2015年10月16日金曜日

続・実況・解説・アナリストに聞くWORLDS PICK'EM!!


前回から引き続き、実況・解説・アナリストの方々にノックアウトステージの予想を聞きました。



熾烈を極めるLoLの世界大会、2015 WORLD CHAMPIONSHIP。
多くの波乱を見せたグループステージを終え、舞台はノックアウトステージへと移ります!

グループステージから引き続き、日本のキャスターやアナリストの方々へ今後の予想と注目点を聞いてみました!


以下、アルファベット順で掲載。



Aotaka's PICKS 


元Ozone Rampage所属のTOPプレイヤー。現在はLoLの解説・キャスターとして活動中



Aotaka's Picks | Worlds Pick'em |

グループステージを終え、印象に残ったシーン


Group Stage Day4 C9 vs FNC 戦のballs選手のPENTA KILLです。

優勝候補の一角と見られているFNCを相手に、一時はかなりの劣勢となりつつも最後に試合を逆転する素晴らしいプレイを見せてくれた為、非常に心に残っています。

また、balls選手は大会前に韓国で行っていた合宿の際にSoloQでレートが上がらず、コミュニティから疑問の声が上がっていたり、バッシングを受けたりしていた中、試合を決めるプレイを見せてくれたというのも理由の一つです。



Pentakillは動画時間53:30あたりから

優勝チーム予想、その理由について


SKT1 Telecom(韓国)です。


以前まではFaker選手のパフォーマンスによってチームの勝敗が左右されていましたが、今大会ではチーム全体として隙が無く、Faker選手が上手く育てない場合は、Top/ADCを第2、第3のCarryとして育てるというのが上手くいっていると思います。

特にTopのMaRin選手は今大会のベストプレイヤーと言っても良い程の働きをしており今後の試合でどのようなプレイを見せてくれるか非常に楽しみです。




eyes’s PICKS


LJL専属実況者:Shout Caster



eyes1015's Picks | Worlds Pick'em

グループステージを終え、印象に残ったシーン


試合内容よりもメタの進み具合が印象に残っています。

特徴的なのはTahm KenchやKennen等がかなりの確立でPickBANされている点でしょうか。
次のBO5まで時間が空くのでどういった対応策が出されるのか、更にはメタがより進化するのか。
職業柄、ここに注目してしまいますね。


優勝チーム予想、その理由について



優勝チームは、ズバリSKT1 Telecom(韓国)でしょう。


グループステージを無難に1位抜け、更にはトーナメントの場所もいいという運も持っていますね。

弱点という弱点が存在しないチームと言えるので、どう勝つのか、勝てるチームがあるのかに注目です。



Maa’s PICKS


DetonatioN所属、LoLの解説・キャスターとして活動中



Aozora Nico's Picks | Worlds Pick'em


グループステージを終え、印象に残ったシーン

Group Stage Day8 AHQ vs C9  

前日までにTSMとCLG, NA勢のグループステージ敗退が決定し、残るC9に唯一望みをかけていたファンも多かったと思います。

初週を3連勝で終え、華々しい活躍を見せたC9のグループステージ突破は、容易に見えた。
だが二週目を迎えたC9は、ただの一勝も上げること無く、グループステージ敗退を余儀なくされた。

二週目、初戦のFnatic相手には惨憺たる負け試合。
そこで魔法のヴェールが剥がれたか、AHQにもIGにも白星を得ることは出来ず、遂に迎えたタイブレークマッチ。
多くのファンの祈りも虚しく、ついに彼らの道は繋がらなかった。

過去、アジア勢を前に辛酸を嘗め尽くしたNAの競技シーンも、C9の台頭から著しくレベルを上げたと思う。それでも尚、彼らは最強から程遠いところにいるのだろうか。

それでも私はNAのチームが、選手が大好きなのだ。
来年こそは、WCSで歓喜出来ればと、そう思わずにはいられない。



予想を別にして応援しているチームはありますか?


Fnatic(EU)



優勝チーム予想、その理由について



シーズン1の栄光を、今再び。 

判官贔屓なのかも知れない。

決して今のFnaticが弱いと言うわけではないが、NAもEUも優勝争いからは蚊帳の外という時代があった。

その時代の不遇さを考えれば、Fnaticを応援したくなる


(でもやっぱりSKTが優勝すると思うよ)




Revol’s PICKS


LJLの専属解説者



revol's Picks | Worlds Pick'em

グループステージを終え、印象に残ったシーン


BKTがEDGを追い詰めた試合ですかね。
序盤から中盤にかけて大きな有利をとったことに驚きましたし、ワイルドカードに参加する地域の可能性も感じました。





予想を別にして応援しているチームはありますか?



Fnatic(EU)EDG(中国)を応援してるのですが、いきなりトーナメントの初戦であたってしまったのが残念です。

必ずどちらかのチームが準決勝に進むと考えると、悪くはないのかもしれませんが。


優勝チーム予想、その理由について



SKT(韓国)でしょうか。


KTも優勝候補に入ると思いますが、中盤におけるミスが散見されるのが気になるところです。
SKTに関してはGroup Stageでみせてくれた圧倒的な強さと底知れなさが理由になっています。 




Trickster's PICKS


元Salvage Javelinのアナリスト、現在はLoLの考察ブログを執筆中



TS Trickster's Picks | Worlds Pick'em


グループステージを終え、印象に残ったシーン



試合自体ではないのですがSKTvsBKTの試合後、MaRin選手がBKTのメンバーに挨拶をうながしたシーンですね。 

プロなら敗者は去るのみ、という美学を持つ方もいると思いますが、全敗ながら足掻き続けた彼らと応援し続けたファンの事を考えたプロらしい行為だと私は思います。

 世界的強者のSKTからエールのバトンを受け取って、来年はもっと強く逞しくなっていることでしょう。
そして、力を増した彼らに日本代表がもう一度立ち向かっていく日もまた、楽しみですね。


予想を別にして応援しているチームはありますか?



台湾の2チームです。


さすがに8強ともなれば相手は徹底的に研究してきますしここまでで疲弊している部分もあると思いますが食らいついていって、一つでも先のコマに進めればいいなとささやかながら応援しています。


優勝チーム予想、その理由について



SKTは現状無敗という状況ですが、手の内を見せたのはMaRinのRenektonとEasyhoonのKarthusだけですから、その5倍は策があると見て良いでしょう。

そしてFakerはこれを書いている間にも練習しています。

SKTの練習量と練習の質で敵う相手はいないと思いますので、Worldsの魔物に取り憑かれないかぎりSKTが必然的に勝つでしょう。





なんと、全員がSKT1 Telecom(韓国)の優勝予想という結果になりました。

グループステージで見せた圧倒的な強さに加え、手の内をまだまだ見せていないという点が大きな理由となっているようです。

とは言え、Worldsに住む魔物は予想もつかないような展開を巻き起こすかもしれません。

グループリーグでは正に波乱の連続で、海外の著名な方であっても正確な勝利予想は非常に難しかったようです。



そして現在の時点で、全世界で52人のみが完璧なPICK'EMを成し遂げています。

この後、いったい残り何人がProphet(預言者)と成りえるのか楽しみですね!!



1戦たりとも目が離せない、ノックアウトステージは日本時間10月16日午前1時スタートです!


公式サイト:World Championship | LoL Esports




ここからはPICK'EMとは関係ありませんが、2015 World Champonshipを最後に引退を発表している、Team SoloMidのDyrus選手について私の個人的なお願いでコメントを頂いくことができましたので、掲載させていただきます。



Aotaka氏


Season1から5,6年間常に世界のトップレベルで戦い続けるというのは本当に凄いことだと思いますし、今まで数え切れないほどのバッシングを受けながらも、

TSMの看板選手としてプレイしてきたDyrus選手には尊敬の念を抱きます。


Eyes氏

Dyrus選手の引退についてLoLをS1からやってる自分としては配信をかなり見ていた事もあり悲しく思います。

彼はLoLのシーンが発展していった中でも先駆者のプロプレイヤーだった。
一つのシーンが終わり次のシーンが作られる分岐点になったのかと痛感しました。

今後どういった形で活動をしていくのかわからないですが、今後の活躍を期待しています。



Maa氏

既存メンバーでTSM最古参だったDyrus。
Chaoxとの別れを迎えるVideo Blogを観た時には、私も共に涙を流したよ。
Xpecial, TheOddOne, Reginald, Dyrusと共に戦ったみんなが私の憧れだった。

こうしてまた一人、偉大な英雄がリーグを去る。

この別れは、何度味わっても悲しく、辛いものだ。

これからの彼の未来に幸あらんことを祈る。お疲れ様、Dyrus。



Revol氏

彼のプレイを初めて観たのはS1のWCSでした。
Singedで自由気ままに動き回っていたのが印象に残っています。

彼が試合をCarryするということはなく、むしろ黒子に徹していましたし、さらにはいくつかの大会では酷いスコアでやり玉に挙げられていました。そんな中でもこれだけファンが多かったのは、地道に練習を続け成果を出してきたからでしょう。その職人のような姿勢と時々提供してくれる微笑ましいエピソードもあいまって非常に魅力的なプレイヤーだったと思います。

彼が引退することは非常に残念ですし、まだ現役を続けてほしいと今でも思っています。
ですが彼の言うとおり、新たな段階に進むときがきたのでしょう。Dyrusの今後の活躍と、そして彼がいなくなった後のNAのTop Laneを楽しみにしています。


Trickster氏

私はS4からLoLを始めたので以前のことは分かりませんが、語り継がれる数々のエピソードや選手たちの尊敬の眼差しを見るに、選手としても人間としても優れた方だったのだな、と思います(家は燃えましたが)。

彼自身の人生はまだ半世紀くらいはあるわけですから、どうか仲間たちと笑顔で過ごしてほしいと思います。


TSMの公式からもロースターの変更が正式に公表され、選手としてはもう見ることができないのかもしれませんが、ひとりのファンとしては今後もLoLやeスポーツに関わっていってほしいと願っています。

現在、彼は連日Twitch.tvで配信を行ってますが、視聴者数は3万~5万人という規模になっており如何に彼が慕われているのかを物語っています。


༼つ ◕_◕ ༽つ Dyrus take my energy ༼つ ◕_◕ ༽つ