2015年5月16日土曜日

FnaticにRekkles選手が再加入


EU LCSチームのひとつ、FnaticにRekkles選手が再加入しました。


FNATIC.com: The Return of Rekkles

Rekkles選手からの声明は以下の通りです。

私がプロとしてのキャリアを歩み始めた場所であるFnaticに、私とチームの目標である「World Championship優勝」を果たすという野望を胸に戻ることを発表できて、とてもうれしく思います。

2015年の、Elementsへの加入は自分の決断でしたが、私が望んだものにはならなかったと言ってよいでしょう。それでも、人として、プロのLeague of Legendsプレイヤーとして、両方の自分を成長させてくれたことについては、感謝してやみません。最終的に様々な問題があって上手く行きませんでしたが、Elementsの運営と選手たちに対しては尊敬の念を抱いています──みんな、素晴らしい方々です!

立ち去ってからそう長くない組織から、復帰のオファーを受けるというのは、簡単な決断ではありませんでした。しかしながら、私たちがまだ同じ野望と情熱を抱いているという結論に至るのは早く、チームがその夢を実現するために私ができることは、オファーを受けることしかありませんでした。Fnaticへの再加入は、家に帰るような感じがします。以前サポートをしてくれていた、友人でもあるYellowstar選手、それに他の才能あふれるチームメイトたちと合流して、世界最強のチームとなる唯一のチャンスを得たように思っています。

Elementsの今後の健闘を祈りたいと思います。また、私のでこぼこしたキャリアをずっと見守り、支援してくれている皆さんに、心から感謝を述べたいと思います。数日後には、ベルリンにあるゲーミングハウスでFnaticのみんなと暮らし始めます。ゲームに戻るのが楽しみでしかたありません。それまでは少し配信を行いたいと思いますし、RedditでのAMAも予定していますので、楽しみにしていてください。

Rekkles選手の加入に伴ってサブとなったSteeelback選手の声明は以下の通りです。

この4ヶ月間は私にとって、個人としてもプロ選手としても信じられない経験でした。この旅を始めた時に比べて、とても大きく前進したように感じています。今シーズンに私たちが達成したことについても、とても誇りに思っています。私たちは目標を達成し、最高の瞬間を味わいました。このメンバーの中にいられてとても幸せですし、次のシーズンに彼らがどんなことをやるのか、楽しみでなりません。彼らはすごい努力家たちですし、ベストを尽くすでしょう。

ソーシャルメディアで私に接し、支援してくれた皆さんに感謝したいと思います。皆さんがいなければ、私はここまで来られなかったでしょう。今、私は練習を続けています。私はこのゲームが本当に好きで、他の選手と競い合うのが大好きです。この情熱をもって、もっと上達できるよう毎日がんばります。少し経てば、私の今後についてはお知らせできると思います!

サポートにしてチームキャプテンであるYellOwStaR選手の声明は以下の通り。

まず何よりも、全く新しいチームでシーズンを始めるのは、簡単なことではありませんでした。2年間同じチームで過ごした後には、特に。

私はこの試練を正面から受け止めることにし、才能あふれる選手でチームを構成するチャンスだと捉えました。彼らは自分たちの本当の力を証明したがっていて、ゆっくりと成長し、ヨーロッパで輝くチームになっていきました。

私はこのロースターがこんなに上手くやれるとは思っていませんでした。そのことは認めなければなりません。私たちが練習を始めた時、自分たちのポテンシャルはわかっていましたが、私たちはゲームの中だけでなく、特に若い選手たちは振る舞いの面でも恐ろしい速度で成長していきました。ステージ上でのプレッシャーの扱い方、大規模なイベントでのとても多くの観客との付き合い方、世界最強のチームたちに対して彼らが見せたプレイのレベルの高さ。まだ感銘を受け続けています。新しいチームを作るにあたり、力を貸してくれた運営、コーチ、選手の全員に、私は感謝し続けています。

本日、Martin選手が戻ってくることを発表できてとてもうれしく思います! 昨年、Martin選手はチームの中で私が一番頼りにしていた選手であり、努力家で、ゲームに一身に打ち込んでいて、競技者としての私たちの最終目的を達成するために必要な、全ての要素を備えています。

彼は2チーム間を行き来したことしかありませんが、新しいチームで他の選手とプレイして、大きな経験をしてきました。私はそのことが間違いだったとは思いません。結局は、誰もが生きながら学ぶのです──これは私がeSportsで過ごしてきた期間についても言えることで、いっしょにがんばってきた人々に対する感謝は、とても大きくなっています。

ひとりの友人として、そして選手として、彼の献身とパフォーマンスの見込みは、私を感動させ続けていると、十分な確信を持って言わせてもらいましょう。正直なところ、私は彼にもうこのチームを離れてほしくありませんが、無理強いすることはできません。チームとコーチのおかげで、Steelback選手はポジションに要求されたことを大きく果たしてくれました。シーズンを通して彼は本当に進歩しましたし、彼がそうなれたことについて、とてもうれしく思っています。

しかし、現時点での私たちの視線の先はヨーロッパ最強ではありません。Rekkles選手を入れることがチームの改善になる、と現在のロースターが決断した理由がこれです。この変更が私たちの望みをさらに高く押し上げ、今年のWorlds優勝という目標の助けになると、私たち全員が信じています。
なのでどうか、Fnaticファミリーへの彼の帰還を暖かく迎え、私たちの決定を信じていただけないでしょうか。
同時に、ポジティブな姿勢と、豊富なモチベーションに、進歩しようとする意志から多大な努力を行ったSteelback選手にも、感謝を述べたいと思います。彼は個人としての改善を目指すためにとてもよくフィードバックを受け入れてくれて、彼との生活は本当に楽しいものでした。彼がそばにいると、とても楽しいのです。
今後の幸運を祈りたいと思います!

支援し続けてくれている皆さん、ありがとうございます。私たちの成功に力を貸してくれたのは、皆さんです──皆さんが成功を願ってくれることこそが、本当に私たちの力になるはずですから。

参考リンク
Fnatic - eSportspedia - League of Legends eSports Wiki