2014年5月17日土曜日

The Tribunalのアップグレードが告知


コミュニティによる陪審員制度、「Tribunal」が近日アップグレードされることが告知されています。


公式告知


Upgrading the Tribunal | League of Legends

「Tribunal」はコミュニティによる陪審員制度で実際にゲーム内で発生した報告を元にユーザーたちがレビューを行い、それを元にRiot Gamesが処分を決定するという仕組みです。

リリース以降さまざまな改善が施されてきましたが、今回新たにLeaver Busterの調整などを含む大掛かりな修正について告知されています。

以下告知文面より。

Tribunalsのアップグレードの計画と共に、システムについてのビジョン、私たちが数年かけて学び、変更しようとしていることを共有しましょう。Tribunals はコミュニティにとってはLeague of Legendsの試合中に容認できる行為を決定する強力な手段です。ゲーム中のunsportsmanlikeな行動に対して効果的なものとなる新しい機能を備えたシステムにアップグレードするためには時間がかかりました。

現在よりも処罰を迅速に処理するためにシステム全体をアップグレードする間、一時的にTribunalをメンテナンス状態にします。また、League of Legendsで最高のsportsmanshipの見本となるプレイヤーをレビューし、報酬を付与する機能も追加します。

新しいシステムではチャット制限とGame banが迅速に行われ、ネガティブな言動を行ってから数時間以内に処罰されるようになります。もうひとつのシステムの改善点として、LeaverBusterがRanked Gameにおけるcompetitiveとsportsmanlikeを維持するため、その機能をRanked playを精査するものへと調整、アップグレードされます。

The Tribunalのアップグレードを通じて、追加の実験をロールアウトし、これらの実験の結果とプレイヤーへの影響力に応じて、これらの教訓をアップグレードしたTribunalへと取り入れることになるでしょう。

総括:システムの速度を改善すると同時にTribunalを通して、前向きな言動を奨励することに焦点を当てたいと考えています。そのため一時的にTribunalを停止し、アップグレード後のTribunalではチャット制限や強化されたLeaverBusterのようなシステムが用いられることになります。