2015年1月18日日曜日

CS参加チームのプレイヤーに、Spring SplitのCSへの参加資格剥奪処分


1月12日に、Challenger Seriesへの出場資格を決定する、Ranked 5sラダーの確定が行われましたが、その出場資格を獲得したあるチームに所属するManu “Shizoli” Bansal氏に対し、toxicな振る舞いからSpring Challenger Seriesへの参加資格停止処分が下されました。

Competitive Ruling: Shizoli | LoL Esports

プレイヤー名:Manu “Shizoli” Bansal
裁定日:2015年1月14日
内容:Suspension; Violation of Summoner’s Code(Summoner's Code違反による資格停止)

罪状


Manu “Shizoli” Bansal氏は、Spring Challenger Series Qualifiersへの出場資格を獲得した、Ranked 5sのラダー上位チームに所属しています。Challenger Seriesに参加するプレイヤー全員に対しては厳格な調査が行われていますが、Bansal氏はゲーム中の振る舞いがひどくtoxicであるということが判明しました。彼の振る舞いは多岐に渡っており、ゲーム中の嫌がらせ(harassment)、暴言(verbal abuse)、継続的な人種差別的中傷が含まれています。

アカウントの開設当初から今までに渡り、彼がreportされた件数の内65%がVerbal Abuse、悪い態度(Negative Attitude)、攻撃的発言(Offensive Language)でした。改善の兆候が見られなかったため、彼は3月より継続してチャット制限を受けています。

関連する規則


CS規則9.2.7 条項:

LCSもしくはRiotがSummoner’s Code, サービス利用規約, その他のLoLの規則に違反していると認めたチームメンバーに対して、LCSはその単独の裁量で罰則を科してもよい。

裁定


Bansal氏はChallenger Series規則の9.2.7条項に違反している。

競技上の罰則


Bandal氏に以下の罰則を科す。
  • Spring Challenger Series Qualifierへの参加資格停止
  • 2015 Summer Splitまでに行われる、Riot協賛のLeague of Legendsトーナメントへの参加資格停止



Redditへの書き込みによると、Bansal氏はサブ・ジャングラーとしてジョージア工科大学の公認チームに所属しているプレイヤーです。当該チームは1月22日に開幕するNorth American Collegiate Championship(NACC、北米大学リーグ。上位入賞チームには奨学金が与えられる)への参加資格を有しており、今までIvyLoLやCSLといった大会の南部地域大会で不敗という戦績を誇っていました。今回の公式裁定により、彼のチームはNACCでの入賞で獲得できる奨学金を受け取れない可能性があります。

参考リンク