告 知

[公式情報リンク]

LoL日本公式サイト | パッチニュース | ユニバース | 公式ボード
LoL日本公式ツイッター | LoL日本公式Facebook
League of Legends Japan League | LJL公式ツイッター | LJL公式Facebook

[パッチ・メンテナンス情報]

7.6 パッチノート

[セール・フリーチャンピオン情報]

[その他]

チャンピオンマスタリーにレベル6、7が追加!
2017シーズンのゲームモード開放時間帯リスト
サーバー開設1周年。正式サービスをスタート!
旧クライアントからの完全移行について

[開催予定のイベント]

■ 【日本サーバー期間限定イベント】花見 ON THE RIFT 開花期間3/24~3/29 満開期間3/31~4/5

2015年8月10日月曜日

JUGGERNAUTS : GAMEPLAY UPDATE


Gameplay Update、Darius, Garen, Skarner, Mordekaiser の4体についての変更が発表されました。



Gameplay update: juggernauts | League of Legends

プレイヤーのみなさんが今後数パッチに渡って目にするであろう非常に大きな変更に備えるために私たちの考えを述べたいと思います。
端的に言うと私たちの目標は以下の通りです。

  • チャンピオンに応じて全ての試合が別なものと感じること
  • チャンピオンをそれぞれ別のものと感じること

ここでは主に2つめの目標について話したいと思います。
全てのチャンピオンにはテーマとアートに加え、固有のゲームプレイを通して、それぞれが違うものと感じて欲しいというものです。

中には既に個性を発揮しているチャンピオンもいます。Blitzcrankは良い例でしょう。彼が試合にいると両方のチームに大きな影響を与えます。あなたのチームメイトはグラブを成功することを待ち望んでいますし、一方で敵チームは前衛のチャンピオンが掴まれるようなポジショニングをします。なんといっても、ロケットグラブは1人にしか効果のないスキルなのです!

Gnarの怒りメーターやYasuoのWind Wallなどは他の大勢のチャンピオンへ似たような影響を与えます。しかし、率直に言って、DariusとGarenのようなチャンピオンは他のチャンピオンに対して影響を与えることもなく、プレイしても同じようなものとなり、どちらが優れているかというところに行き着きます。結果として誰がプレイしても一緒で(バワーバランスでの違いはあるにしても)似たような試合になってしまいます。私たちが今回のアップデートで解消したいと考えている主目的の1つです。

過去にチャンピオンのバランスを取るとき、強いところを弱くし、弱いところを強くするという内容で変更していました。ここではそうすることはしません。代わりに各チャンピオンの強いところ、弱いところをより入念に再検討し、同じロールの他のチャンピオンとの違いを際立たせることにしました。

一度に全てのチャンピオンは洗い出すのではなく、他のチャンピオンと戦術と戦略を共有するチャンピオンおwグループ別に分けて検証する予定です。個別に分けることによって、グループにおける不適切な部分が修正可能となります。最初のグループについては、名前を「Jaggernauts」と名づけました。

注意: 以下の変更は強化のように思われるかもしれないが、私たちはただ強くしたいというわけではなく、強さを彼ら固有のアイデンティティである彼らの射程内であるTanky melee carryの部分にフォーカスしたいと考えています。Patch Noteでより詳細な情報を確認できることになるとも思いますが、私たちは完全な変更点のリストを掲載しない意図を伝えたかったのです。

JUGGERNAUTS

Nasus, Darius, Gare, Skarner - これらのチャンピオンを聞いて思い浮かべるのは - 力強さ、耐久力、機動力の欠如、そして近接。彼らはリーグにおける巨人のような存在であり、終盤、Super Tanky Carryとなった彼らは目の前に立ちふさがる愚かなる者共を踏みつぶして行くことでしょう。Juggernautの代表とも言える存在のNasusは終盤には全てを破壊するマシーンのような存在です。典型的なレイドボス的な存在である彼は近接射程以外ではその力を奮うことを出来ず、近づくにはSivirのOn the Huntのような速度増加スキルやMorganaのQのようなCrowd Controlスキルに頼らざるをえません。しかしながら、一端、彼が距離を縮めた場合にはトレードマークのSiphoning Strikeの力を解き放ちます。

Peel能力と強さのバランスがmelee carryにおける良い妥協点であり、それぞれのチャンピオンの持つプレイスタイルに繋がります。今回のアップデートで私たちがNasusと同じ"戦術的余地"(他にも数体いますが、最初は4体に絞りました)があるJuggenautたちについて見ていきます。


これらは大きな変更であり、予告なく変更されかもしれませんが、私たちはみなさんに私たちがJuggernautsの個性と違いについてどのように見ているか、似たような立ち位置にいるチャンピオンの多様性についてどのように検討しているのかを見ていただきたかったのです。私たちは他のtanky melee carryたち(特にShyvanaとOlaf)についても検討しており、チャンピオンの領域を超えてより広い範囲で検討をしています。繰り返しになりますが、私たちの目標はこのゲームの全てのチャンピオンにピックされる理由を与え、どの試合も他にない素晴らしいものにしたいのです。

- Ezreal , Lead live designer

※個別チャンピオンの変更については別途記事作成予定