2015年5月3日日曜日

人気ライトノベルシリーズの作中にLoLが登場


5月9日発売予定の電撃文庫「僕と彼女のゲーム戦争8」の作中にLeague of Legendsが登場しています。



作中では、LoLは「全世界で六七〇〇万人がプレイするゲーム」と紹介されており、主人公たちが実際にLoLに挑む様子が描かれるようです。

当書には1/31、2/1行われた電撃文庫「僕と彼女のゲーム戦争」×ゲームクラブ eスポーツMaXコラボ企画「League of Legends オンライン大会」の優勝特典として、優勝チーム「Apex R Gaming」のチーム名と出場した5名のサモナーネームが登場します。

また、LoLを取り扱うにあたってはライアットゲームズの協力、そして「DetonatioN FocusMe」所属のCeros選手による指導・監修があったことを著者の師走トオル氏がご本人のブログTwitterなどで公表されています。