2014年10月28日火曜日

Coop vs AI モードに蔓延するbot問題


「Coop vs AIモードでDominionのbeginnerを10試合回してみたが、botがどんどんひどくなっている」というタイトルのスレッド(Reddit)にて、Coop vs AIモードにおけるbotの遭遇率とその悪影響が述べられています。

Botting is getting more ridicolous every day. I ran 10 co-op dominion beginner, here the results. : leagueoflegends

注:この記事中での「bot」とは、Coop vs AIモードでプレイヤーの敵となるチャンピオンを操作しているAI(Annie bot、Zyra botなど)ではなく、プレイヤーアカウントを操作して試合に参加、アカウントのレベル上げを行う自動プログラムのことを指しています。

スレッドを立てた人物は「10試合をプレイして9人の人間としかマッチしなかった。これはつまり、平均すると1試合に人間は1人しかいないということになる」と書いています。また、これらの試合は7分未満で終わるため、試合そのものがマッチヒストリーに表示されず、こういったbotの存在を発見することは難しいそうです。

botを見分けるための特徴として、以下の5点が挙げられています。
  • サモナースペルがGhostとHeal
  • チャンピオンをすぐにロックしてしまう(一部のbotは1~2回チャンピオンを変更した後、フリーチャンピオンをロックした)
  • 2単語から構成されたサモナーネーム(99%)
  • 敵ベースに走って行って死ぬか、タワーに向かって走りキャプチャーを行ってその場に立ち尽くすか、いずれかの行動を行う
  • 大量のマナかAttack Speedのアイテムビルドを行う

以下の動画は、9人のbotと1人の人間(動画撮影者)によるDominion Coop vs AI (難易度:Beginner) の様子です。



こういった事態への対策として、Riot Gamesは既にRAF(Reffer-A-Friend、友達招待システム)の変更を予告しています。しかし、Lv30に達したアカウントの購入が公式に認められるまでは、こうした「Levelling bots」は常に問題になることでしょう。コミュニティ側からできる対策としては、こういったbotを見かけたらreportすること、招待やLv30アカウントを購入しないこと、この2つが挙げられます。招待やアカウントの購入はbanを受ける要因となるだけでなく、他人が参加する遊びである、このゲームそのものを台無しにする愚かな行為です。

新規プレイヤーが遭遇し、一緒にプレイし、経験するものが、これなのです。私たちが話しているのは世界で最大規模のゲームに存在する大きな問題であり、Riotはその問題を認める時ではないでしょうか。

関連記事
Game 4 Broke - LoLの情報ブログ: Refer-A-Friend(フレンド招待システム)の変更が発表