2014年12月4日木曜日

OGN Preseason開幕にあたって、SKTとCJよりプレイヤー2人のインタビュー


韓国invenに掲載された、OGN Preseason開幕にあたってSKT T1 KとCJ Entusからそれぞれ2人のプレイヤーに行われたインタビューの訳です。
  • SKT T1 K - Marin選手、Faker選手
  • CJ Entus - Shy選手、Ambition選手

SKT T1 Marin選手、Faker選手インタビュー 「気負わず、ベストを尽くす」


原文
장경환-이상혁, "편한 마음으로, 하지만 매 경기 최선을 다하겠다"

英訳(Bnu様)
Bnu Soap ([LOL Pre-season] Marin-Faker interview, “Take it...)

Q. 2:0での快勝でしたが、ご感想は?
Marin: チームメンバー全員が良いパフォーマンスをすることができて喜ばしいです。非常にうれしく思っています。
Faker: (私達のファンに)1試合目で勝利をプレゼントすることができて満足しています。

Q. (Faker選手への質問) Mid Ezrealをプレイすることになった経由は?
Faker: Ezrealのスキルショットを当てることに関しては前から自信を持っていました。さらに、私が好きなチャンピオンなので選びました。Ezrealが(最近)必ずしも強くなったわけではないのですが、ピックしたら勝てる感じがしました。

Q. 普段はスキンを使用しませんが、今日はPulsefire Ezrealを使いましたね。なにか理由があるのですか?
Faker: 試合が始まった時、スキンは既にセットされていました。(スキンを選択していた事を彼は知りませんでした)。もっと上手くプレイできたと思いますが、スキンに注意をそらされました(笑)

Q. (Marin選手への質問) 今配信(今大会)ではようやくいつものSolo Queueみたいなプレイができた、と言った声が挙がっていますがいかがですか?
Marin: 配信される試合で印象的なプレイが続けられるように、今後もベストを尽くしたいと思います。ぜひ私に注目していてください。リラックスした状態でいれば、練習時と同じように試合に挑むことができると考えています。

Q. Top Lissandraは良いパフォーマンスでしたね。Top laneのMetaにおいてのLissandraに関してはどう思っていますか?
Marin: Top laneは既存のMetaとそれほど変わらないと思います。単に個人的にLissandraが好きなだけです(笑)

Q. 新しい構成のチームでプレイしましたが、チームワークに問題はありましたか?
Marin: 一緒にプレイし始めたばかりですので、チームワークはまだ完璧ではありません。次の試合、そして次のシーズンでは、もっと良いパフォーマンスになっていくでしょう。
Faker: SKT T1 Sの元のメンバーと一緒にSolo Queueを沢山プレイしたので、私に取ってはなじみの無いものではありませんでした。

Q. プレシーズンに参加する上での決意はなんですか?
Marin: 私達のマネージャーとコーチはプレシーズンにはあまり重点を置いていません。そのおかげで私達はリラックスし、ゲームをより楽しめていると思います。
Faker: それでも、私は全てのゲームに全力で挑みたいと思います。プレシーズンには賞金や賞品はありませんが、LoL Championsであるかのようにプレイしたいと思います。全力を出し切りたいです。

Q. 最後に一言どうぞ。
Marin:今年(2014年)、SKT T1は良い成績を収められませんでした。来年は結果を残せるように必死に頑張っていますので、これからも応援を宜しくお願い致します。
Faker: ファンの皆様、応援をありがとうございます。これからも皆様の応援は、私達の強さ、そしてモチベーションの源になるでしょう。



CJ Entus Shy選手、Ambition選手インタビュー 「緊張をほぐす良い機会」


原文
"부담감을 떨칠 수 있는 좋은 기회였다" 박상면-강찬용 인터뷰

英訳(Bnu様)
Bnu Soap ([LOL Pre-season] Shy-Ambition interview “Good...)

Q. プレシーズンでの初勝利を達成して、どのような気持ちですか?
Shy: 多くの練習試合では勝率が良かったのですが、大会が始まった時、少し緊張しました。緊張を上手くほぐし、勝利できてよかったです。
Ambition: ほっとしました。私達のチームは多くの期待を背負っていますので、それらに応えられるか心配でした。また、プレシーズンとは言えども他のトーナメントと違いはないと思います。そのような環境下で勝てて嬉しいです。

Q. (Ambition選手への質問) Junglerへの”変身”は成功しました。いかがですか?
Ambition: どのロールであっても、プレイヤーが不得手としているチャンピオンはあります。私の場合、Lee Sinでしょう。今日はLee Sinをプレイしなければならないといったシチュエーションには至らなかったので、ほっとしています。Lee Sinをプレイするに当たって問題の無いよう、今後もっと練習したいと思います。

Q. Warwick jungleが今非常に熱いとされていますが、どうでしょうか?
Ambition: 他のジャングルのチャンピオン達はジャングル内でファームする際に多くのHPを失います。しかしWarwickはそうではないため、かなり楽に回れます。また、Warwickは新しいジャングルアイテムとの相性が非常に良いです。

Q. (Shy選手への質問) Top Jarvanをピックした理由を教えて下さい
Shy: 実は私にはJarvan IVをピックする気はなかったのですが、チームメイトがLissandra相手には強いと言ってきたので、ピックしました。最終的に良い結果を出せたので、満足しています。以前はJax相手にのみJarvan IVをプレイしていました。Jarvan IVは主導権を握れるので好きです。私は(JaxとJarvanの)どちらのチャンピオンも上手くプレイできると思っているので、今まで彼をプレイする機会が無くて少し残念でした。ファーストピック時とは逆に、カウンターピックとしてはいくつかの場合では有力だと思います。

Q. チーム合併後の初戦でした。チームワークにおける問題はありましたか?
Shy: 特に大きなチームワークの問題はありませんでした。なぜなら、CJ Frostのオリジナルメンバー4人にAmbition選手を足したロースターですから。ゲーム内では、ローテーションや戦略性においてまだ欠けている部分があると感じます。それらの点を今後は強化していきたいと思います。
Ambition: 今日スタジアムに着いた時、ユニフォームの色がいつもと違ったので少し寂しく感じました。チームメイト達にどこまで上手く合わせられるかわかりません。今後の練習では、今まで以上に集中する必要性があるのは間違いないでしょう。

Q. プレシーズンにおける目標は何ですか?
Shy: 無敗で終えることが目標です。(今までは)練習試合の勝率は良くても、大会が始まると自信をなくしていました。今回はそのような事態を避けたいと思います。

Q. CJの元々の強さはショットコーリングとローテーションにありました。昨シーズンまでは不安定に見えましたが、今日は弱点を克服したかのように見えました。それには何か理由がありますか?
Ambition: 私には私自身の、勝利への試合運びがあります。私とCJ Frostのオリジナルメンバーの間には上手く混ざり合わない部分は確かにあります。それがコミュニケーションを取る際に衝突しているのでしょう。しかし、その意見の対立は間違いなくチームを成長へと導き、これからいろいろと改善されると思います。

Q. ライバル視しているチームはいますか?
Shy: 練習試合しかしていないのでシンプルに答えるのは難しいのですが、どのチームが相手でも勝てると信じています。

Q. 最後に一言どうぞ
Shy: (プレシーズンは)今後の長いプロセスの第一歩だと思います。緊張をほぐすためにはとても良い機会でした。昨シーズンに比べ、私達の状態はとても良いです。期待外れということはありません。
Ambition: (前に比べて)もっと沢山の大会があるのは非常に良いことだと思います。チームメイトと共に上達していく機会になるはずです。ベストを尽くします。

関連記事

翻訳:あるふぁ(@AQ_Alpha
編集:あおれんじゃ