2015年8月15日土曜日

Wharf Ratの起源


Wharf Ratを作った経緯が紹介されています。


Origins of the Wharf Rat

Bilgewaterイベントが劇的な終焉を迎え、騒ぎが静まる中、恐ろしいながらも愛すべき小さな生き物、Wharf Ratを振り返ってみましょう。Butcher’s Bridgeは、サメ/ネズミの混合種を解き明かす、この物騒な生き物の創案を取り入れました。
なお、Wharf Ratのグロテスクな表現が苦手であれば、Poroの起源をチェックしてください!



Wharf Ratを最初に思いついた変わり者は?


Mark Gibbonsが、最初のコンセプトアートを作成しました。

Max "Beezul" Gonzalesが、このアイディアを練り、ゲーム内コンセプトに変えました。

Jue Wangが、そのコンセプトをPoroの原型モデルに重ね、Nick "Nickstravaganza" MatthewsとKevin Freemanのアニメーションにより命を吹き込まれました。



Wharf Ratのアイディアはどこから?


Bilgewaterチームは、初期に大きなジレンマを抱えていることを知っていました。BilgewaterのARAMマップやイベント全体において、Poroは砕けてGangplnakの船よりも早く灰になってしまうのは明らかでした。Poroの代わりが必要だったのです。

主に重要だったのは、Poroの果たしている役割をこの生き物が果たさなければならないことでした。――実際のゲームプレイから目をそらさず、記憶に残るような話し合いを重ねていきました。チームは、この生き物に命を吹き込み、大勢のPoroファンに受け入れられるほどの個性を持たせる必要がありました。

いくつかあった初期バージョンのPoroの代理人は、あまりにもかわいすぎました。――小さな足でよちよち歩くタコやセイウチのようなもの。チームは、怖いものではなく、荒廃や水辺の多いBilgewaterの土地にマッチする外見のかわいいものを必要としていました。

下に示すWharf Ratのコンセプトアートは、Riot創立チームによる初期のRuneterra調査(調査者を詳しく言うとFloraとFauna)による産物です。これがButcher’s Bridgeにぴったりでした。


Wharf Ratを生み出すまでどのくらいかかったか?


Poroと同じくらいで、Wharf Ratの基礎となる作品(初期のモデリングとベースとなるテクスチャ)の大部分は1週間で作られました。


その後、チームは怖いくらいかわいい生き物の洗練と改良という長期工程に入りました。


Wharf RatとRazorfinの関係は?


Poroとは異なり、このネズミは年齢と共に大きくなり、モンスター化します。成長したWharf Ratは、新しいBlack Market Brawlersゲームモードにいる4体のBrawlerミニオンのうちの1体――Razorfinくらい大きくなります!



Wharf Ratについて他には?

  • Wharf Ratは、薄汚く、機敏で、鋭い歯を持っている
  • ネズミより海コブラに近い
  • Wharf Ratの裏側を長く見続けられる者は誰もいない・・・が、できたとしても気持ちの良いものではないだろう
  • Wharf Ratは、サメのように泳ぎ、ネズミのように走ることができる。なので、安全な場所はどこにもない
  • Wharf RatもPoro-Snaxを好むが、大抵Poro自体を食べてしまう・・・Snaxのように
  • もしWharf Ratに出会ったら、自分の体を大きく見せること。そして、まずそうに見せること。さもなくば、あなたの遺言書が適切に認証されていることを願う
  • 港の労働者は、寝ている間にWharf Ratの餌食にならないよう、高めのベッドで眠る
  • Wharf Ratは、船底ライオンの宿敵
  • Wharf Ratは、毒のある毛で覆われた尻尾を持っている・・・ほとんどの人はそれを観察できるほど長く生きられないが
  • 昔、港のがれきを片づけていたことがある(実際のところ、彼らは何でも食べる)


悪意から生まれ 憎しみに目がくらむ
卑怯でうそつき そして待ち伏せ
邪悪な悪魔 ああ なんてことだ 歩き回ってる
下品なよだれ 食べないでおくれ



さて、PoroとWharf Rat、どちらをペットにしたいですか?