2014年4月20日日曜日

FnaticYellOwStaR - AMA !


EU LCS Springで優勝したFnaticのSupport、YellOwStaR選手のAMA(Ask Me Anything)訳です。


原文
FnaticYellOwStaR - AMA ! : leagueoflegends

■ 現在のメタについて


- プレイオフで行ったheal/shield/peel構成はPatch 4.5で最良の構成?

相手に先行されなければ非常に良いと思う。オブジェクティブやフリーキルを与えることでビハインドにさえならなければ、集団戦、特に長いものについては有利に働くだろう。
しかし、これはレーンでのマッチアップにかかっている。

- 3-4人でのプッシュ戦術について

lv1の80%は2v1か2v2なのかランダムです。インベードしようとする敵に出会ったら、その後のbot laneが分かるし、出会わなければ別のレーンにいます。
最初の7-8分は試合が早く進みますが、それ以降はワードを置き、安全にプレイしてファームに勤しむため、次のオブジェクトを取るまで急速にスローダウンします。

- Relic Shield スタートのThreshについて

しばらくThreshをプレイしていないけれども、RelicはRegenが高く、ThreshはAuto Attackは非常に強く、ダメージは高い。
Face of the Mountainはチームに素晴らしいシールドを付与することができます。

- Healは壊れてる?

壊れているかはわかりませんが、非常に強力です。特にExhaustとのコンボでは。

- Jannaについて

Patch 4.5では彼女はタワーへプッシュしている際に有効ではなく、Top LanerをDenyするには一番向いてない。しかし、彼女はチームメイトを守ったり、負けている際にタワーを守ることについては最良だ。

- Blitzcrankについて (Solo Queue)

レーンで負けてなければ、1 Hookで試合を変え、勝利に導けるでしょう。
負けていれば、あなたとADCは役立たずです。

- タワーレース時のWarwickのPickについて

そのことについては考えたが問題点として、ノーマルレーンで相手に序盤強力なジャングラーをピックされた場合を考えた。
こちらのジャングラーの姿が見えており、まったくプレッシャーにならない場合にはWarwickは簡単にGankされてしまい、カウンターされやすい。

- Master Yiについて

Feral FlareのおかげでBuffされたジャングラーがいる、それは間違いない。これはNocturneやXinを多く見かけるようになった理由だが、彼らはそこまでFarmが必要なわけではない。
Master Yiは姿を現してダメージを出すまでに少なくとも10分AFK Farmが必要だ、そして彼は脆く、チームに何ももたらさない。

- Support Tier / SonaやNami について

全てのサポートにはカウンターがいるので少しきわどい気もしますが

Tier 1: Leona, Karma, Morgana (レーンで非常に強い、2vs2 と 2vs1 のどちらでengage/catch する能力に優れている)
Tier 2: Sona, Nami (サステインに優れているものの、2vs2 や 2vs1 では簡単カウンターされる、プッシュは早いが、Denyはできない)

■ チームについて


- Rekklesについて

Rekklesのメカニックは非常に素晴らしい。私に一番感銘を与えたのは負けているときでさえファームで遅れをとることがないということです。

集団戦でのポジショニングは本当に素晴らしく、彼の欠点と言えばファームしすぎることで、これは彼も認めているところで、彼はパーフェクトだ!;)

- Araneaeはゲーミングハウスでしていたこと

Araneaeは主にプレイオフ中にlevel 1での戦略についてアイデア交換してくれた(古き良き時代のSK) - 敵のピックを分析し、チーム全体を応援してくれていた。
彼は勝利に大きく貢献しました。

- Puszuについて

他のプレイヤーを選択する時には大いに悩み、Puszuがクールさには驚きました。実生活でもゲームでモいい時間を過ごせました。

- 連敗中のチームのムード

最初の3敗は"OK、負け方を覚えてるだけだ、落ち着こう"。
間違いをひとつひとつ指摘したものの修正するのには時間がかかりました。
負けるのは嫌いだが、挫けはしません。いずれにせよ頑張ってチームを助けます。

- コールしているのは?

序盤のコーラーは私です、終盤は最良のアイデアを持っている人によります。
Season 2でSKでプレイしている頃からやり始めましたが、誰がどこに向かってるなど沢山指示を出すのはADCをやりながらだとマクロが大変でした。

- オールスター中、sOAZにフランス国旗とフランスパンを振りながら出てきてもらうことはできる?

それが出来たら私は神だね、彼は人前では恥ずかしがり屋だから。

■ シーンについて


- NAとEUのライバル意識について

来るべき次の試合にライバル意識を持ってます。サポーターたちを見ることはおもしろいです。

- Samsung OzoneやSKTについて

1チームに勝ったとしても、地域全体が他より優れてるということにはならない。

WCS中にSSOと対戦し、負けたものの彼らが多くの情報を掴んでおらず、私たちのピックとの相性が良いわけではないということから予想よりは楽だと分かりましたが、それも数ヶ月前の話で、最近見た限りでは別のチームになっていますし、彼らとまた戦ってみたいです。

私たちはSKTとは戦うチャンスがあります!私たちはWCSでのスクリムでは負けましたが、素晴らしいショーになることでしょう。

- EU LCSとこれまで3期優勝していることについて

EU LCSは非常に接戦だと思います。本当に勝ちたいと思っているチームが勝ち、それ以外は負けていきます。

チームは重要なことに力を入れています。そして普段はクレイジーな戦術の準備をしなくてはなりません。

EU LCSで意外だったチームを挙げるとしたらSKです。

- Gambitについて

Gambitは今期浮き沈みの激しい結果となった。彼らには自信を失ってたり、勝利への渇望を失っているように思えたが、一時的な問題で彼らはこれまでより強くなって戻ってくると思います。

- EU Challenger Teamについて

どこも強いが、C9はジャングラーのk0u選手が入替戦に参加できません :(
NiPは返り咲くと信じています。Denialはよいパフォーマンスを見せますが、わかりません...(特に序盤)

■ 自身について


- ADCからSupportへロールチェンジしたことについて

難しい選択でした。チームも賭けだと言っていました。伸るか反るか、いずれにせよ変更を行わなければなりませんでした。
彼らは私に全幅の信頼を起き、私は練習して、そして結果を出したのです。

サポート自体の経験はありませんでした、私は3年間ADCとしてプレイしていましたから、サポートに何をして欲しいかはわかっていました。しかしまだ私はチャンピオンが出来ることを覚えなければなりません。

私はLCSで負けることを酷く恐れました。チャンピオンとロールを覚える時間が必要だったからです。同時にEUの強豪たちと戦っていたため、私はスクリムと公式戦で非常に早く学習できたのです。

- Threshのスキルをミスった時はどんな気持ちでした? https://www.youtube.com/watch?v=tyAl8AmXp3U

ははは、既に負けてたので、”負けているから、メイクプレイしなくては、やってみよう”という気持ちでいっぱいでした。私はチームに背中を押されて、無残にも失敗しましたが、このような失敗から学びます。

- Fnatic以外のチームに入るとしたら

これまで3つのチームで3回、World Championshipsにでています。:D
チームメイトは多分私の回答を見たくはないでしょうから、秘密にしておきます。そのほうが安全だからね!

韓国ならSKTでしょうか、Piglet選手は非常に素晴らしいプレイヤーでManDuh選手はS3WCで私と同じチャンピオンを使っていたので!

- チームへ貢献している点について

ゲームへの知識だと思います。(コール+ゲーム理解+戦略+日々のムード)

- 好きなチャンピン

Twitch, Shaco, Anivia , Tristana !

- ADC と Support のどちらが好き?

サポートは楽しい、特にRekklesとプレイしているときは 8)
ADCとしてプレイすることがまた来ないことを祈っています。
私にはSupportがあってますし、私は未だADCは好きですがもはや上手くプレイできないでしょう。

- 犬派?猫派?

ペットは嫌いです。犬に吠えられるのは怖い。XD

- 競技シーンで長くプレイしていることのアドバンテージ

全てのことに準備していたし、どうすれば上手くいくのかもわかってた、何がどうなるのかもね。
まさしく、プレッシャーなんてなかったよ。

- 好きなサポート

特定の好きなサポートはいません。チームに最高のサポートを選択します。適応が大事!

- eloをあげるにはSoloQとDuoQ、どちらがいい?

Leonaを使ってDuoQ

- Fanaticの歴史的な不一致は何が原因?チームのメタの適応性の欠如?

2013年の1月に正式に加入して、それ以来、多くの勝利を収めてきました。他のチームが追いついてくる間にリラックスすることを覚えたのです。

Fnaticは変わったピックをすることで知られています!

- NAはどこが勝つと思う?

分からない - TSM,CLG,C9 ? 一口には言えないけど間違いなく見ます。

- プロとしてプレイすることについて家族の反応

Warcraft 3のプレイして、高校時代から週末大会に出てました。
両親からは学業優先と言われており、これが多くの大会(IEMなど、チームは補欠を入れざるを得なかった)に出場できなかった理由です。
大学を3学期で中退し、私たちのチームが活躍するようになるのを見てから両親から応援されるようになりました。

- Solo Qで使うのが楽しいサポート

Leona Morgana Karma