2014年9月7日日曜日

Madlife選手, Shy選手 , Ryu選手の3名が北米でのプレイを予定しているという噂


海外のニュースサイト「The Daily Dot」が北米でのプレイを予定しているという韓国の有力選手、3名の名前を報じています。


Madlife, Shy and Ryu planned to play in North America

韓国のeSportsに強いコネクションを持つ情報ソースがDialy Dot紙に対して、先日のRiot Gamesによる海外移籍への指針の発表がNA LCSやEU LCSへの移籍を検討していた複数の韓国人プレイヤーの計画を台無しにしたと語ったそうです。

また、情報ソースによれば、Hong “Madlife” Min-gi選手, Park “Shy” Sang-myeon選手, Ryu “Ryu” Sang-ook選手 はチームを結成し、12月にロサンゼルスへと移動し、1月に行われるChallenger Seriesへと出場する計画を立てていました。Madlife選手とShy選手は1月までCJとの契約が残っていますが、これまでの功績からチームからの脱退が認められていたということです。

移籍はメンバーのうち3人が"居住者"であることが条件となる世界的地域間の移籍方針というRiotの新ルールによって阻まれてしまいました。
Riotは来週、居住要件の詳細について発表する意向を示しています。

突然の計画の変更を迫られたのはMadlife選手とShy選手だけではありません。今回のWCSに2チームを送り込んだSamsungはEUに"Samusung Red"と呼ばれる新チームを送り込むことを計画していたとソースは語ったそうです。

今回のRiot Gamesの動きは明らかに国内のチームを外国のチームから保護する目的です。特に韓国と中国は層が厚く、北米とEUのトップチームを脅かす可能性のあるチームが数多く存在していることが広く知られています。北米では中国のチーム、LMQがLCSへと参加し、最終的に北米のWorld Championshipsへ出場枠を獲得しました。しかしながら、新しいルールは現在のメンバーには影響しません。

今回の決定はBlizzard社がプレミア級の世界的な Starcraft の大会である、World Championship Seriesで似たような方針を発表したわずか数日後でした。
過去数年に渡り、北米と韓国は徐々に韓国人プレイヤーによって埋められ、地元に才能あるプレイヤーが定着するのが難しくなっていました。
Blizzard社の推進する"地域の固定"ルールは例え全体的な競技のトップのスキルレベルが落ちたとしても各地域での地元の才能を優遇することの表明でした。

League of Legendsのケースにおいては、Riotの決定は海外で生まれたプレイヤーを制限することで弱いリーグを、早いうちに地域間の不均衡を是正する狙いがあると記事は伝えています。