2014年5月19日月曜日

C9/CLG Link AMA


ALL-Starに参加したMid Laner、CLG/C9 Link選手のAMA(Ask Me Anythin/質疑応答)の訳です。


reddit
Hi I'm C9/CLG Link - AMA : leagueoflegends

- CLGとC9の違い

CLGのLaneは常に新しい情報が与えられ、止めどなく話します。いつも一人もしくは複数人話しています。C9 はそこまで話しません。チームのshotcallingするのは1-2人(meteos/hai)。make playはしますが、CLGに比べると少なく、CLGのコミュニケーションのほうが好きです。


- 韓国語が話せるそうだけども、SKTのプレイヤーたちやコーチのkkomaと何か面白い話をした?

他が先に上の階へと行ってしまったのでPigletと一番話しました。彼は常に誰を相手にしても勝てると信じている、よい考え方の持ち主です。ほとんどの人は生意気な態度と捉えるでしょうが、それは事実ではありません。それは彼らをWorldsでの優勝に導いた自信の表れなのです。彼は全員がこの種の考え方をする必要があり、もし、NA/EU/その他の地域が韓国が勝っていると考えているようでは、いつまでも勝てないだろうと話していました。

彼らはみな良い人ばかりで、話はとても楽しく、韓国語で話をすることで彼らの西洋についての洞察を得ることができました。


- Doubleliftが言っていた「自分のことを最高中の最高と信じなければならない」みたいだ

その通り、同時にPigletはエゴを気にしたり、チームに影響与えてはならないとも言っていました。エゴはチームがダイナミックにプレイすることに影響します。first splitのC9を例にあげてみると、Meteosはスター選手でfarmed junglerとして片手間に1v9をこなします。彼が自身のプレイスタイルを変え、チームに貢献するようにプレイすることはゲームの理解するのと同じくらい多くの調整と時間がかかるでしょう?Meteosは自己中心的ではなく、チームに必要なことを行い、チームに忠実です。(例: 彼はいつも2nd blueも取っていました。彼は今そうしません。)

Doubleliftはfirst LCS splitでshotcallを行っていました。そして彼はいつもCarryすることを必要とされていました(彼は今でもそうです)。それはチームの構成に影響します(思い出してください、doubleliftを守るというチーム構成を)そしてそれは最高の戦術ではないこともあるのです。CLGはcarry 1v9 playstyle より大きく前進したチームになったと思います。CSTのような例は間違ったプレイスタイルだと思います。


- LemonNationのノートは見た?

彼はノートを使いませんでした。彼はgoogle driveを使っていました:p


- 一番強敵だったmid lanerとその理由

Faker。Fakerは全てのCSでプレッシャーをかけてきて、命を懸けた戦いを強いてきます。ポジションを誤るたび彼はそれを咎めてきます。レーンをより困難なものにしている理由として、Bengiは先行してても/遅れをとっていても彼のバックアップとGankをやってきます。1v1のレーンであることはありません。


- 10段階で評価して、Haiの代役を務めることについての緊張はどの程度のものだった?

緊張度合は10でした。たくさんの人がこの大会を見て、評価と批判を行うのです。もし、へまをしたら大会までに1週間しか練習期間がなかったという事実から私の信頼は簡単に揺らいでしまったでしょう。しかし、私のチームメイト(Aphro)はやればできる自分を信じろと言ってくれました。このような小さなことに大きな効果があり、ベストを尽くしました。私のパフォーマンスはそこまでほめられたものではありませんが、考えていたよりかは上手くいったと思います。


- Lemon bookになんて書いてあった?

見てません。彼は私が彼らの構成等を知ろうとすることを恐れていました。


- Dignitasの新しいメンバーについて

強いラインナップのように見えますが、ほとんどのチームの抱える問題はラインナップではありません。主な問題はチーム力の有無です。C9は流動性と機能性を備えた強いチームです。TSMも同様です。昨シーズンの下位5チームの最大の問題はチームとして上手くかみ合ってなかったということです。


- All Starで行ったScrimの回数

TPAとは6-10回?SKTとは一番多く行って15回。


- 帰国のタイミング

2日以内に帰国し、即練習へと戻ります。


- Seraphの言語の壁について

私は十分に韓国語の通訳ができます。私はパーティーの後、RioterたちとSKTたちとの間を少し通訳しました。


- CLGの次節の展望

次節はCLGにとって新たな競争相手たちとの特に激しいものとなるでしょう。C9を除いてメンバーを変更や調整をしているのでみな同じ条件です。私たちのメンバーもコミュニケーションの問題があると思いますが、私が聞き取れるので問題ないと思います。


- All Starsに出場したことで、LAN 不安症は改善した?

まだたまにLAN 不安症になります。:(


- FakerはScrimであなたに数回負けたと話していました。どうやってやったのですか?

私は2-3回 Solo Killしましたが、それは彼がTowerの攻撃を受けた等、馬鹿らしい/変なミスをしたせいです。彼はおよそCSを7/10で上回るか、それ以外の試合では私を殺していました。SKTとの試合中、彼はまちがいなく私を叩きのめしていました。


- All Starでsoraka midがあまり人気なかった理由

midでは必ずカウンターピックされるのでSorakaをやりたくありませんでした。北米ではScrimでもPermabanなので自信がなかったことも理由です(Haiはfirst pickするので大いに練習しています)。私はプレッシャーをかけることができるか、make play できるピックを希望しました。SorakaはHeal/Silenceとチームの相性に大きく依存します。もし、C9とプレイするならLulu/Oriのようなもののほうが簡単です。これら2名はとてもチームとの相性とコンボがとても簡単です。


- Fakerと他の地域のMidlanerとの比較

faker = 10. na = 6-8 eu = 8 china = 7 sea = 6-7


- 北米のメンバー変更で最も利益を得たチーム

Cloud 9


- 大きなステージを前にして、みんなの応援をヘッドホン越しに聞く、それともブロックする?

本当にブースを用意するべき。


- NienとSeraph、それぞれの長所と短所

まだ、Seraphとプレイしていないのでコメントできません。3日以内にあると思いますが、彼を賞賛する声は聞いています。一緒にプレイするのが楽しみです。


- もし、Haiが出ていたとしたら?

多分、OMGに勝利して、決勝へと進み、SKT相手には負けていたでしょう。


- ゼルダの伝説シリーズで好きなのは? Midで最も重要なものは?

風のタクト、HarrassからのCS、それから集団戦


- Summer Splitの目標

3位以内には入れなければ残念です。Top3チームがほぼ互角でない限り、1位になれないとWorldsで勝てるチャンスはありません。私は1位を狙っています。


- C9でShotcallerをした感想とその経験をCLGに活かせるかどうかについて。

C9はaggressive/smart-trading objectiveに長けています。CLGはその点が改善の余地があります。Scrimでは簡単ですが、プレイが異なるLANでは難しくなります。SKT/OMGのようなチームを見れば、彼らがInvadeするためにいつも積極的なプッシュを行っていることがわかるでしょう。Samsung Ozoneのようなチームも同じです。彼らはTPをためらいません。私はAphroと共にCallをすることでうまくなるでしょう。


- TeamがSmash Brosのプレイヤーを採用する件について

以前、Smash Sceneをチェックしていたので、Coolだと思います。CRS/C9/TLのようなチームに強いSmash Playerが採用されてうれしいです。


- 好きなチャンピオン、競技シーンで使いたいチャンピオン

Ezreal/LeeSin/Nidalee. Leblanc または fed Orianna


- FakerがScrimで使った中で最も印象に残ったチャンピオン

どのチャンピオンも非常に印象的でした。それが彼の強いところでもあります。彼はmatchupにかかわらず勝つことができます。


- 今年のAll Starの結果を鑑みた結果、Worldsでの西欧の可能性について

Korea 1st. NA/Eu 2nd. China 3rd. Fnatic/Alliance/SKが死ぬほどトレーニングをすればうまくなるでしょう。Fnaticは大会ではいつも強く、Allianceは高いポテンシャルを秘めている、SKはプレイオフであまり本気でなかったように思います。


- Scrimで勝てて、公式戦でLaneで負けない程度もしくはbehindとなる理由

正直なところ、First Splitに加入した当時のCLGに文句を言いたいところです。当時、チームのmidは "レーンで死ぬな" "生き残って、CSを取って、集団戦に勝てば良い" - とても jiji のようでした。変な感じでしたし、2試合目(?)の対Curse戦のAniviaでFlash wallを失敗したとき、少し反省しました。かつてのチームはその多くが身勝手で、エゴの塊でした。私はCarryしたかったのですが、そのポジションではありませんでした。私はしばらく続け、スマートにプレイするように心がけました。次節ではmidをぼこるようにしたいです。


- mid laneの上達方法

S2ではForggen/Misayaなどのトップレベルのmid lanerの動画を繰り返し視聴していました。彼らの配信を見て、すべてのマッチアップをゆっくりと真似し、1v1の数をこなすことで同じレベルに到達しました。私はFroggen/Faker/Bjergsenの動画を見て改善をはかるとともに、チームメイトや他のプレイヤーと1v1をして自身を改善します。


- Allstar後の、C9/Haiについての印象の変化

彼はプレイ中のゲームの分析力と理解力に実に優れています。彼はmidで多くのロールをこなし、それはdragon fight/baron controlで現れます。
Meteosは序盤にすべてを指示を出し、その後、Haiが引継ぎます(私の推測ですが)。C9の最大の問題は彼自身の負担が大きすぎることです。それは彼のLaning/Playmakingに影響しています(彼のCSの少なさ等)。しかし、私は彼は北米ではすばらしい仕事をしていると思います。ただ、world-classとなると、それは難しいでしょう。


- 実際のScrimでの勝率

BO3で1-2回。BO3は4回くらいプレイしました。95%でぼこられました。5%は彼らが大きくthrowsしたものです。しかし、私たちは成長し、足元を固めました。


- 4.6で強力な3人のOP Championを使わない理由

チームで十分な練習ができていないためです。チームではより完璧な協調性が必要となるので、Lulu/Ori/Nidaleeのようなチャンピオンと同じくらい使えるようになれば使います。LB/TFについてはもう少し使ってみたったのですが、そうしませんでした。


- Dotaから移籍したことを後悔してますか?Dotaの現在イベントの情報は追いかけたり、旧友と話すことはありますか?

Luminousや他の数人のプロプレイヤーを知っているので、追いかけています。
私は主要/大きな LAN/大会を見守っています。
Kelbyもdotaのファンで、rtz/eveyが好きです。彼からも情報が得られます。


- CLGとC9で最も仲が良い選手

CLG : Aphromoo
C9: Balls


- EU SoloQの感想

EU SoloQでは誰もが怒り狂っていました。経験面ではほとんどありません。


- CLGとC9のShotcallerの違い

他のレーンよりあがってくる情報が少ない。CLGでは絶えずレーンの情報を更新し続けるため、CallerにとってShotcallするのが簡単です。


- ペットを飼うようにKelbyに頼めば?

ペットは欲しいのですが、Kelbyによれば世話できないから駄目だそうです。 :(


- 北米で最も手ごわいMid Laner

Bjergsen。彼はレーンでプレシャーをかけて、CSを落とさせることが得意です。彼はEUのmidのレーンアドバンテージを持ち合わせています(プレッシャーをかけつつ、ファームにいそしむ)。私はmidでプレイするべき方法を再評価し、再度CLGでプレイするときに組み込んでみます。


- All Star前後での意識の変化

最高のmid プレイヤーと対戦したことで何を改善すればよいか学びました。私は目標とすることと上達は自分によることを学びました。私はチームメイトに手伝ってもらうつもりです。


- CLG/C9の主な違い

C9はより積極的で、多分チームとして仕上がっている。
Ballsは北米で最もTPが上手い、Top Lanerとしても上手い。
MeteosはTopにCampし、破壊する数少ないJunglerのひとりだ。
どの試合でもTop Laneで勝利を確保して、DragonへとTPして、bottomの脆弱な連中へと行き、Snowballする。


- C9に入るのとCLGにとどまるのどちらが良い?

CLG


- 好きな食べ物

ラーメンもしくはご飯にあうもの (チポトレ(メキシコ料理)/韓国BBQ/etc.)


- LCSでプレイしてみたいチャンピオンは?

Syndra


- Monteのチームへの貢献の形は?

彼はOGNでの外部の情報をもたらしてくれて、私たちの動画を見てもらってる。分析についても手伝ってもらってる。


- Esportsで最高の瞬間は?

CLG Blackの時のNESLか何かの大会で対dignitas戦で、3つのGp10とMadredsを持って15分でbaronを取ったこと


- 引退後は?

学校


- 好きなケーキは

アイスクリーム