2014年8月15日金曜日

TSMのオーナー、Reginald氏がLCSの承認される前に新規加入メンバーを公表したことに対して2000ドルの罰金


北米のLCS出場チーム、「Team Solomid」のオーナー、Reginald氏がLCSの承認される前に新規加入メンバーを公表したことがLCSの規約に違反していたとして2000ドルの罰金が課せられることになりました。




オーナー Andy “Reginald” Dinh
チーム: TSM
地域: North America
裁定日: 8/14/14
罪状; LCS規則違反

罪状

2013年から2014年にかかけて、LCSのチームに複数回に渡って、承認される前に新規加入メンバーを公表することをやめるよう警告していました。LCSへ参加するプレイヤーは承認される前に厳しい行動のチェックを受ける必要があり、最大の関心事はチームが発表したプレイヤーがLeagueによって拒否されることです。確定していない告知はファンを混乱させ、不適格または悪性のプレイヤーがLeagueでプレイを容認する誤った期待感を作り上げてしまいます。

7月20日、LCSにTSMからLustboy選手をメンバーに加えたいという要望がありました。
私たちはすぐに、彼らは最終的にLCSから承認を受けるまで加入を発表しないようにTSMを指示しました。7月22日にTSMは必要な書類を提出する前、最終的なLeagueの承認を得ることなく、そのスターティングのサポートプレーヤーとしてLustboyを発表しました。 TSMはこの発表を行うにあたって、LCS公式から直接あった指示を無視しました。

TSMがメンバー変更の申請書類を提出したのはアナウンス後の7月22日。LCSは同日、必要な言動チェックを完了し、TSMにLustboy選手がLCSへ参加することを認める最終的な承認を伝えました。


関連規則

LCS公式規則 10.2.14

どのチームのメンバーもLCS公式の決定、命令をさまたげてはならない。


裁定

Dinh 氏はLCS公式規則 10.2.14 に違反しており、罰則の対象とする。


罰則

Dinh氏は以下の罰金を支払うものとする:

2000 米ドル