2014年5月15日木曜日

[4.8] Live Gameplay Patch Forecast - Patch 4.8での変更内容見通し


[4.8] Live Gameplay Patch Forecastの要訳となります。


注意 - 全文訳ではありません。細かいニュアンスなどについては原文を参照してください。


現状、私たちが取り組んでいる中長期的な変更はPatch 4.9もしくはそれ以降となるため、これは小さなPatchになるかもしれません。しかし、引き続き、最善を尽くすつもりです。

1) 4.8が小さいものだと考えている理由は短い期間のプロジェクトだからです。また、いくつかのチャンピオンの"現代化"に時間が取られました。

以下はコンセプトやアイデアの過程のものですが、少なくとも他よりも全て話すに足るものです。

2) Soraka

Solo Lane Sorakaはまちがいなくeasy lane clearとほぼ無限の harass potentialに問題を抱えています。Lulu同様、私たちはSupport/mid/topそれぞれに健全なゲームプレイを提供するが可能なプレイパターンがあるか問いかけなければなりません。私たちはStarcallのdamageを減らすことによって、SorakaのWave Clearを調整しますが、彼女がTankier buildにした場合でさえ、十分なsustained damageを与えることができるよう基本値を定めるのは困難です。そのため、強さの一部をダメージからUtilityへと移しかえるかもしれません。

3) Feral Flare

このアイテムの目的や長期的な方向性について多くの軸を備えています。Live Versionはより正確に私たちが求めていたもの - Strong scalingを兼ね備えたcarry/autoattacking championsの中盤/終盤向けのアイテム - を正確に反映したコンセプトだと考えています。私たちはFeral Flareを持つジャングラーに時々campを離れ、レーンへとプレッシャーをかけることを奨励するために、Kill/Assist mechanicsを改良することによって、power levelの調整を続けます。

4) Skarner

変更によってSkarnerの粘着性を助長し、現在のpassiveのsnowballinesを減少します。彼は4.8では変更されないでしょうが、高い優先度で作業を行なっていることを約束します。

5) Kha'zix

Kha'zixの一般的な進化のバランスを調整する方法を探るための作業を行なっています。副次的な目標は4つ全てを状況に応じて有効な進化とすることですが、一番の関心はFighter-level utility(およびAssassinのように戦闘を速やかに終わらせるFighterのような暴力)を与え過ぎることなく、counterplayのオプションを備えた面白いAssassinのまま据えおくことです。Rを進化した際のダメージ軽減は彼がstealthした際のcounterplayを備えていないことから、ここでの大きな原因となっています。

6) LeBlanc

LeBlancの分析を続けています。彼女の問題点は以前のままです: counterplayに乏しいhigh burst, high mobility assassin。しかしながら、彼女のMage pattern もしくは Assassin patternのどちらかがチームに価値のある貢献となっているのか確認できるまでは長所を潰すようなことはしません。彼女の問題点は"core identity"が彼女のunbalanced playと深く結びついているということです。

7) Nidalee

Nidaleeは長らく問題となっています。poking the enemy 重視の構成は好むところですが、特にいくばくかのcooldown reductionを得た中盤/終盤における敵に向かって槍を投げるだけの生か死かの応酬はいただけません。彼女の"hunting" ideaを強調したいのでlong range spearの問題を修正が進行中です。しかし、Nidaleeのpoke compに非常に優れているままだとしたら暫定的な調整が必要になるかもしれません。

8) AD Carries

Twitchは最近competitive sceneで大活躍しています。デザインチームの中にはstrong laningとfantastic end-game scalingから何故もっと早くそうならなかったか不思議に思う声もあります。モデリングの改善が一役買ったと思うことにしています。Pick Rateがどの程度までなるか確認したいと思っているので早急に変更を行うつもりはありませんが、彼はまちがいなく監視対象です。彼のend-game hypercarry roleは私たちの好むところであり、ゲームから取り除きたくはありません。もし変更するなら、彼の序盤の Contaminate (元のExpunge) の damage が少し強過ぎるところかもしれません。

Lucianはcompetitiveで長らく安定的なpickとなっています。彼のコンビネーションはレーンにおいて非常に信頼性のあり、効果的なダメージを出すものです(Piercing Lightは比較的カウンタープレイに乏しく、Lightslingerはsrong scaling damage passive)、同様に非常に高い水準での安全性は彼を事実上弱点のないcarryにしています。私たちは大した考えもなくpickできる万能選手から強さと弱さを定義する調整が必要であることに少し自信を持っています。

9) Jungle

Jungle Playにおける機能とジャングラーの相互作用のテストに多くの時間を費やしました。まとまった形にするためにはまだ時間が必要ですが、チームの中心かつ最優先の目標であることを記載しておきます。

10) Braum

Braumはリリースされたばかりで、彼のpower levelには注視していきます。


公式フォーラム
[4.8] Live Gameplay Patch Forecast