2014年8月21日木曜日

Riot GamesがDota 2の1000万ドルの賞金を気にかけない理由


海外の情報サイト、PolygonにRiot Gamesの賞金総額についての見解が掲載されています。


Riot Games isn't worried about Valve's $10M Dota 2 prize pool, here's why | Polygon

7月に行われたDota 2の大会、The International 2014の賞金総額が最終的に1000万ドルを超えました。
一方で、Riot Gamesが先日発表したWorld Championships 2014の賞金総額は去年の205万ドルからおよそ4%増の213万ドルでした。

EUのeSportsの責任者、Yeh氏はPolygonの取材に対して、Riot GamesはDota 2の賞金に対抗するつもりはないことを明らかにしています。
同氏はRiot Gamesが賞金総額を毎年200万ドルに定めたことについて毎年法外な賞金総額を提供するのではなく、eSportsとしてのLeague of Legendsの寿命の確保するためのインフラの整備を優先していると説明しています。また、同社の取り組みの方針をリアルスポーツと同じように年単位ではなく、週単位で大規模なイベントを行うこととしています。

さらに、Riot Gamesの担当者はRiot GamesはValveのような$10の売り上げのうち、$2.5が賞金へと加算されるクラウドファイティング方式に興味がないことを明らかにしています。Yeh氏はそうした方式では賞金が昨年を下回る可能性があり、"不運に見舞われる"と指摘しています。

Polygonには賞金総額1000万ドルの大会についてValveのErik Johnson氏へのインタビュー記事が掲載されています。そちらもあわせてお読みください。
$10 million computer game championship highlights the evolution of eSports | Polygon