2014年12月6日土曜日

Fnatic脱退について、xPeke選手のFacebookへの投稿


Fnatic脱退について、xPeke選手のFacebookへの投稿の訳です。


I have a lot of god things to say about Fnatic,... - Enrique "xPeke" Cedeño-Martinez

Fnaticとチームメイトについて言わなければならないことがたくさんあります。

ただ、手短にFnaticを去る唯一の理由と長い間夢見ていたことをだけを述べたいと思います…今こそ自分のチームを作る時だと思うのです。

私は以前来年度もFnaticに残ると話しており、そう考えていましたが、最近起きた出来事を踏まえた結果、これが自分の人生を変え、新しい挑戦を始める転機だと考えるようになりました。

これまで共に仕事し、4年間に渡って私に尽力してくださったFnaticに感謝すると共に、Patrik氏とOliver氏、とりわけSam Mathew氏には感謝の言葉を述べたいと思います。

また、私は全てのプレイヤーに、一時的にプレイしたWetdream、wewillfailer、max に加え、特に私の人生の一部であった、Shushei、 Lamia、 Mellisan、 Puszu、 Soaz、 Rekkles、 Yellowstar、 Ara、 Harry 、そして、特にCyanideには深く感謝の意を表したいと思います。
彼らの全てが私が人として、またプレイヤーとして成長するのを手伝ってくれました。
彼らと共に過ごしたことを誇りに思いますし、ただ、特に誰かを誇りに思うとするのであれば、何時も身近に感じ、成功を祝い、敗北時には応援してくださったあなた方のことを誇りに思います。

私のキャリアのあらゆる期間において、Fnaticと私は最高のファンに恵まれたと思います。

私の決定に賛同しかねる方も賛同して頂ける方もいると思いますが、そのどちらの方にも理解し、支援してくれることを望んでいます。

Fnaticと新しいプレイヤーの今後の成功を祈ると共に、私の心に大きく印象づけていことでもありますが、彼らが私たちと同じようにハーモニーを奏でる事ができることを期待しております。

今後の方針については継続してお伝えしていくと共に、将来的には動画作成やAMAを行いたいと思います。