2014年5月5日月曜日

元Gambit GamingのSupport、Darker選手のFacebook投稿訳


リクエストにありました、元Gambit GamingのSupport、Darker選手のGambit GamingについてのFacebook投稿の訳です。


原文
Darker - Hello facebook ! First of all - sorry that i...

Hello facebook !

はじめに、数ヶ月に渡って投稿せず申し訳ない、チーム他に所属していない間に私の意見でニュースフィードを埋め尽くすこともないと思ってました。

大学を卒業する(来週卒業だぜ!)と同時にこの4,5ヶ月の間、いくつかのチームに在籍したが、特定のチームに入ることはありませんでした。しかしながら、卒業して、もしかしたらロールをジャングルに変えて、ハイレベルな競技プレイを求めて、SoloQをまわします。ただ、それはまた別の話。


今日は有名な"russian overlord midlaner"、Alexichが私がおよそ1年ほど前に所属していたチームを去ることになった特別な日です。
そこで私はGambitでの過去の経験からAlexがGMBから抜けたことに驚きはしなかったわけについて説明します。

私がGambitに入ったのはおよそ1年前の2013 summer splitで、私は基本的にはGenjaとの問題から抜けたEdwardの代わりでした。私にはチームの内情と彼らの関係について知る術がありませんでした。私はEdwardsの態度がGenjaとDiamondに対して非常に攻撃的だったこととCurse.NAへと移籍が決まったことしか知りませんでした。

私のGambitとしての在籍期間、内情とそれぞれの実情に関して沢山知ることになりました。数週間後には空気はあまりよいものとはいえず、全員がお互い何か疲れているように感じました。Week 4あたりでしたか、結果が悪くなっていきました。練習はあまり意味をなさず、時間をかけても少しの進展しかありませんでした(少なくとも私の観点からするとまったく進展しませんでした)。これは私と他のメンバー数人にとって不満の残るものでした。Alexの不満は負けたときに特に表れました。私はLCSの試合後に叫んでいたのを覚えていますし、LCSの配信からも気づいた人もいるでしょう。私たちは戦略と準備の不足とそれをやりたがらない人(名前は出したくない)がいたという理由から多くの試合を落としました。

Genjaとプレイする上で個人的な問題は新しいメンバーであった私がコミュニケーションする方法を見つけ、私と組んで仕事をする情熱のない彼とのシナジーを得るか、botlaneをどうするべきか彼の考えを説明させることだった。

彼は私の知る限りほとんどsoloqをプレイせず、それは彼のmechanical skillに悪いほうへと影響した。

このように言うことで私も自分ももっと上手いプレイができたということから逃げるというわけではないが、私は自分の環境で出来ることをした。たとえ、彼が優れた聡明なプレイヤー(Genjaは間違いなくそうだ)であったとしても何らかの理由で自分とプレイしたいと思ってないプレイヤーとBotlaneをすることは困難だ。私の考えとしてはGenjaはSeason 1とSeason 2の輝かしいプレイでの評判から、彼が間違ったことをした時にチームには誰も(悲しいかなマネージャーすら)指摘できる人がいなかったのだろう。


Week 6-7の後、私はチームでプレイすることに喜びを感じなくなった。botのパフォーマンスと進展にも満足していなかったし、チームの空気も悪かった。私はAlexichにこのままプレイはできない、何か変える必要があると話した。その後、彼らはVoidleを試し、Genjaを据え置いた。私はGenjaについても誰か他の人を試すと信じていたけれども。彼に誰も影響力を行使できる人がいないのはわかっていたので、Genjaを据え置いたことに驚きはありませんでした。私は彼が変わらないかぎり(特に私への態度)一緒にプレイしたいと思いませんでしたし、彼も私も私とプレイしたくありませんでした。それから私はチームを去りました。

Voidleが入っても私の視点から見た限り、何も変わってませんでした。LCSの配信でbotlaneを見たとき、私がGenjaと生じていたコミュニケーション / シナジーの問題があることをに気づきました。

GambitはEU LCS play-offsを3位で終えました、私はEGとの試合で彼らがKarthusを使うと信じてましたし、"Zacを取ったチームが勝つ"という状況でもありました。AlexはGMBを離れ、Froggenたちとの"Super team"でプレイしたい思っていることは秘密ではないと考えていたので、Gambitが優勝できなければ大きなメンバー変更があると信じてましたが、結局そうはなりませんでした。

正直、WorldsでGambitがベスト8に入れたことは奇跡のようなものです。私はあのころGMBを熱烈に応援していましたが、VulcunのTeam/fanたちにはあのようなThrowを残念に思いました。あのbaron fightはこれまで見た中でも最低のチーム判断のひとつでした。もし、Gambitはあの試合負けていたら、彼らはグループリーグ突破はできませんでした。思い返したり、見てない人のためにリンクを貼っておきます。Throwは23分ごろです。

http://www.youtube.com/watch?v=CXKzfxM7veA




Gambitはベスト8に入りましたが、その時点では明らかにベストチームからは程遠いものでした。EdwardがGambitへ戻ってきたことで、次のLCS Splitに向けて他の変更はありませんでした、それは新しい空気を入れたかのようだと信じていました。
彼らはIEM Cologneで優勝しましたが、LCS splitのパフォーマンスとチームプレイはそうでもありませんでした。彼らはTop 2にも入れず、Roccat(Gambitのようなワールドクラスとしては勝たなくてはならない相手)との試合には負けました。その試合は悲しくも0-2でワンサイドで叩きのめされました。Wolves戦ではGambitは最初のゲーム落とし、ぎりぎりの戦いの後、2ゲーム勝利しました。AlexichがGamibtを降格から救ったMVPだったということは誰もが認めるところでしょう。

個人的な感想としてはAlexはシーズン中、非常によいプレイをしていました。彼のマッチアップで輝いたり、ストレート勝ちはしなかったかもしれませんが、十分でしょう。Diamondが何をしていたのかは思い出せませんが、Amazingなどは彼を多くの場合で上回っていました。Darienはfeedか非常に良い試合をするからのどちらかでした、何ともいえません。botlaneはGambitにとって非常に見劣りしていました。特にシーズンの終わりが近づくにつれ、Genja + EdwardはForgiven + Unlimited、Rekkles + Yellowにたびたび負けていました。協調性に乏しく、働きの悪いプレイヤーがいる。強いチームの証ではないと言わざる得ません。

シーズン後、多くのチームが解散したり、以前より優れたものを獲得しようとしています。同じことがFreeze/ Mithy / Nuke の3人とTopでかなりの回数プレイしているNiPとAlexにも言えます。このメンバーは優れたポテンシャルを秘めているでしょう(特に、Jungleにk0uが入ったら、Hulbertoについてはあまりよくしりませんが、k0uのほうが優れていると思います)、ただ、"superteam"と呼んで良いかはわかりません。最初にNiPはMilleniumに負け、LCS入りを果たせず、Alexはtop laneへと移り、少なくとも新しいポジションになれるまで見劣りするだろう。このチームの最大の特徴となるのはC9EUのメンバーで年齢制限からLCSに出場できなかった非常に優れたプレイヤー、k0uだ。

Gambitの状況は可能性が残されていますが、私は彼らがロシア人のmid lanerを見つけることだと思う(可能性の話で、ロシアには現在優れたmidlanerがほとんどいない)、しかし、現在の時点でAlexichのスキルレベルの人間がいるとは思えない。しかし、何が起こるかはわからない。個人のレベルで輝く新しい血を見つけることを願っています。

AlexichのいないGambitは解散するか?多分しないでしょう、彼らはLCSの座を有しており、弱くなったとしても、worldsへのチャンスがあるのだから。

Gambit / M5 の時代の終わりか?まちがいなく、そうでしょう。キープレイヤーが去るということはそういうことです。

Gambitは以前よりよくなって戻ってくるかもしれないが、彼らにはそん色ない、他人の態度を修正できる代役を見つけるに十分な幸運を必要とします。

長々とここまで読んでくれてありがとう!間違い / ミスタイプがあるかもしれないがそれは申し訳ない。(facebook は書き終わった後チェックするのが難しいからね :D)
これはすべて個人的な意見だし。それについて自由に考えてくれて構いません。