2014年10月12日日曜日

中南米のサーバで「Bronze to Diamond」を行ったプレイヤーへの処罰


中南米サーバで「Bronze to Diamond」に関連した利用規約違反によって処罰を受けています。
処罰を受けたプレイヤーにはプロプレイヤーやRioterなども含まれています。


「Bronze to Diamond」とはBronze TierからDiamond Tierまで試合をCarryして上がっていく様を配信するという視聴者に受けの良い人気コンテンツでしたが、故意の敗北やアカウントの貸与などの要因となったため、Riot Gamesが自粛を呼び掛けたことなどから現在はあまり見ることはありません(新規にアカウントを作成し、規約にのっとった形で行う分に関しては現在でもOKです)。

UNA INJUSTICIA: Me quitaron todas mis recompensas y no lo merezco.. - Comunidad de League of Legends

ベータ開始後2ヵ月後からプレイしている中南米のサーバで活動するプロプレイヤーが先日の9月29日に2週間アカウント停止され、過去のシーズンの報酬を全て剥奪されてしまい、フォーラムで異議を唱えました。
これに対してPlayer Behaviorを担当するRiot Ozrak氏は「アカウントの貸与」、「故意の敗北」、「他人のアカウントを使用して低いリーグでプレイ(実際にEloboostに抵触する項目です)」、「"エンターテインメント"の乱用」からそのプロプレイヤーをEloboostを行ったとして処分が発表されました。

上記の理由による処分はプレイヤーはプロプレイヤーだけに留まらず、アカウントを提供したの一般のプレイヤーにも及んでいます。
彼らは一様にシーズン褒賞の没収と14日間のアカウントの停止の処分を受けています。


Disculpa sobre el incidente de préstamo de cuentas de Riot Ozrak - Comunidad de League of Legends

ただ、このプロプレイヤーに対するRiot Ozrak氏の回答を元に調査を行ったところ、彼がRioterとなる以前に知人のアカウントを使用して「Bronze to Gold」を行っていたことが発覚しました。

「Rioter、 プレイヤー、 配信者、プロプレイヤーを区別しない」という宣言の通り、Riot Ozrak氏が「Bronze to Gold」で使用したアカウントの永久停止、彼の所有する全ての地域のアカウントの14日間の停止、メインアカウントへの全てのシーズン報酬の没収が発表されることになりました。
Riot Ozrak氏は過去の過ちを認め、謝罪をしています。