2015年9月7日月曜日

World Championshipへの全出場チームが決定


World Championshipへ出場する全16チームが決定しました。



北米代表

  1. Counter Logic Gaming
  2. Team SoloMid
  3. Cloud9



Counter Logic Gaming

SummerPlayoff優勝のCounter Logic GamingはSeason 2以来の2回目の出場。
Season2出場時のメンバーはDoublelift選手のみ。




Team Solomid

Championship point 通過のTeam Solomidはこれまでの5回全てのWCSに出場。
Dyrus選手は5回全てのWCSに出場(Season 1のみEpiK Gamer)。




Cloud 9

地域最終予選を勝利したCloud 9はSeason 3の初出場以来、3連続の出場。
Incarnati0n選手のみ初出場。




欧州代表

  1. Fnatic
  2. H2k-Gaming
  3. Origen



Fnatic

SummerSplit優勝のFnaticは4回目(Season 2以外)の出場。
YellowStaR選手は5回全てのWCSに出場(Season 1ではaAa、Season 2ではSK、Season 3-5はFnatic)。




H2k-Gaming

Championship point 通過は H2k-Gaming。
チームと所属選手全員が初出場。



Origen

地域最終予選を勝利したのはOrigen。
Niels選手以外の4名は過去に出場経験あり。




中国代表

  1. LGD Gaming
  2. EDward Gaming
  3. Invictus Gaming



LGD Gaming

SummerPlayoffを制したLGD Gamingは初めての出場。
Imp選手、Acorn選手は前回大会出場。




EDward Gaming

EDward Gamingは2回目の出場。
前回大会と同じメンバーはKoro1選手、Clearlove選手の2名。
Clearlove選手はSeason 2、Season 4に続き、3回目の出場。
Pawn選手、Deft選手は他のチームで前回大会出場。




Invictus Gaming

Invictus GamingはSeason 2以来の2回目の出場。
Season 2で出場した選手は Zz1tai選手とKid選手の2名。




韓国代表

  1. SK Telecom T1
  2. KOO Tigers
  3. KT Rolster



SK Telecom T1

Champions Summerを制したのはSeason 3王者、SK Telecom T1。
優勝当時のメンバーはFaker選手とBengi選手の2名。




KOO Tigers

Championship Point 通過はKOO Tigers。
PraY選手はSeason 2、Season 3に続き、3度目の出場。




KT Rolster

地域最終予選を勝利したKT Rolsterは初出場。
Nagne選手はSeason 3で出場経験あり。




台湾・香港・マカオ代表

  1. ahq e-Sports Club
  2. Flash Wolves


ahq e-Sports Club

SummerPlayoffを制したahq e-Sports Clubが2年連続2回目の出場。
前回出場の選手はwestdoor選手とGreenTea選手(Sub)の2名。




Flash Wolves

地域最終予選を勝ち上がったのはFlash Wolves。
Steak選手、Maple選手、NL選手、SwordArt選手の4名はSeason 3で出場したGamania Bearsのメンバー。




IWCT : Turkey


Bangkok Titans

東南アジアのGPL代表、初出場。
IWCTでオセアニア、トルコ、日本代表を破って出場権獲得。


IWCT : Chile





paiN Gaming

ブラジル代表、初出場。
IWCTでロシア、中南米を破って出場権獲得。