2014年1月9日木曜日

Fnatic Cyanide AMA


redditにて行われていたFnaticのJungler、Cyanide選手のAMA(Ask me Anything: 質疑応答)です。


目次



■ チャンピオンやメタ関連


- Yasuo

KnockupがあるとOP、ないとダメ。
彼をマスターする人が出たら使います。彼を使う構成を確立する必要があります。


- Gangplank

現在のメタではあまり有効ではないが、Tiamatを手に入れることができたら悪くはない。手に入れるまでが辛い。


- Blue Trincket

Blue Trinketはだめ、マップ全体か何かにしないと。


- Jungleの隠れOP

GragasやKha'Zixはもっとプレイされて良いとおもうけれども、すでに隠れたではないよね。


- 競技シーンで見たいジャングラー

今のジャングルのチャンピオンプールには満足しているけれども、Fizzは見たいかもしれない。新しいAPアイテムでためしてないけれども悪くないかもしれない。lol


- プロになった頃と現在のジャングラーの違い

多くのことが変わりました、間違いなく有効なジャングラーの数は増え、Clearが楽になりました。チャンピオンとアイテムの種類も増えました。Season 4では直接Carryするのがこれまでより簡単になりました(実際チームメイトをfedさせるよりも自分自身でCarryする)。多くのプレイスタイルが可能になり、Gragas/Kha'zix/Shyvana/他 のようなfarm重視のものから、Lee Sin/Xin/他 のような味方をCarryさせるものまでさまざまなピックができます。


- 現在のTop Laneのメタについて

TankをGankするの面倒くさいし、Gankは序盤以降。


- 現在お気に入りのジャングラー

これといって特別なのはいませんが、序盤に1v1で強いチャンピオン。


■ チームと自身のパフォーマンスについて


- Fnaticのメンバーについて

RekklesはPuszuとは異なるタイプの非常に優秀なプレイヤーです。以前はLaneではほぼ対等で集団戦ではCCで勝っていました。
メタが変わり、CCのあるADCがあまり有効ではなくなったので現在のメタではRekklesが正解だったと思います。


- Fnaticの現状とチーム内の空気

まだ自分たちの形を探す必要があるけれども、よい具合に上手くなっているのでLCSのオフラインの練習した後には確信していることだろう。

Season 1ではさほど真面目ではなかった。xPekeと私はキャプテンではなかったが、xPekeは私のことをCyanide-senpaiと呼ばせようとしていることだけ言っておきます。


- 仲の良いチームメイト

全員と仲が良いけれども、この3年間、チームが好調の時も不調の時もずっとやってきたxPekeが一番親密だと思います。


- チームとしてプレイできないけれども好きなジャングラー

Kha'zixが好きだけど、Soazが言うにはアサシンには向いてないらしい。彼は多分正しい。やらせてもらえるなら確実にやります。

あとはGangplank。


- Jungle以外でプレイしたいロール

Mid!Midはとてもおもしろいけど、mid playerとしては非常に下手糞です。ADもおもしろくて、midよりは若干マシですがそれでも酷いです。


- 練習時間

日によって異なるので答えるのが難しいけれども、大抵1日にプリメイドを5時間、SoloQを5回プレイします。
しかし、気にしてないこともある。XD

コーチ/マネージャーはいるけれども分析は自分たちの手でやります。私たちは、もちろん彼も定期的にアイデアを模索します。


- ジャングラーからみたRekklesとPuszu

Pusuzu

長所
CCがあり、Gankしやすい
集団戦が上手い

短所
時折レーンで負ける
神がかった技量の持ち主ではない、たとえfedしたとしても一人ではCarryできない場合がある

Rekkles

長所
神がかった技量、fedしたら、carryする(今のADが弱いメタでは何時も出来るとは限らない)
キャンプされていたとしてもレーンで負けない

短所
CCがないのでGankが難しい
レーンで欲張り過ぎることがある


- BotAでの評価

私たちのパフォーマンスについては満足していませんが、あのゲームからはたくさんのことを学びました。それを糧にしなければなりません。原因は練習不足と新しいメタへの対応です。
C9は良いプレイをしましたが、私たちにも何時も通りやれていればチャンスは有りました。彼らは上手い形をつくり、私たちはミスを犯しました。そのため彼らは勝利したと考えています。:D
特別な練習をすることなく、問題を修正していければLCSの初週には多くの点で改善されていると思います。


- 自分自身に対する評価

非常に自己批判するので私自身自分を過小評価しているかもしれない。


■ LCSとSeason 4、EUのチームについて


- EU LCSで最も強いチームは

最も強いチームのラインナップが個々のプレイヤーが強いと推測します。そうするとまだ競技シーンで対戦したことがないので断定はできないが、多分Allianceだろう。チーム内に弱点がなく、FroggenとShookはEUのトップです。

Allianceは強そうです。EUで3位以内に入るだろう。彼らと対戦した後にまた聞いてください :)

(Fnaticの弱点はあるのか、と聞かれて)

投稿してから語弊に気づきましたが、変更しません。私たちにも弱点はありません。ただ尖ったところもなく、たまに全員がfeed modeになります :D


- Shookについて

Shookはオンラインでは非常に優秀なプレイヤーでした。ただ、オフラインでトップチーム相手にした時のスキルは見てみなければなりません。ただ、彼なら上手くやるだろう。


- Dexterについて

彼は非常に優秀です。
努力に見合うかはわからないけれども、EUのジャングラーたちはあまりにも強い!


- LCSの予測

Alliance, Gambit, Milleniumが強そう。他のチームのサプライズはあるかもしれない。
予想では4位。3位以内を目指したい。1度上手く転がりだしたら、シーズン中にかなり改善されると思う。
実際には今の段階で話すのは難しい。Split中に実力は変わるし、現在のレベルもあまりしらないので。

NAはC9とTSMが上位ということ以外は知らない。


■ 他の地域のプレイヤーやチームについて


- LMQについて

彼らのことを(まだ)よくしらない。反対するわけではないけれど、彼らが米国でプレイするのはちょっと奇妙だと思う。


- 各国のジャングラーについての印象

韓国/中国のジャングラーは非常に積極的で特に序盤ではfarmを好みません。EUではチャンピオンに応じて様々なプレイスタイルがありますが、一般的にはファームの量が若干大目です。米国で知っているのはMeteosだけで彼はファームが大好きです。


- SKT T1 K vs KTBの予想について

KaKAOとBengiは両方とも実に素晴らしい。どちらが勝つかはその日のパフォーマンス次第だからわからない。


■ その他の話題


- Digimon or Pokemon ?

もちろん、Pokemon。Digimon教徒は燃やせ!


- これまでで最も楽しかった大会

たくさんあるけど、IEM New Yorkかな、Comiconだったし、優勝したしね XD


- これまでのキャリアで最高の瞬間

Season 1 finalsもしくはSeason 2で成しえなかったSeason 3 Worlds QualifiersでのEGに対して勝利した瞬間


- フィンランド人唯一のLCSプレイヤーとしてのプレッシャー

プレッシャーはありません。フィンランド人はみんな私のファンです。なんたって唯一の選択肢だからね!Huehuehue


- Season 1 Finalsについて

非常に運がよかった。通常、グループリーグは上位2チームが出場するところ、Fnaticは3位でした。いずれにせよ私たちはやり遂げました。
少なくとも1回は勝てること分かっていたのでわりと安全だと思ってました。


- 過去のFnaticのメンバーについて

LamiaやMellisanとは時々話すけど、Shusheiとはほとんど話すことがありません。何時如何なる時でも彼らと会いたいとは思っています。

MagicfingersはSubでした。チームは彼を必要としなくなり、彼もチームに出来ることはなくなり、彼は他のことをすることを望みました。
彼は面白い人物で応援しています。

WetdreamsはSK Gamingに移籍したというより、チームが私を選んだので追い出されました。クソみたいなことがたくさんあったものの、私は彼が私の最初にチームにいれたことに感謝の念を持つと共に一定の尊敬を抱いています。


- Fnaticに入ってなかったらどのチームを応援していた?

ALTERNATEを応援してたと思います。みんな良い奴だからね。Gambitは応援できない、彼らはフィンランド人の敵だからね XD


- 味方/敵で強いプレイヤー

ひとりを選ぶのは難しいけれども、Season 2だとFroggen。覚えてて欲しいのはそれぞれに良いところ、悪いところがあります。

これまで対戦した中で最も強いジャングラーはSeason 2のDiamond。彼はあの時メタを先行していました。


- 1人で上手くなるために最良の方法

自己批判。負けたときは何時もFacebookに相手の何が良かったかをではなく私たち/私のどこが悪かったかをつづります。


- プロプレイヤーになってよかったこと

一日中ゲームをプレイできること!


- 好きなスキン

Skin Officer Vi、セクシーだから。


- 好きなアニメ

Deathnote, Swort Art Online , Code Geass.


- 乳と尻

答えられない質問です。

(フィンランド語での質問に対して)

両方?


- Fnaticのガールフレンド事情

Soaz以外全員います。私の知る限りSoazには夫がいます。

(訳注:Fnaticのメンバーは真面目に答える気がなさそうです)


- プロとして活動を始めた時の年齢

最初のオンライン大会に出たのが15歳、オフラインは16歳。

WoWではraidingしてたし、Company of Heroesではトップラダーにいましたが、あまり有名ではなかった。どのゲームでも一位になるために努力しています。

最初のプロゲーミング大会の2011 IEM cebitではチームは6人いたから残念ながらベンチだったけど凄く楽しかった!


■ xPeke関連



- xPekeとはBromance(友人として親密な関係)それとも主従関係?

Bromance :D

- xPekeはあなたを興奮させた?

狂おしいほどに


- xPekeのナニについての感想は?

でかい!


- xPekeにbackdoorされた?

Backdoorの悪いところは来るのがわからないところです。


- xPekeからプロポーズされた?

密かに婚約してます。


- (Millenium Araneae) 恋人/結婚相手/夜の相手 - Araneae, xPeke, Rekkles

(これ質問じゃないよねという意見に対して) 全くだ。


原文
Hello, I am Fnatic Cyanide. AMA! : leagueoflegends