2014年8月19日火曜日

Riot Gamesによるプロプレイヤーたちの引退後に向けた取り組み


海外の情報サイト、PolygonでEUのeSports部門の責任者、Jason Yeh氏がLeague of Legendsのプロプレイヤーたちが適齢期を過ぎた後のRiot Gamesのキャリアの育成について語っています。


What happens when you're too old to play League of Legends professionally? | Polygon

2011年以来、Riot Gamesはプロゲーマーの育成に力を注いで来ました。
Riot Gamesが主催するプロの大会への参加資格は規約で17歳からと定められており、平均的なプロプレイヤーは20代半ばで引退します。

eSportsにおいて年齢と共に劣化する運動神経と反応速度は優れたプレイヤーとって必須要因となるため年齢は特に重要です。

Yeh氏は「キャリアはライフサイクルはそれぞれです」と話します。初期のプロプレイヤーにはライブデザイナーとなっている人が多くいますが、現在、Riot Gamesはプロゲーマーたちに定期的に講習を行い、パーソナルブランドを確立する術を教え、プロゲーマーがキャリアを長く維持することを目指す取り組みを行っています。

Yeh氏はRiot Gamesのこうした取り組みを説明するにあたって、NFLの"ルーキーシンポジウム"を例に挙げています。
NFLでは1997年にシンポジウムと呼ばれる取り組みが始まり、そこでは新人プレイヤーを支援する目的で新人プレイヤーにNFLで初年度に求められるプレイについて、自己啓発セミナー、ブートキャンプ、教訓などが開催されます。

Riot Gamesも例に倣って、プロプレイヤーたちに衆人環視での立ち回り、インタビューの受け答え、パーソナルブランドの確立、一般的なメディアトレーニングなどの講習を行っており、Yeh氏は、それらのスキルは彼らがキャリアを終えた後、プロフェッショナルゲーミングの内外のどちらにおいても役に立つとしています。

「eSportsはまだ出来たばかりで、チームにとって最善なことは視聴者と露出を増やし、更なる露出につなげることです。」とYeh氏は語っています。