2014年12月21日日曜日

チャンピオンセレクトの後にファイアウォールのエラーメッセージが表示され、ゲームに接続できない不具合について


Patch 4.21以降、チャンピオンセレクトの後にファイアウォールのエラーメッセージが表示され、ゲームに接続できない不具合が発生しています。
公式フォーラムに戻れない場合などにIPをリリースして刷新することで早く戻るための手順が掲載されています。


What the hell is this Firewall Error after Champ Select?! Why can't I connect to the game?!

注意: 以下を試したとしても根本的な解決にはつながらないと思いますので、応急処置的なものとしてお考えください。

Service Status | League of Legends

Hey everyone, we're aware of an issue causing a firewall error message to appear after champion select. We're working on fixing the issue now.

Windowsの場合
  • 完全にゲームを終了する。
  • ウィンドウズキーを押すか、左下のウィンドウズのアイコンからメニューを立ち上げる。
  • 「cmd」と入力、コマンドプロンプトを立ち上げる。
  • コマンドプロンプトに「ipconfig /release」と入力してエンターキーを押す。(こうすることによりインターネットから切断される)
  • コマンドプロンプトに「ipconfig /renew」と入力してエンターキーを押す。
  • コマンドプロンプトに「ipconfig /flushdns」と入力してエンターキーを押す。
  • コマンドプロンプトに「exit」と入力してエンターキーを押し、終了する
  • 「League of Legends」のクライアントを起動し、再接続を試す。

Macの場合
  • 完全にゲームを終了する。
  • Apple Menuを開く。
  • 「System Preference」をクリック。
  • 「Network」を選択する。
  • 「Advanced option」をクリック。
  • 「Renew DHCP Lease」をクリック。
  • 「League of Legends」のクライアントを起動し、再接続を試す。

以上を試した後、まだ問題が発生するようであれば、接続に関する問題の記事を参照して下さい。

もしそれでも上手く行かない場合、質問がある場合には以下の情報を添えて、サポートセンターへお問い合わせください。

ユーザーからも様々な解決案が提示されていますが、抜本的な解決策は今のところないようです。

追記: Internet Explorerのインターネットオプションの詳細設定を以下の通りに設定すると直ったというユーザーもいるそうなので参考にして下さい。

SSL2.0とSSL3.0のチェックボックスをオフにして、TLS 1.2のチェックボックスをオンにする。


関連(外部サイト)
SSL 3.0に関する脆弱性について (Padding Oracle On Downgraded Legacy Encryption)
POODLE脆弱性がSSL 3.0からTLS 1.0 / TLS 1.1に拡大