2014年8月29日金曜日

World EliteのCaoMei選手が引退


World EliteのTop Laner、CaoMei選手がXCS(X Championship Series)を最後に引退することを発表しました。


CaoMei retires from Competitive League of Legends - onGamers

World Eliteから2012年のSeason 2 World Championship出場、同年のIPL 5優勝時のメンバーがまた1人いなくなることになります。

CaoMei選手は中国で最も人気のある選手の1人で2014年のAll Starでは世界で最も得票数が多く、その人格と進んで他のプレイヤーに助言していたことで知られています。

CaoMei選手はこの3年間は人生で最高の時間だったとファンとチームに感謝を述べ、今後についてはまだ何をするのか決めていないと語っています。

World Eliteの全盛期には彼はSolo Queue Ladderのトップに位置し、"King" と "First Blood CaoMei"の二つ名で知られており、WEは彼がfirst bloodを与えた後に勝つ、というのが常でした。

国際的にはIPL 5、vs CLG.EU戦でのRengarが有名です。



Caomei選手の引退はWorld EliteからClearLove選手とFzzf選手がEDGに移籍し、Misaya選手が引退した昨年12月に決定しており、
中国のジャーナリスト、Ryan Luwei氏はAD CarryのWeiXiao選手も近く引退を表明するだろうとツイートしています。

今年、中国のInvictus GamingのTop Lanner、Liu "PDD" Mou選手が引退しており、彼ら2人の死闘は大勢のファンを魅了しました。