2013年12月26日木曜日

Riot Games Legal Jibber Jabber - 法律上の長々としたたわごと


Riot Gamesのファンサイトの知的財産権についての"Legal Jibber Jabber(法律上の長々としたたわごと)"の訳です。


Riot Games の知的財産の利用する際のよくある質問とガイドライン


League of Legendsに関連した作品を作りたいと思ってる人は大勢いることでしょう。
Riot Gamesの知的財産(以下、"IP")では何をして良くて、何をしてはいけないことなのかと疑問を持っているかもしれません。
そこで、ガイドラインとよくある質問を作り、いくつかの一般的な質問に答え、一般的には(必ずしもそうでないかもしれませんが)面白い作品を作るために弊社の知的財産をすすんで利用できるように条件を整理することにしました。



一般的な考え:


まずはじめに黄金律から説明しましょう - 下記に概略が記されているIPの使用に関するガイドライン(以下、"ガイドライン")を遵守している限り、無償で配布しているもしくは広告収入のみから利益を得ているファンプロジェクト(これ以降この種の無償のファンプロジェクトを"プロジェクト"とします)はLeague of Legends の IP を使用することができます。 実際、ガイドラインを遵守しつつ、League of Legendsのファンたちのために素晴らしい無償のオリジナルコンテンツを作成したとしたらそれは素晴らしいことだと考えます。

弊社のIPに基づいてプレイヤーに支払いを求める場合にはまず私たちへ事前の書面による同意が必要となります。3rdPartyRequests@riotgames.com に同意を求める要求書を提出してください。私たちはあなたの作品を審査し、プロジェクトを許可するかどうか決定します。明確にしておきますと、基本的にこの種のプロジェクトは許可されません。

弊社のIPが不適切に使用されていると考えた場合(弊社独自の判断で決定します)を含め、いかなる理由または理由なしに、いつでも弊社のIPの使用を拒否する権利を留保します。弊社があなたに弊社のIPを使用する権利を拒否した場合には、弊社のIPを使用しているまたは使用する可能性のあるプロジェクトの一部の配布を停止する必要があります。



ガイドライン



プロジェクト内で弊社のIPを使用する際のより詳細な条件があります:

書面による事前の同意を与えた場合を除き、弊社のロゴ(Riot GamesやLeague of Legendsのロゴ)はプロジェクトやウェブサイト、広告素材、動画やその他の出版物上の任意の場所に使用してはいけません。


あなたのプロジェクトを保証しない。

プロジェクトを他の人に共有する場合には以下の告知をプロジェクトをダウンロードするWebページやアプリの分かり易い場所に記載しておく必要があります。

[プロジェクトのタイトル] は Riot Games に保証を得たものではありません。また、Riot GamesやLeague of Legendsの公式なプロデュースやマネージングに関係する全ての人物の見解や意見を反映してはいません。 Riot Games, Inc. League of Legends © Riot Games, Inc.はRiot Gamesの商標または登録商標です。


コミュニティがあなたのプロジェクトを使用可能。

弊社はファンがクールな作品をお互いに作成したり、共有したりすることを望んでいます。そして、弊社は共有の障壁を取り除くことを望んでいます。もし、ファンのプロジェクトにスポットライトを当てたり、ファンが作ったものに似ている何かを作ったときに、訴えられたくありません。なので、ロイヤリティーフリー、非独占的、取消不能、譲渡可能、二次ライセンス可能、世界的基準で、どんな目的においても、承認の取得したり、あなたに支払うということがないとした上で、使用、コピー、改変、配布、およびいかなる形でのプロジェクトの二次的著作物の作成を許可してください。それで難しい法的な言葉の羅列として十分かって?No?すばらしい!続く詳細をお読みください!


あなたのプロジェクトで他のIPを使用する。

あなたはプロジェクト内においてサードパーティーのIPを侵害してはいけません。弊社はプロジェクト内に弊社のIP以外の他のIPを使用することで、クールな曲やアートワークになることは理解しています。もし、他者の音楽、アートワーク、その他のIPを使用する場合には、あなたはプロジェクト内で使用する前に許可を取る必要が有ります。もし、プロジェクト内で第三者のIPを使用しているのを見つけた場合には、プロジェクトの配布を禁止や削除を求める場合があります。


免責

弊社の法律顧問はあなたのプロジェクトによって訴えられることも危険にさらされることを望みません。あなたのプロジェクトに関連して弊社や弊社のパートナー、関連会社が法的な請求もしくはその他のあらゆる訴訟を起こされた場合、あなたは弊社の弁護士費用を含め、この訴訟に関連する弊社の弁護士費用と経費、結果としての和解金や賠償金を支払わなければなりません。


EULA(エンドユーザ使用許諾契約)の遵守

弊社が上記したガイドラインに加え、League of Legends関連のIPの使用の際にはエンドユーザ使用許諾契約、利用許諾とプライバシーポリシー(これらを合わせて"ポリシー"とします)を遵守しなくてはなりません。このドキュメントとポリシーの間に矛盾があれば、ポリシーを優先します。ポリシーはOPです。



よくある質問


Q: League of Legendsの無償のモバイルアプリやウェブサイトを作っていいの?

A: 多くのファンがこれらを作成しています。将来的にもっと増えればいいなと思ってます。弊社はどのファンプロジェクトを奨励することもサポートすることもありませんが、あなたが思いついた新しいサービスを提供することやコンテンツなどのすべてのかっこいい作品に感銘をうけることはたびたびあります。特に、IPの使用に関するガイドラインを遵守し、他人の権利をしない限りは自由に無償のモバイルアプリやウェブサイトを作ってもらってかまいません。


Q: Riot Gamesの画像やアートを無償のアプリやウェブサイトで使用していい?

A: ゲームアートについては構いません(上記のガイドラインに従って)。しかし、上記の通り、ロゴはダメです。弊社が非商用目的での使用のためのダウンロードできるゲームアートの公式のレポジトリがないことは申し訳なく思います。それらの利便性については理解しており、弊社はそのようなストレージを提供できる方法について評価しています。


Q: サブスクリプションもしくはアプリストアを通じて、モバイルアプリやウェブサイトを販売することは可能ですか?

A: 弊社の作品を使用してお金を稼ぐ場合には注意が必要です。我々が最初に同意しない限りはできません。プロジェクトは全ての人に無償で利用可能でなければなりません。League of Legendsは無償であるべきだと思いますし、それはゲームだけではなく、LoLに関連する全体においてそうであるべきだと思います。弊社はダウンロードやコンテンツの利用に支払いが必要だったり、サブスクリプションが必要となるようなアクセスが制限されるLeague of Legends 関連コンテンツの販売を許可していません。


Q: 無償のモバイルアプリやウェブサイトに広告を載せてお金を稼いでいい?

A: 弊社もあなたが作成した素晴らしい作品に膨大な時間と労力を費やしたことについては理解してします。その一部を回収したいというのについてはもっともだと思います。ほとんどのプロジェクトは全ての人に利用可能な限り、広告収入を得ると良いでしょう。しかし、もし不適切なIPの使用を見つけた場合には弊社はそれを停止させることができます。言うことを聞いてくださいね。


Q: Riot Gamesの知的財産についての"不適切な利用"とはどのようなものですか?

A: 不適切な利用とするには多くの理由がありますが、ほとんど常識的なものです。あなたが無償サービスを提供するための誠実な努力を行っているかぎり、問題が発生することはありません。一般的に言えば、Riot Games、League of Legends、あるいはプレイヤーに悪い影響を与える可能性のある不適切なものです。EULAの"Code of Conduct(行動規範)"の項目に例を記載しています。たとえば、Riot GamesやRiot Gamesの社員を偽装してはいけません。私たちのサーバやゲームをハッキングしたり、ウイルスをアップロードしてはいけません。攻撃的なコンテンツや競合他社の販促となる広告を載せてはいけません。これらはプロジェクトで起こりうるトラブルのほんの一部ですが、ある程度理解できたことでしょう。


Q: 事前の書面による同意とは?プロジェクトについて、redditにてRiot Gamesで働いてるという人物と話しました。私はRiotの承認を得たと考えてよいのでしょうか?

A: サードパーティーの製品についての契約は3rdPartyRequests@riotgames.comまでご連絡していただくことから始まります。無理を言って申し訳ございません、ただこれはCorporate Mundoが何時も申し上げているように"srs business(真剣なビジネス)"であり、このルールに従う必要があります。同意書はRiot Gamesより認定されるもので、弊社の同意の条項を説明するRiot Games公式のドキュメントが提供されなくてはなりません。


Q: League of Legends関連グッズ(動画 / 本 / ゲーム / Tシャツ / おもちゃ / その他の単体のもの)を作りたいと思っています。これについて、Riot の見解はどうですか?

A: 動画に関して、弊社はすでにあなたの動画を活用する立場でポリシーを構えていますので、下記の動画作成者は動画作成と使用のポリシーをお読みください。他の製品については、一般的に弊社としては無償で提供する限りは問題ありません。また、League of Legendsのコンテンツを不適切な方法で使用しないでください。


Q: Riot Gamesはファンが作成した作品に公式にライセンスを許可したり、利益を分配する仕組みはありますか?

A: クールなアイデアですが、今はありません。


Q: League of Legendsのモバイルアプリやウェブサイトを作りたいと思っている開発者ですが、Riot Gamesのデータを利用しているファンサイトがあることに気づきました。これを利用するにはどうしたらよいですか?Riot Gamesはファンの開発者の利用できる公式なAPIがあるのですか?

A: 将来的にこの機能をサポートするために取り組んでます。初期の段階にあるため、現在アクセスに制限をかけています。3rdPartyRequests@riotgames.comに判断材料としてあなたのプロジェクトに関する十分な情報を添えて許可を申請してください。


Q: 私は海外のプレイヤーで自国でLeague of Legendsを発展させるためにローカルの製品を作りたいと思っています。何か特別な許可が必要ですか?

A: League of Legendsは世界的なゲームであり、ファンコンテンツの作成に関するガイドラインは世界共通です。ファンプロジェクトが新しい地域に広がり、世界規模でコミュニティが成長していくことのを見ることができて嬉しく思います。


Q: 3rdPartyRequests@riotgames.com にメールしましたが、返事をもらっていません。どういうことですか?

A: もう1度送ってください。時々スパムフィルターが過剰反応してメッセージがなくなってしまいます。全てのメッセージを1週間以内に返事することを目指しています。もし、このFAQで解決できそうな場合、返答しないかもしれません(連絡前にFAQとガイドラインをお読みください)。FAQは大事です。


まとめると以下の通りです。ここに書いてあるガイドラインを満たしていることを確認し、事前に署名による同意が必要な場合は3rdPartyRequests@riotgames.comに連絡してください。あなたが作る素敵な作品を楽しみにしています。



Riot Games の動画作成と使用についてのポリシー


コミュニティで作成されたコンテンツはRiotと同様プレイヤーを楽しませ、情報を提供し、ひらめきを与えます。弊社はRiot GamesとLeague of Legendsのコンテンツを利用したより多くの動画が作られることを期待しています。この便利なガイドでは、(ビデオ、画像、アート、音楽、サウンドやその他のコンテンツなど)弊社の知的財産を使用して、任意のビデオがown3Dのようなサイトでのストリーミング、YouTubeに投稿する前に合法的であることを確認するのに役立ちます。このポリシーはYoutubeのようなサイトから必要な許可を得ることができ、私たちにとってどの種の動画がクールであるかを明らかにするためのものです。


非営利 (このポリシーの他の場所で言及しない限り!)

全ての動画は視聴者が支払いを行うことなく、視聴制限することなく公に利用可能でなければなりません。
動画にアクセスする際に支払いや調査、動画以外のダウンロードやそれ以外のアクションを求めてはいけません。
動画を無課金のユーザーも利用可能であればプレミアムの支払いアカウントオプションのあるウェブサイトに動画を置くことができます。
ユーザーが動画への"No-Licensing"のガイドラインに従うことを条件に動画へのユーザーのアクセスを妨害しない広告や他の収入源を設置することができます。


ノーライセンシング

通常、弊社の同意無しに報酬または他の何かのために第三者に動画をライセンシング(有償での使用許諾)してはいけません。しかし重要な例外があります。
Youtubeや次のストリーミングウェブサイトとのパートナープログラム: own3D.tv、Ustream.tv、Twitch.tv、Justin.tv、Blip.tv(先立って許可を取る必要はありません)。
他の動画の許諾(フィルムフェスティバル、コンテスト、第三者のブロードキャスト)には書面での明示的な許可が必要となります。
スポンサーシップはかまいません。動画の最初、もしくはクレジット、叫ぶのもよいでしょう。シンプルなルールがあります。
  • スポンサーの告知は妥当な長さ、最小限に。
  • スポンサーであることを明快に (スポンサーに言及するもしくは"sponsored by"のロゴを使う)
  • Riot Games(もしくはLeague of Legends)のロゴを明示的な許可なしに使用しない。


    きれいに(比較的)

    人種差別、性差別、同性愛嫌悪、他不快に感じるコンテンツは絶対に使用しないでください。弊社のゲームに焦点を当て、宗教、政治、その他の論争のトピックは避けてください。


    他のクリエイターを尊重してください。

    RiotのIPの他には作成者の許可がない限り、オリジナルではないコンテンツは使用しないでください。弁護士に餌を与えないように!

    このポリシーに質問がある場合にはfansites@riotgames.comに連絡してください。


    原文
    Legal Jibber Jabber | Riot Games