2015年6月18日木曜日

Botを使用して生成されたアカウントの大規模BANが実施


先週、行われたチーターに対する大規模BANに続き、Botを使って生成されたアカウントの停止処分を実施することが発表されました。



Bot Bans Incoming

フォーラムにおいて、The Wolff氏がBotを使って生成されたアカウントの摘発を行うと発表しています。
同氏は対策を取られないようにbotを検知した方法について詳細については説明できないとした上で、完全に消えるわけではないものの、botとの遭遇率は少なくなるだろうと発言しています。

また、botを使って生成されたアカウントを購入した場合も今回のBANの対象とのことです。

Botを見かけた場合にはゲーム終了後に、"Intentional Feeding"や"Refused to Communicate with Team"などを選択して、"suspected bot (botの疑い)"とその理由を添えて、レポートしてください。