2014年10月25日土曜日

2014年の1月から9月にかけての世界のオンラインゲームの収益上位10タイトルが発表、League of Legendsは9.46億ドルで首位


SuperData Researchが2014年の1月から9月にかけてオンラインゲームの収益上位10タイトルを発表しています。その中でも「League of Legends」の収益は9.46億ドルで首位になっています。


Hearthstone, Dota 2 can't compete with League of Legends in terms of player spending | GamesBeat | Games | by Jeff Grubb

ゲーム業界の調査会社、SuperData Researchによる今年の1月から9月までのオンラインゲームの収益上位10タイトルの調査結果が発表されています。
今年の1位は「League of Legends」で、収益は9.46億ドルに上っています。

同社の調査では去年のLeague of Legendsの総収益は6.24億ドルで、9月の段階で去年の1.5倍となっており、現在のペースで増え続けると今年の収益は10億ドルを超える見通しです。

ランキングは以下の通りです。

  1. League of Legneds (Tencent/Riot Games): 9.46億ドル
  2. Crossfire (SmileGate/Neowiz): 8.97億ドル
  3. Dungeon Fighter Online (Nexon): 8.91億ドル
  4. World of Warcraft (Activion/Blizzard): 7.28億ドル
  5. World of Tanks (Wargaming): 3.69億ドル
  6. Maplestory (Nexon): 2.40億ドル
  7. Lineage (NCSoft): 1.78億ドル
  8. Counter-Strike Online (Valve/Nexon): 1.48億ドル
  9. DOTA 2 (Valve): 1.36億ドル
  10. Hearthstone: Heroes of Warcraft (Activion/Blizzard): 1.14億ドル

GameBeat/SuperDataResearch

参考
10 online PC games that made more than $100M in microtransaction sales last year | GamesBeat | Games | by Jeff Grubb