告 知

[公式情報リンク]

LoL日本公式サイト | パッチニュース | ユニバース | 公式ボード
LoL日本公式ツイッター | LoL日本公式Facebook
League of Legends Japan League | LJL公式ツイッター | LJL公式Facebook

[パッチ・メンテナンス情報]

7.6 パッチノート

[セール・フリーチャンピオン情報]

[その他]

チャンピオンマスタリーにレベル6、7が追加!
2017シーズンのゲームモード開放時間帯リスト
サーバー開設1周年。正式サービスをスタート!
旧クライアントからの完全移行について

[開催予定のイベント]

■ 【日本サーバー期間限定イベント】花見 ON THE RIFT 開花期間3/24~3/29 満開期間3/31~4/5

2015年12月1日火曜日

IWC All-Stars 2015で見る新たな流行チャンピオン


先日行われたIWC All-Stars 2015では、大規模な変更があったPatch 5.22が使用されていました。
既にLiveサーバーはPatch 5.23となってしまいましたが、未だ今回の変更に慣れていないという方が大多数だと思います。
今回はそういった方々のために、Patch 5.22以降から活躍しだしたチャンピオンとその理由を、IWC All-Stars 2015で使用されたチャンピオンの中からいくつか紹介していきたいと思います。



はじめに
  • 勝率、Pick/Ban率はIWC All-Stars 2015の5v5 Regional Matches(通常の5v5トーナメント)の統計を参考にしています。
  • マスタリーに関しての感想はプロや上位レートのプレイヤー、SoloQの統計を参考にしています(大会のマッチヒストリーが対応していないため)。
  • 行われた試合は計25ゲーム、使用されたチャンピオンは計60種類です。
  • 大会とSoloQでは環境が異なる上、出場しているプレイヤーによって情報が偏る事があるのでご注意ください。今後更に環境は変わっていくと思いますが、これからプレイする上で少しでも参考になればと思います。

[[Malphite]]
Pick11回、Ban10回でPick/Ban率は全体の84%。勝率は72.7%で、脅威のPick/Ban率と勝率を誇る。

全てTopで使用されており、ArmorとのシナジーやAS低下スキルがあるため、5.22環境下のTopではMalpihteに対して有効なチャンピオンが少ないのが強み。

Ultが強力でチームファイトが強くレーン戦も大抵五分以上に行えるため、SoloQでの勝率も高い。

今回ここまで活躍したのはPatch 5.22で軒並みAPアイテムが値上がりしたこと、Last Whisperが弱体化したことが影響している。Armorを積み、UltでADCに一気に詰め寄るMalphiteに対して対策がとりづらい環境であることが大きな理由だと思われる。

マスタリーは12/0/18でKeystoneはBond of Stoneを採用しているプレイヤーが多い。レーン戦で相手を倒すというよりも、味方と協力して戦うことを得意とするチャンピオンだからだ。


[[Jax]]
Pick6回、Ban14回でPick/Ban率は全体の80%。勝率は50%と、ずば抜けて高いわけではないが今大会で最もBANされたチャンピオンである。

全てTopで使用されており、物理ダメージと魔法ダメージをバランスよく持っている上、Eの通常攻撃無効スキルがあるため、同じFighterやTankに対して一度有利をとってしまえば手がつけられなくなる強さを持っている。

Patch 5.22ではGuinsoo's Ragebladeに変更が入り、コストパフォーマンスが非常に優れていたため、それと最も良く合うJaxはかなり強化されたといえる(Patch 5.23にて合成コストが300Gold増加)。

加えてEの通常攻撃無効スキルの仕様が変更され、通常攻撃に付与された効果すらも無効するようになったのも強化といえる(例:Renektonや DariusのWによるスタン、スロー付与)。

弱点が明確ではあるものの、それを有り余って強力なSnowball性能を持っているため、Banされながらも、しっかり対策を練っているチームが多く、勝率はそこまで高くならなかったのではないかと思われる。

マスタリーは18/12/0か18/0/12でKeystoneはほぼFervor of Battle一択。12をCunningかResolveのどちらに振るかは好みだろう。


[[MissFortune]]
Pick4回、Ban9回でPick/Ban率は全体の52%。勝率は75%と、全く使用されてこなかった今までと比べてかなりPick/Ban率と勝率を上げたチャンピオン。

全てADCで使用されており、スキルの使用感こそ変わっていないものの、全体の性能が以前よりも格段に上昇しており、単純な性能でいえば他のADCを圧倒している。加えてマナの問題がEssence Reaverの変更で解決し、現状SoloQではかなり勝率が高い。

IWCAでは2日目以降Pick/Banで急に見かけなくなった。理由としてはそこまで使用するプレイヤーが居なかったこと、飛び込んでくるTank/Fighterに対してBlinkが無いため対処が困難であったこと等が考えられる。

マスタリーは18/12/0か18/0/12でKeystoneはWarlord's BloodlustかFervor of Battleのどちらか。使用率でいえばWarlord's Bloodlustだが、Hotfixの入ってしまった今はFervor of Battleのほうが勝率が高く、序盤から有効なので強力かもしれない。


[[Lucian]]
Pick13回、Ban0回でPick/Ban率は全体の52%。勝率は53.8%と、以前のNerfからめっきり見なくなったLucianが今回のPatchで帰ってきた。

全てADCで使用されており、優秀なPassiveで序盤から強く、Blinkを持っている万能なADCとして評価が高い。

唯一の短所はUltがあまり強くないことだったが、強化された。Patch 5.22でLucianの変更はたったこれだけだが、マスタリーのFervor of Battleとの相性がとても良かったことが今回再び出てきた大きな理由の一つだと考えられる。

加えてEssence Reaverの変更でマナの問題が解決したこと、Rapid Firecannonの登場で射程の問題が解決したこと等、アイテム面の恩恵も多く受けたため勝率はかなり上がった。

マスタリーは18/12/0か18/0/12でKeystoneはFervor of Battle一択。先ほども言ったようにLucianの2回通常攻撃をするPassiveとの相性が非常に良い。


[[DrMundo]]
Pick7回、Ban13回でPick/Ban率は全体の80%。勝率は28.6%と、Pick/Ban率は高いのだが勝率がかなり低かったチャンピオン。

Jungleで6回、Topで1回だけ使用され、Jungleを回る早さと1v1性能の高さが人気の理由。

WとUltによって張り付ける上、Healthを多く積むため、新マスタリーのGrasp of the Undyingと非常に相性がいい。以前行われたEの強化、後半のTank性能の高さもあって非常に強力になった。

Gank性能はCCがQのスローのみであまり良くはないが、当て続けることで延々とスローをかけることができるため悪くはない。

最大の欠点はBlinkが無いところ。下手な行動を起こさない、Wardingがしっかりしているようなプロシーンで視界外からのGankができないのは非常に痛いが、SoloQなら別だろう。

恐らく今回勝率が悪かったのはGankがRek'saiやEliseに比べて難しい点、Blinkが無く立ち回りが難しい点の2つが原因と思われる。

マスタリーは12/0/18で、KeystoneはGrasp of the Undyingを採用しているプレイヤーが多い。Topで採用した場合、ダメージトレードが非常に有利になるので強力なのだが、Jungleに行く場合は単純にMundoにとって重要なHealthの底上げをしてくれるStrength of the Agesのほうが有効だろう。



各レーンの変化雑感



Top
Fioraは相変わらず強いものの、APアイテムと、Armor PenetrationのNerfによってTankが相対的に強くなった。今回はIWCAでそこまで使用されなかったので紹介しなかったが、Shenも強力。Patch 5.22でTeleportがNerfされていたが、持たないTop lanerはいなかった。


Jungle
プロシーンではElise, Rek'Sai, Gragasの三強であったが、Gragasは他2体に比べて今回のPatch 5.22であまり恩恵を得られず差が生まれたように思える。SoloQではやはりTank系のチャンピオンの勝率が上がってきており、Tankに対して強いTrundleの勝率も上がってきているところに注目したい。


Mid
特別強いチャンピオンというのはおらず、基本的に相手や自分のチームの構成によって色々な選択肢があるといったような状態。SoloQであればDeathfire Touchが猛威を振るっており、相性の良いBrand, Swain, AniviaのようなDoT持ちのチャンピオンが活躍してきている。特にAniviaはIWCAでBanが5回、Pickが3回されており、全て勝利を収めている。


ADC
強かったKalistaとJinxがNerfされ、特にJinxは今回のIWCAで一度も出てこなかった。Patch 5.22では多くのADCに変更が入り、今最も環境の変化が激しいロールだ。今回はLucianとMFを紹介したが、SoloQではStatikk ShivとRapid Firecannonの2つが持てるようになったことでVayneが非常に活躍している。Patch 5.23では更に調整が入り、Quinnの勝率が高くなっている。


Support
IWCAでは以前とさほど変わらずAlistar, Thresh, Tahm Kenchが活躍していた。MorganaもPickはされたものの、あまり勝率は良くなかった。SoloQでは新マスタリーWindspeaker's Blessingの登場によりHeal系Supportが活躍しており、今後のプロシーンでも使われる可能性は大いにある。