2014年1月9日木曜日

LemondogsのLCS EU 2014 Springへの参加資格剥奪、MYM、SHC、NiPによるプレイオフ開催


LCSの開幕を目前に控え、開幕のメンバー登録の書類の提出期限に間に合わなかったLemondogsは参加資格が剥奪され、Promoで敗退した3チームによるプレイオフが開かれることになりました。


Lemondogsは1月8日の23時59分までとなっていたメンバー登録の書類の提出期限に間に合わず、資格は剥奪されてしまいました。
空いた枠を埋めるために、Promotion Leagueで敗退した、Ninjas in Pyjamas、MeetYourMakers、SUPA HOT CREW XD の3チームによるプレイオフが行われることになりました。

また、Riot Gamesは昨日、Lemondogsの選手の売買や参加資格の売買の噂について公式見解を発表しました。
その中でRiot Gamesは最高のチームを作るためのメンバーの自由な交代、より情熱的なオーナーへの権利の譲渡などの権利と認めたいとした上で、今回の件についてはRiot Gamesの意図したものではないとの認識を示しています。
そして新たにLCSの規約にLCSへの参加が適わなかったチームが枠を買い取ることを防ぐために以下の条文が追加されることになりました。

脚注: LemondogsはLCSへの参加資格を既に所有していたために、メンバーの強化を模索していたNinjas in Pyjamasへ選手を売却。その後、Battle of the Atlantic向けにMilleniumや他のアマチュアチームからメンバーをかき集めました(結果はTSMに惨敗)。その後、BotAに参加したメンバーはジャングラー以外解雇して、残りをSUPA HOT CREW XDから採用しようとしているという噂が流れていました。




3.1: LCSやChallneger Seriesに参加したメンバーは各スプリットが終了するまでLCSチームの購入したり、支配権や所有権を得てはならない。

理由: 豊富な資金に物を言わせて枠を買収しようとするオーナーによってPromotion matchでのチームの努力と成功を無駄にしないための措置。


3.1: 所有権の変更はPlayoffやPromotionの後もしくは次のスプリットの前のみ。

理由: Split中の所有権の変更をファンを困惑させ、選手たちにとっても有益になりえない。そのため、所有権の変更はオールスター休暇とオフシーズンに制限。


3.2: チームのメンバーの変更はここ2スプリットでLCSやChallneger Seriesに参加したチームから一度に2名まで。

理由: 新しいプレイヤーの採用やメンバー変更の権利を保持しつつ、既に完成しているチームを採用して、新しいチームに挿げ替えられることを望まない(5人中3人以上が適正だと考えている)。
これによってPromotion matchで負けたチームの大半もしくは全体が採用されることを防ぎ、オーナーのチームの購入制限の条項と合わせて、チームの買戻しを防止することになります。


4.2.1: 3.2の変更に伴い、他のLCSチームと2名以上トレードしてはならない。

理由: 3.2の変更に伴った明確化


関連記事
Game 4 Broke: LemondogsとNinjas in Pyjamasに起きた出来事


公式告知
Update on Lemondogs & LCS Rule Changes | LoL Esports