2019年7月20日土曜日

パッチ9.14の現状、ライズの現状、プレステージポイントの今後


7月19日付のMeddler氏の投稿より、パッチ9.14の現状、ライズの現状、プレステージポイントの今後についての訳です。

注意事項:以下の内容は今後の作業や計画を含みますが、将来的な実装を確約するものではありません。


原文
Quick Gameplay Thoughts: July 19


9.14

さまざまな範囲のチャンピオンたちやルーンなどに問題が潜んでいたため、9.14では非常にバグが多いのはご存知かと思います。現時点で多くの問題に対処を終えており、残っている問題にも優先的に対応していきます。パッチ当日に大きな混乱が起こったことをお詫びいたします。

バグは別として、多くの変更を行ったため、バランスの表面部分が非常に不安定になっているのも承知しています。昨夜にマイクロパッチでバランス調整を行いましたので、詳細はパッチノートをご覧ください。

https://na.leagueoflegends.com/en/news/game-updates/patch/patch-914-notes
訳注:日本公式 - パッチノート 9.14 | League of Legends

ライズ

ライズを変更してから少し経ちました。プロプレイでも少し姿が見られ、バランス面でさらなるフォローアップも行っています。変更後のライズについての見解を以下に述べます。
  • 統計的には、このバージョンのライズはプロプレイと通常プレイの両方で同時に、許容できる範囲に収め続けるのがやりやすいのではないかと感じ始めています。以前のように、少なくともプロプレイで圧倒的になることなく、ソロキューでのパフォーマンスが改善しています。
  • ライズはかつてバランス調整が困難だったため、強化には慎重なアプローチを取っていきます。もう少し強くできる余地があるかもしれませんが、激しい変化を起こしたいとは露ほども思いません。
  • 9.12以前に存在したけれど減らされてしまったメカニクスの最適部分を好んでいたプレイヤーたちから、不満の声が上がっているのも把握しています。このバージョンのスキルセットであれば以前よりもしっかりとバランスを維持できると確信していますので、こうした最適部分を削除したのは適切なトレードオフであるとの考えです。代償が生じたことと、以前の状態のライズを好んでいたプレイヤーにはつらいことになってしまったのは認めます。
  • ライズのRはプロや組織的なプレイでよく見られる、協調行動が得意なチームに大きな恩恵を与えるため、9.12以前も変更を議論しました。当時の結論は、Rはさまざまな状況でバランス調整するコストを増やしているけれど、問題の核ではないということでした。ライズのRは多くのハイライトシーンを生み出していますし、他チャンピオンとの差別化も大いに達成できています。

プレステージポイント

プレステージポイントとプレステージスキンの獲得方法について、このところ多くのフィードバックをいただいています。現在はこれらのフィードバックを精査し、問題に対処するための計画を検討中です。来週末にはこれについての新しいお知らせを発表します。