告 知

[公式情報リンク]

LoL日本公式サイト | パッチニュース | ユニバース | 公式ボード
LoL日本公式ツイッター | LoL日本公式Facebook
League of Legends Japan League | LJL公式ツイッター | LJL公式Facebook

[パッチ・メンテナンス情報]

7.6 パッチノート

[セール・フリーチャンピオン情報]

[その他]

チャンピオンマスタリーにレベル6、7が追加!
2017シーズンのゲームモード開放時間帯リスト
サーバー開設1周年。正式サービスをスタート!
旧クライアントからの完全移行について

[開催予定のイベント]

■ 【日本サーバー期間限定イベント】花見 ON THE RIFT 開花期間3/24~3/29 満開期間3/31~4/5

2015年11月3日火曜日

2015 World Championship Knockout Stage 決勝戦結果


2015 World Championship Knockout Stage 決勝戦の結果です。
優勝チームが決まりました。



全体の結果


今回の結果でSKTelecom T1の優勝が決まりました。



各試合の情報



URLからRedditに飛び、試合のBAN/PICKやMatch Historyの確認ができます。
Bo5です。


Final: SKT 3-1 KOO



リプレイ

2015 World Championship Finals - YouTube


1年を締めくくる一大イベントであるWorld Championship。
1ヶ月という長きに渡る戦いでしたが、優勝チームはSKTelecom T1となりました。
開始当初から優勝候補として上げられていた彼らでしたが、候補として上げていた人達の予想すらも上回る強さだったのではないでしょうか。
2013年での優勝チームである彼らは、今回で史上初Worldsを2度優勝したチームとなります。
優勝チームのために作られるTeam Skinは一体どのようなデザインになるのか、個人的に気になるところです。

予選であるLCKでもSKTに大きな差を見せつけられ、今回も苦戦を強いられると予想されていたKOO Tigersでしたが、最終的に1ゲームしか勝ち取れず、2位という結果になりました。
しかし逆を言えば、今大会で唯一SKTから1ゲームを勝ち取ったチームであるといえるでしょう。今回はただただ相手が悪く、なんとも惜しい結果だったと思います。

やはりというべきか、全体的にKRチームの活躍が華々しい大会でした。
3チームともKnockout Stageに進出し、かつ1位と2位を取り、他地域を寄せ付けない強さだったといえます。
しかし以前も言った通り、今回はNAとChinaが全く良い結果を残せなかったり、その逆で2枠しかないLMSからのチームが2チームともKnockout Stageに出場したりと、過去の結果からは予想できない事態が多く起こりました。
そんな中Worldsが終わって間もないですが、もう既に新たにチームが増えたり、多くのメンバー変更が行われたりと大きな変化が起こっています。
来年のWorldsはより一層、予想外の出来事が多く起こることでしょう。非常に楽しみです。

自分用にと作り始めたWCSの結果まとめ記事でしたが、皆さんにも活用していただけたでしょうか。
また機会があればこういった記事を作りたいと思います。それではまた。