2014年12月12日金曜日

Preseason : Mana Regeneration


Preseason でのMana Regenerationの変更についての話です。

12/12 22:22 Patch 4.21に準拠に書き直しました。


はじめに


Preseasonでは多くの変更が行われましたが、とりわけステータスの変更はその中でも比較的大きなものでした。
今回はアイテムの変更の影響も大きかったMana Regenについて取り上げることにしました。


1. ステータスの変更


Preseasonではチャンピオンのステータスが大幅に見直されました。
各チャンピオンのMana Regenの変化を以下の表にまとめています。

パターン A

以下の mages/tank supportsは 6 base mana regeneration (mp5) と +0.6 mana regeneration (mp5) growth statとなる。

Ahri, Alistar, Anivia, Annie, Azir, Blitzcrank, Braum, Cassiopeia, Diana, Elise, Fiddlesticks, Fizz, Galio, Gragas, Heimerdinger, Jayce, Karma, Karthus, Kassadin, Kayle, LeBlanc, Leona, Lulu, Lux, Malzahar, Morgana, Nidalee, Orianna, Ryze, Swain, Syndra, Taric, Thresh, Twisted Fate, Veigar, Vel'koz, Viktor, Xerath, Ziggs, Zilean, Zyra

パターン B

以下の traditional supports は 9 base mana regeneration (mp5) と +0.4 mana regeneration (mp5) growth statとなる。

Janna, Nami, Sona, Soraka

* クリックで拡大、Pattern AとPattern BがPreseasonでのステータス。



パターンAではTaricLuluなどの一部例外を除いて減少もしくは据え置きです。
パターンBでは序盤こそ少し増えますが、Level 7以降は全てのチャンピオンで減少です。


2. Mana Regen Itemの変更


Preseasonから「Doran's Ring」など一部を除き、Mana Regen Itemの計算式がBase Mana Regenの割合となりました。(カッコ内は以前のMana Reg per 5)

25%
 Faerie Charm(3)
 Ancient Coin(3)
 Nomad's Medalion(5)
 Spellthief'sEdge(2)
 Tear of the Goddess(6)
 Manamune(7)

50%
 Frost Fang(5)
 Chalice of Harmony(7)
 Frost Queen's Claim(10)
 Archangel'sStaff(10)
 Athene's Unholy Grail(10)
 Forbidden Idol(8)

100%
 Ardent Censer(10)
 Talisman of Ascension(15)
 Morellonomicon(10)
 Mikael'sCrucible(20)


Preseason以降の回復量 (25, 50, 100の単位は%)


低レベル域ではほぼ全てのアイテムの実質的な回復量が減少しています。

特に「Tear of the Goddess」とその派生の回復量の減少は顕著です。

「Morellonomicon」と「Ardent Censer」は中盤以降の回復量が以前と比べ増加しており、相対的に強くなっています。

サポート向けアイテムの「Spellthief's Edge」は「Ancient Coin」とのMana Regenの差が無くなり、パターン Bでは以前よりMana Regenが向上しています。

ただ、最上位の「Frost Queen's Claim」は以前よりMana Regenが減少しているため、注意が必要です。


3. Chalice of HarmonyとMana Font


Mana Regenに関するもう一つの大きな変更は、Chalice of Harmonyとその派生のUNIQUE Passive、"Mana Font"の変更です。

UNIQUE Passive: Mana Font が 「失われているマナの1%につき、mana regeneration が 1% 増加」から「5秒毎に失われているマナの 2% を回復」に変更

OriannaでのUNIQUE Passive: Mana Fontによる回復量をPreseasonの前後で比較したのが以下の表となります。



Patch 4.21でのMana Fontの回復量はPatch 4.20の頃に比べ、33%増加しています。
Manaが完全に枯渇した状態でのUNIQUE Passive: Mana Fontの効果はBase Mana Regenで111%~146%相当となり、Lv4以降のManaの回復量はPatch 4.20以前と比べて増加しています。


 Chalice of Harmony

Total Costは1000 Goldのうち、500 GoldはMagic Resistが占めているわけですから、残りの500 Goldが50% Base Mana Regen + UNIQUE Passive: Mana Fontに相当します。

Faerie Charmが25%、180 Goldということを考えると、Lv1の段階でも2割消費していれば十分価格が取れます。

 Athene's Unholy Grail

Total Costは2700 Goldのうち、Ability Power、Cooldown、Magic Resistは2140 Gold(概算)に相当します。残りの560 Goldが50% Base Mana Regen + UNIQUE Passive: Mana Font + UNIQUE Passive: Restore 15% of maximum Mana on kill or assist (キルもしくはアシスト時に最大マナの15%が回復する)となります。

Athene's Unholy Grailから得られるステータスは一部チャンピオンと非常に相性が良く、UNIQUE Passive: Restore 15% of maximum Mana on kill or assist (キルもしくはアシスト時に最大マナの15%が回復する)は他のアイテムにはないものですが、Base Mana Regenが50%、Ability Powerが20 高く、Grievous Wounds(回復阻害)があり、600 Goldも安い「Morellonomicon」を選ぶ機会は増えるかもしれません。

ただ、「Chalice of Harmony」、「Athene's Unholy Grail」の特徴のひとつとしてMagic Resistを備えている点が挙げられるため、依然としてvs AP Carryでは有効な選択肢だと考えられます。


 Mikael's Crucible

「Mikael's Crucible」の購入基準はMana Regenではないので特別に述べる必要はないと思います。


4. 注目される可能性のあるアイテム


 Crystalline Flask
  • 7 スタック分消費すればほぼ元が取れます。


 Doran's Ring
  • 「Chalice of Harmony」の序盤から中盤にかけての影響力が下がったため、Ahriなどのチャンピオン以外でもDoran's Ring 1~2個から主力アイテムを購入するというビルドにする機会が増えるかもしれません。


 Morellonomicon

  • 既に注目を浴びていることだとは思いますが、Ability Powerだけで1600 Goldの価値がある上、20% Cooldown、100% Mana Regen、Grievous Wounds(回復阻害)を備えており、Grievous WoundsのPassiveを除いたとしても2800 Gold以上の価値があると言われており、破格のコストパフォーマンスを誇ります。


Rod of Ages,  Catalyst the Protector
  • 「Catalyst the Protector」と「Chalice of Harmony」の価格差が縮まり、「Tears of the Goddess」のMana Regen減少から、一部チャンピオンでは「Catalyst the Protector」と「Rod of Ages」が再評価されるかもしれません。


 Elixir of Sorcery
  • Level 9から使用可能となる新しいElixirの中でも、「Elixir of Sorcery」は15 Mana Regen per 5 secondsが追加されます。これはおよそLevel 16-17のBase Mana Regenに匹敵します。



おわりに


Preseasonの変更でManaを持つ多くのチャンピオンが影響を受けました。
特に一部のチャンピオンはステータスとアイテムの両面でMana Regenが実質減少となってしまいました。

「Chalice of Harmony」はPatch 4.20以前に比べると高価となりましたが、性能は若干向上しています。影響力は下がることになるかもしれませんが、上位の「Athene's Unholy Grail」の性能から、OriannaやSyndraのようなクールダウンを必要とするチャンピオンではまだまだ使われる機会は多いと思われます。

「Morellonomicon」は非常にコストパフォーマンスの良いアイテムです。素材となるForbidden IdolとFiendish CodexのどちらでもCooldownが得られます。PreseasonでTotal Costが2200 Goldから2100 Goldに下がっているのもポイントです。

余談ですが、先日行われたIEM San JoseではAzirが「Morellonomicon」を2つ所持するという試合がありました。
4200 Goldで160 Ability Power + 200% Mana Regen、35% Cooldown (Masteryで5%のCooldownを獲得しているため) + Grievous Woundsを獲得できるということは一考に値するかも知れません。

参考: League of Legends - Team SoloMid vs. Unicorns of Love - IEM 2014 San Jose - Match 2 Semifinal