2015年2月22日日曜日

Reddit訳: Basic ADC Strengths/Weaknesses


redditの投稿、「Basic ADC Strengths/Weaknesses」の訳となります。

Basic ADC Strengths/Weaknesses : leagueoflegends

TL:DR VayneでRyzeの相手をするな。

Ashe

長所:AsheはADCの中では最もユーティリティに長けています。スローとClairvoyanceの組み合わせは、長い射程とあいまって、レーンを非常に安全にするでしょう。加えて、UltはPickやエンゲージ、またはディスエンゲージ(もっと良い使い道があるとは思いますが)と様々な用途に使用出来ます。レベル1では、Leashの為にクリティカルを消費しなければ、見かけによらず(見た目どおり)強力です。

短所:ユーティリティと引き換えに、比較的他のADCのような素のDPSに欠けています。もしも、ダメージ源が、1人(あなた)だけなら、ピックしない方がよいでしょう。

ピックする場合:少なくとも、Mid/Topに2人のキャリー(例、Jax/Cass/Nasus、LB/Karthus等)がいる時。

Caitlyn

長所:射程、罠、passiveを備え、レーニングが強力です。また、高いウェーブクリア能力と射程、Ultでのポーク力(Pick/Push構成で使用されます。そのようなチームはMorg/Cait/SyndraなどをPickして、MorgかSyndraが敵をstun等の状態にするまでsiegeを行い、一気に敵を倒します)。最後に、終盤の彼女はとても優れています(逃げスキル、650の射程距離、Passive)。

短所:私は彼女を……丸くなったTristanaとして見ています(すなわち、序盤は強く、中盤に弱く、終盤強い)。レーニングは明らかに強力ですが、同じように中盤の弱さに悩まされます。二種類のNukeは負けていた場合、あまり効果が無いものとなるでしょう。また、あなたのチームが、Siegeの為の構成でなかったら、彼女のsiege能力を生かすのは難しくなります。言ってしまえば、ほとんど無力です。この点は技術にかなり左右されますが、少しall-inに弱く、彼女のULTやPokeで他のレーンをダウンさせる以前のAll-inはかなり平凡です。

ピックする場合:序盤にプッシュする構成、Pick構成。レーンでVayneを泣かせ、怒らせて、afkさせたいとき。

Corki

長所:彼のNukeにより、レーン戦は非常に強力で、Triforceとのシナジーにより、中盤は非常に強力です。もし、彼がTriforceを得た時には、恐らくマップ上で最も強いチャンピオンでしょう。彼のシージ、1対1、集団戦、タワーの獲得、全てにおいて並ぶものは無いでしょう(議論の余地はあると思いますが、彼は確かに、これらに優れています)。彼はSnowball/Midgame構成で最大限の役割をこなします。

短所:彼は終盤に於いて幾つかの理由で失速します。一つは彼の基礎ASとAS per levelが酷く低いからです(ASの増加が不足するようになっているのです)。終盤、彼は単に多くの致命傷を与えることが出来ません。これはTriforceがコアアイテムであることから、ASとクリティカルが少なくなるのです。他の短所は彼のNukeが他のNuke(Graves等)と比べるとアイテムによるスケールが低いためで、彼のビルドにふさわしいmagic penを取り入れるのを難しくしています。

ピックする場合:中盤でsnowballする構成……ですが正直、SoloQでは彼はとても多才なことが出来るPickです。もちろん彼は減退しますが、それほど問題ではありません。

Draven

長所:彼のレーニングは凶悪です。非常に凶悪です。彼の斧は序盤にタダでBFを持っていようなものです。彼が実際にBFを持ったときは更に酷いことになります。中盤、終盤もまた強力です(Wの40%のAS増加は斧によってCDがリセットされ、ノックバック/ノックサイド?を持ち、グローバルNukeがあります)。彼はどんなlaneでも「勝たなくてはなりません」、snowballの可能性は全て、passiveによる莫大な報酬にかかっています。レーンでの勝利->試合に勝利、です。

短所:彼の馬鹿げた力にはコストがかかります。彼は時間制限を有しています。6つのアイテムが揃ったときには彼はpassiveを失うことになります。それにより、他のADC達に比べて弱くなってしまうでしょう(思いつく限りでは、より優れたpassiveとして、Trist,Cait,Twitch,Kalistaなどが挙げられます)。彼はまた、アウトプレイすることがやや容易であり、DPSを維持するか、ポジショニングかの選択を迫られます。神がかったDravenは命取りですが、多くの人にとって、彼はスノーボールをして、他のADCに追いつかれる前にゲームを終わらせる必要があります。もちろん彼は斧のダメージとADの増加を維持しようとするのですが、そのことにより6アイテム揃った段階での弱さが、彼を負かすのをとても簡単にしています。

ピックする場合:スノーボール構成、または相手にダイブ能力が欠けているとき。それか他のADCが嫌いで彼らをAFKさせたいとき。

Triforce Ezreal

長所:彼は本質的に、Corkiと比べて中盤でのダメージが低く、機動力が高めです(彼にNukeのスケールがありますが、それほどでもありません。Corkiの方がバーストが出ます)。終盤ではpassiveで得られるASにより、Corkiよりも遥かに強力になります。とても多才なことが出来るピックで、ほぼどのような構成にも合うので、ファーストピックに良いでしょう。

短所:負けていると全く役に立たなくなってしまいます(多くのsnowball/Triforce/midgame/チャンプがいる場合)。遅れを取れば、彼のQが防がれてしまうだけではなく、とても弱くなります。ウェーブクリア能力の欠如(彼のUltのタイマーをないがしろにして、時間の引き延ばしに使用するチーム)はタワーハグを難しいものにします。彼はまた、有能なチームに対して十分なダメージ源になれないとき、ハードキャリーをするのに問題になり得るでしょう。

ピックする場合:「なんてこった。ファーストピックADCで、こっちがどんな構成か分からないぞ」

Blue Ezreal

長所:同じくPoke、機動力(彼のブリンクのCDはQがあたる度に減少します)そしてほぼ永久的なスローです。

短所:負けているとTF Ezよりも弱くなります。だいたい3つのアイテム(Muramana,IBG,LW)がそろうまでは、彼は中盤、全く役に立ちません(クリティカルによる大きなダメージもなく、ポークやバーストも無く、Asheのようなユーティリティもありません)。彼はまた、運用するのに、IE/PDを持つキャリーと比べ、出すダメージが低く、中盤で失速しやすいです。これはBlue Ezをとても限定的なピックにしているのですが、適した状況においては非常に強力なピックです。

ピックする場合:ポーク構成。または既にダメージ源が十分ある場合。それか楽しみたいとき。BlueEzはとても楽しい。

Graves

長所:とても力強いNukeとpassiveによる硬さにより、強力なレーニングフェイズを可能にします。BFswordを持ったときのパワースパイクは、QRでの多大なバーストにより、敵を用意に潰すことが出来る絶対的な力を持っています。また、彼のスモークは、おそらく一番のユーティリティスキルです。時には、終盤でも強力になります。もしも、quickdrawを逃げるために使わず、ASの為に使うならば、彼はとても強力です。

短所:レーンでall-inする際にはすばらしいのですが、ポークをするレーン(Cait)にはむしろ弱いです。彼の持ち味はall-inで発揮され、射程の短さという弱さを相殺していると考えられます。しかし、All-inを取り除いて彼を平凡な射程を持ったADCとして用いると少数のHeadshot(訳注:caitのpassive名)で容易にPokeを受け、倒されてしまいます。この弱点に加え、彼がもしゾーニングされたときには、Passiveのstackを失ってしまいます。彼はまた、彼の基礎ASが非常に悪い為(Corki程では無いですが)終盤に失速しやすいです。

ピックする場合:AoE構成がよいです。正直に言って多才で、多くの構成に対して合いやすいです。

Jinx

長所:安全なレーニング(優秀なPoke、罠、スロー...Caitを思い出しませんか)すばらしいSiege、そして強力な終盤です。AS増加をスタックすれば、ADCの中で最もタワーを破壊するのに適しており、ADCの中で最もウェーブプッシュが可能です(早ければlv2かそこらから)。あなたのチームがタワーからゾーニングされているときでさえも、彼女は700程の射程を持っているので、Pokeをしたり、タワーを攻撃できます。終盤になると、ミニガンは恐ろしいほどのASを与え、ロケットは安全な距離からDPSを出すことが可能にし、passiveは戦闘でスノーボールを起こしやすくします。

短所:他の機動力に劣るキャリー達と同様に、逃げ性能に欠けている所が彼女の最大の欠点でしょう。Kass/Zed/Akali/等にとっては、終盤に飛びつくことで簡単にPickすることが出来ます。もちろん、それに対して対処する方法はありますが、実際の逃げスキルと比べることはできません。

ピックする場合:相手がダイブ構成ではない時。適度なシージ、適度なポーク。レートゲームにしたい時。

Kalista

注意:彼女はリリースから日が浅く、試合数をこなしていません。遠慮なく訂正して下さい。

長所:彼女のpassiveとRendにより、終盤の集団戦において彼女を捕まえるのは非常に困難です。加えて、rendはとても強力なnukeです。Hurricaneビルドでは、彼女はrendを複数のチャンピオンに与えることが出来るので、集団戦を支配することが出来ます。彼女はまた、martial poise(passiveとして最良の名前ではないでしょうか?)でmelee達に対処でき、苦痛を与えます。

短所:しばしば、彼女はrendのスタックでlv1からレーンを支配「できますが」、彼女のアニメーションは多くのrendのスタックを早い時期から貯めるのには、優雅さに欠けています。彼女は適切なサポート(Braum)と一緒であればレーンを支配できますが、強力なレーナーには恐らくいじめられるでしょう。彼女はまた、彼女のASに影響する(Wither)スペル/アイテムは、彼女のDPSと機動力に作用し、倍の影響を受けます。

ピックする場合:melee達と戦う時。

Kog'Maw

長所:安全で強力なレーンフェイズ。彼の射程とUltでのPokeはほとんどのレーンをPokeで倒す事を容易にします。彼はGravesではありませんが、Kogのレーンを、対処することが非常に困難に出来ます。彼はこれといって力が弱まる時期もありません。TFを持った彼の中盤は非常にすばらしく、終盤は、出すことの出来るDPSで匹敵するものはいないでしょう。Qにより得られるAS、長距離のPoke、割合HP魔法ダメージ、そして恐ろしい通常攻撃の射程。彼は終盤を支配する全ての手段を持っています。

短所:彼の唯一にして最大の短所は、機動力の無さです。逃げる術の無いADCにダイブするのはとても簡単です。そして彼は自身でのpeel(trist)やダイブから生き残る方法(Sivir スペルシールド)がありません。彼はまた、体感的にはTFを装備してから、BOTRKを装備するまで少し力が落ちますが、ほとんど問題にはなりません。また、状況的な弱点として、彼はWが無いととても弱くなります。しかし、むしろ、プレイする分には楽な方の弱さだと思います。

ピックする場合:一番ダメージを出すことを求められたとき(全てではないとしても)。相手に多くのダイブの方法が無いとき。

Lucian

長所:Poke、レーンでの強さ、中盤での強さ、終盤での強さ、2回AAのpassive、ウェーブクリア、逃げスキルです。この男は必要なものを全て取り揃えています。彼は常にレーンで倒されることはなく、失速することもありません。多才なことのできるピックです。

短所:彼の短い射程は、しばしば戦いでの立ち位置を難しいものにします(これは技術に多くを依存しますが、それでもなお、問題になります)。もしTFを選んだら、彼は終盤を迎えると、致命傷を与えることが出来ない危険があります(もちろん、本当に時々ですが)。また、(議論の余地はありますが)特に得意なことはありません(私はS1/S2のCorkiを思い出します)。

ピックする場合:正直にいって、どんな時でも。この男もまた、非常に多才です。

Miss Fortune

注意:他のADCと比べ、私はそれほど彼女を使用していません。遠慮なく訂正して下さい。

長所:impure shotsによるAS増加と魔法ダメージなどを持ち、レーンでは強力で、弱くなる時間帯がありません。彼女には逃げスキルがありませんが、彼女のkiteはとても強力で、ダイブを「ときどき」難しいものに「できます」。彼女はAoEのultを持っていて、チームを溶かすことができ、Black Cleaverのスタックを素早く貯めることが出来ます。

短所:彼女は遅れをとったとき、非常に弱いです。彼女のUltはパッとしないように感じられ、彼女のQは威力が出ません。遅れを取っていると、彼女は大きなインパクトを持つ手段に欠けているように見えます(Lucianはウェーブクリアができますし、Tristは終盤になれば強力で、AsheにはUlt、など)。

ピックする場合:AoE構成

Sivir

長所:彼もそれほど弱い時間帯の無いADCの一人です。彼女のNukeはレーン戦で強力ですし、Wはゲームを通してダメージを出すことが出来ます(AAリセットとAoEダメージ、そしてWを使用したときのAS増加)。彼女のスペルシールドはmorg/ashe/syndra(スタン)/等のチャンプに対して有力です。Ultはエンゲージもしくはディスエンゲージに使用できます。彼女の強力なウェーブクリアはゲームの進行を足止めすることが出来ます。

短所:スペルシールドが一度落ちてしまうと、彼女は短い射程の上、逃げる術が欠ける為、カモに成り下がります。Ultを持っていたとしても、それは決まってチームの為に使われ、ポジショニングをやり直す手段としては使いません。彼女はとても高いDPSを出せる能力を備えていますが、それを遮ることの方が容易いです。

ピックする場合:エンゲージ、ディスエンゲージ構成...本当に正直に言えば、彼女とKalistaはSoloQよりも競技シーンで強いように思えます...。

Tristanna 訳注:ビジュアルアップデート以前のものになります。

長所:レーン、終盤での強さです。彼女のレーニングフェイズは実際、とても強力です。彼女のEは適度に強いNukeで、また回復を阻害します(potionの効果を打ち消します)。彼女がlv2,lv4.lv6の時のAll-inはとても強力で、適切なサポートとであればイージーなキルを得られるでしょう。終盤になれば、無類の射程とキルでリセットされるジャンプ、大きなAS増加、そしてノックバックと、彼女はおそらくADCにおける終盤の女王でしょう。

短所:彼女の中盤は絶対的に弱めです。多くのADC達が、最初の大きな買い物で彼らのNukeをパワーアップさせる一方で、彼女にはそのようなことがありません。最近のIEへのNerfはこれをいっそう悪化させ、彼女にIE/PD/LWが揃うまで、更に使えなくしています。BOTRKにラッシュすることで、中盤の彼女の弱さを和らげることが出来ますが、昔、BTにラッシュしたときのように、彼女の終盤でのパワースパイクが非常に遅れるという問題を抱えます。遅れを取っていたら、彼女は追いつくまで、どうしても役立ちません。幸い、彼女は驚異的なウェーブクリアを持っています(最大まで上げたEは「全てのミニオン」にshivと同じ効果を発揮します。そう。あなたはEを初めに上げるのです。IE/PD/LWがそろう前にQを最大まで上げても無益です。ウェーブクリアとNukeという点で、通常攻撃が70ダメージ増加するのでより重要です)。

ピックする場合:相手が中盤で強力ではないとき。相手に成長で置いていかれたくないとき、レーンで馬鹿げた程負けてはならないとき。ですから、5つのTFと戦う為にピックするのは避けましょう。

Twitch

長所:レーン/中盤は相当に、終盤は非常に強いです。彼のレーンはとても弱くも強くもなります。あなたが十分なpassiveのスタックを貯めること(Kalistaで考えてみれば、彼のアニメーションとASの方がより良いです)ができれば強いといえるでしょう。また、BOTRK+Ghostbladeを持ったとき(時にはBOTRKだけ)彼は急激にパワースパイクを迎え、相手を暗殺したり、ロームしたりということが出来るようになります。終盤の彼は絶対的に強力です。彼には相手チャンピオン5体に致命傷を与えた上で、Eで仕留めることが出来る可能性を持っています。ああ、そうですね。QでASが増加します。

短所:彼のレーンは時々弱くなることがあります。正直にいって、私の考えでは、Twitchのレーンは物凄くサポートに依存しています。彼の最大の短所はおそらく、機動力に欠けていることです。彼は柔らかく、ステルスは対処が簡単です。

ピックする場合:ピック構成。Zilean構成(ステルスRatボム)。AoE Wombo Combos。

Varus

注意:それほどVarusで試合をしていないので、遠慮なく訂正して下さい。

長所:彼のNuke、割合HPダメージ、575の射程が可能にするレーンの強さです。彼はまた、相手チーム全員を固定する可能性を持ったUltを持っています。割合HPダメージとPassiveにより、彼を終盤で嘲笑うものはいなくなります。

短所:逃げる術が無い->ダイブが簡単です。彼はユーティリティキャリーですので、全く使えなくなることはありません。

ピックする場合:あまり確信が持てません。彼は非常に多才です。AoE構成や、ポーク、ディスエンゲージ構成にピックできます。

Vayne

長所:非常に高い機動力、DPS、そしてダイブしてくる敵を倒す手段があることです。終盤の彼女は疑いようの無く、最も強いADCの中の一人です。割合HPダメージとQ/Rのダメージにより、彼女のダメージが衰えることはありません。彼女には戦闘中にポジショニングを変更する豊富な手段があり、試合を作ることが出来ます。

短所:彼女はレーンで酷く潰されてしまうことがあります。これはVayneにとっては大きな問題で、なぜなら上手く操作することによって「アウトプレイ」する可能性が大いにあり、可能であれば相手を倒すことが必要だからです。ダメージが無ければ、彼女に出来ることは、ただ動き回ることだけです。また、射程が短いことから、彼女をハードCC構成(doubleAP)に弱めです。多くの確定CCを持つチャンピオンは、彼女を戦いにおいて、確実に押しつぶすことが出来ます(確かに、QSSはありますが、rune prisonは短いCDを持っています。もちろんアウトプレイは可能です、アウトプレイが出来るのなら、弱点は問題になりません)。

ピックする場合:2APと戦わないとき。

元投稿: GeneralZhukov
翻訳: Clayrd

箇条書きのバージョンはこちらからどうぞ