2015年8月9日日曜日

Bilgewaterの世界を知る


Explore The Worldの訳です。


THE WAREHOUSE


  1. Fallen Foes(倒された敵)
    なみいるライバルを倒すことなく、Bilgewaterを支配下に収めることはできない。
  2. お尋ね者、Malcolm Graves
    Malcolm Gravesは訪れた都市や国、あらゆる地域で賞金がかけられている。タフで強靭な意志を持つ彼は犯罪で大金を手に入れている(そしていつも失ってしまう)。
  3. Jagged Hooksの誓い
    Bilgewaterの波止場にいる年寄りの荒くれ者の一人。Gangplankに忠誠を誓った。彼らの名は、海のモンスター狩りで使う曲がった道具から名付ける。
  4. Silver Serpents
    Runeterra中の業者や商人、海賊は、毎日商品や財宝を載せて、繁盛している港を通る。金に見向きもしないのはバカだけである。コインにどの国の役人が描かれていようがお構いなし。しかし、Bilgewaterは、黄金のダイオウイカが描かれた独自の通貨を作っている。
  5. ハンドキャノン
    比較的安い。これらの再利用武器は波止場のギャング達に人気があり、盗賊や若い海賊の間でも普及している。
  6. 倉庫
    防波堤の端にあり、サメとカミソリ魚が群れる海域に三辺を囲まれ、残り一辺を凶暴な港のギャング、Jagged Hooksが守っている。Gangplankの倉庫は、世界中のあらゆる地域で手に入れた盗品と戦利品で溢れている。
  7. Crimson-Coil Dagger
    Gangplankの収集品であるこの素朴なナイフに巨額の金を惜しまずに払う人物がいた。所有者や作られた由来は不明である。
  8. The Bearded Lady
    街の周辺にある島の先住民からMother Serpentとも呼ばれ、Bearded LadyはBilgewaterの守護神である。彼女に関する伝説は、何世紀にも遡る。無謀な船乗りは、Bilgewaterに停泊させていた彼の船の上にある蛇の泉に、伝統的に捧げていた収穫物を投げ入れなかったのである。


THE SLAUGHTER DOCS


  1. Wharf Rats(波止場ネズミ)
    ゾッとするようなサメとネズミの混合種、この生き物は犬より大きく、闇夜に酔っぱらいや釣り人を捕食する。主に群れで移動し、人の足を容易に食いちぎる。
  2. 解体庫
    海中モンスター狩りが終わると、殺戮船団はこの解体庫に戻ってくる。そして、これら巨大な倉庫内で、モンスターを肉、骨、皮に解体する。Serpentから採取された皮や臓器、分泌物の売買がBilgewaterで栄えている。
  3. カードマスター、Twisted Fate
    Twisted Fateは、悪名高いトランプ詐欺師。彼の危険な賭けややり口は、世界中を魅了している。富裕層からも貧困層からも、恨みを買うと共に称賛を得ている。
  4. ガンドラ
    高台にあるこれらガンドラは、物品や海中モンスターの肉、骨、脂をサビたレールを渡って島々に輸送する。いくつかのガンドラには、面白い呼び名の大砲が取り付けられている。
  5. Sea Monsters
    巨大な海中モンスターは、Bilgewater周辺の海域で常に脅威となっている。何世紀にもわたり、産業は海中モンスター狩りにより発展してきた。この生き物たちが島に関心を持っているか不明だが、彼らの影響は無視できるものではない。
  6. 殺戮船団
    毎日夕暮れ時、船団は海中モンスターを狩りに港を出る。固有のシンボルと流派を持つ競合船の間には、常に争いが絶えない。
  7. Butcher’s Bridge
    かつてより寺院の入り口につながる古びた石橋は、いい加減に整備されてきた。現在は主に、食肉処理場とBilgewaterのスラム街をつなぐ役割を担っている。
  8. Tahm Kench像
    年老いたTahm Kench像は、Bilgewaterの至る所にある貪欲な貧民街の標識となっている。貪欲さと無法地帯のシンボル、そのRiver Kingの顔は、下品な趣味を持つ者の関心を集めている。
  9. 建築様式
    Bilgewaterは、自然の建築資源が不足しているため、やむを得ず住民は使えるものは何でも建築資源に利用している。はるか遠くのIoniaやDemacia、Freljordの建築様式でできた船の残骸がよく見られる。


THE DEAD POOL


  1. サメ生息海域
    Slaughter-docks周辺の海は、たびたび殺された海中モンスターの血で染まる。まき餌は、サメや他の肉食生物を呼び寄せ、港が激しく泡立つ。
  2. 戦利品
    強奪品や外海で勝ち取った戦利品を積んだGangplankの船が港に戻ると、まず初めにSlaughter-docksに停泊して、戦利品をキャプテンの倉庫に入れる。
  3. Gangplank、海の虐殺者
    残忍と同時に神出鬼没なGangplankという名で知られる自称略奪王は、卑怯な手口と恐怖、暴力でBilgewaterを支配している。彼の行く所は、死と破壊がついて回る。この悪名と悪評により、水平線にほんの少しでも彼の黒い帆が見えるただけで、屈強な乗組員をも震え上がらせる。
  4. The Dead Pool
    3本マストの巨獣、Gangplankの母船は、Runeterraで最大級の悪名高い船舶である。彼の冷酷な父親殺しを引き継ぐDead Poolは、その外観から恐ろしいキャプテンの力を思い起こさせる。
  5. 船頭
    Bilgewaterでは、死体は埋めず、海に帰す。船頭は、街を囲む海峡に散在する墓地に死者を運ぶ。
  6. Miss Fortune、賞金稼ぎ
    美貌と恐怖、そのどちらも彼女に勝る者はめったにいない。Bilgewaterの悪名高い賞金稼ぎの一人。彼女は、銃弾を大量に浴びた死体と捕獲したならず者の上に名声を築き上げた。港町にある悪臭のする波止場や浮浪者の掘っ立て小屋に彼女の双頭銃の音が鳴り響く。また指名手配者掲示板に貼られた逮捕状の賞金が払われるのだろう。
  7. 墓地
    墓地は、浮いている無数のブイで構成され、死者の死体によりつなぎとめられている。富裕層は、浮き沈みする墓石の下にある高価な水中棺桶に埋葬される。貧困層は、水に浸かったタルの下にある古いいかりに、ひとまとまりにつながれている姿がよく見られる。
  8. Serpent Caller
    魔法か古代技術のどちらかにより、Serpent Callerは、中が空洞の柱を使って、海中生物の叫び声や悲鳴を真似て水面に呼び集め、追い払う。