります。

この変更は一般的なプレイヤーに影響を与えるRAFの悪用への対策として行われるものであり、現在多数の新規プレイヤーを招待した人には全てのプレイヤーの体験を損なうことのない何かしらの措置を検討中とのことです。
また、アカウント販売、BOT、その他詐欺などについても調査を進めていく方針とのことです。