2017年7月15日土曜日

7.14パッチでのミッドパッチアップデートについて


2017年7月14日のMeddler氏の公式ボード投稿より、ミッドパッチアップデートについての部分の抜粋訳です。

原文
Quick Gameplay Thoughts: July 14

シンジドのミッドパッチアップデートについて


昨日にミッドパッチアップデートでシンジドを弱体化したのに多くの人が気づいたかと思います。彼の強化は予想よりも大きな強化になってしまったので、すぐにいくらか弱める処置が必要だと感じました。熟練したシンジドプレイヤーだけが上手く高パフォーマンスを引き出せるというなら緊急性は特に上がりますが、それだけではなく、変更を見てシンジドを触り始めた不慣れなプレイヤーたちも高パフォーマンスを叩き出したとなれば、緊急性はさらに大きく上がります。シンジドがより強い地位を得たことについてはうれしいですし、直近の変更もまさにそれを目指すものだったのですが、どのぐらいの強化であってもOKだったというわけではなく、今回は少しやりすぎでした。1パッチというそれなりの期間が過ぎた後、彼の状態についてフォローする考察をさらに行います。


ミッドパッチアップデート全般について


ミッドパッチアップデート(訳注:英語ではhotfix)という単語に不慣れな方のために説明すると、これは通常のパッチサイクル以外にさっとゲームに変更を加えるもので、新しいパッチのダウンロードはおおむね必要ないものです(サーバー側で完了します)。ミッドパッチアップデートにはいくつかのリスクがあり、バグとバランスの両面でテスト時間が少ないため、標準的な手段ではありません。緊急の問題が起こり、ミッドパッチアップデートが良い選択肢になりうる場合でもです。

私たちはミッドパッチアップデートをもう少し増やす計画で、ミッドパッチアップデート施行に起因するバグのリスクと、開発者たちがそれにかける時間の両方を減らすことのできる技術的な変更を最近確認したというのが大きな理由です。それでもミッドパッチアップデートがリスクのある手段だというのに変わりはありませんので、変更を実装するための標準的なものになるわけではありませんが、パッチ実装後のバランス調整やフォローアップを1~2回行う形になると思います。ここでの大きな目標は、私たちの期待よりも効果が大きすぎたものや小さすぎたものを調整すること(たとえば行き過ぎた強化しすぎや弱体化しすぎをすぐに修正する)です。テスト時間が限られているからと、パッチ直後には必要なことが十分わかっていないからという2点の理由から、こういった変更で問題が完全に解決するわけではありませんが。より長い時間をかけて詳細な解析を行う前に、一線を超えたケースを少し調整するという狙いがあります。